小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

元旦に初日の出を拝めそうなエリアはどこ?

2023.12.31

色々あった2023年も残りあとわずか。2024年を晴れ晴れとした気持ちで迎え、次の一年を幸せに過ごすために、元日は初日の出を拝もうと考えている人も多いに違いない。

では、24年1月1日の早朝は、そもそも晴れるのだろうか?

そこでウェザーニューズはこのほど、2024年元日の天気見解を発表した。

2024年の初日の出 西日本太平洋側で期待大

2023年大晦日は低気圧通過の影響で広く雨となり、風も強まって荒天のおそれもあるが、2024年元日は低気圧が次第に東へ離れ、日本列島は西高東低の冬型の気圧配置となる。太平洋側では初日の出を見られる可能性が比較的高く、特に西日本の太平洋側では期待大だ。

東京など関東や東北太平洋側は、低気圧が早く離れれば見られるチャンスがより高くなる。北陸など日本海側は雲が広がりやすく、北海道も道北やオホーツク海側では低い雲が広がりやすいため、初日の出を見るのは難しそうだ。

沖縄や奄美地方ではバッチリ見られる予想だが、先島諸島では雲が多くなる可能性がある。初日の出を見に行く計画をしている人は、最新の見解をこまめに確認してほしい(※)。

年末年始の気温は例年に比べると高めだが、それでも大晦日の夜から元旦にかけては冷えるため、暖かい場所から見る、完全防寒で行くなど、寒さ対策が必須だ。

※本予報は26日時点のもの。最新の見解はウェザーニュースのアプリまたはウェブサイトの『初日の出 Ch.』で確認できる。

出典元:株式会社ウェザーニューズ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。