小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

後席のスペースも十分!ファミリーカーとしても期待できるヒョンデの最新EV「KONA ロングレンジモデル」

2023.12.26

 韓国、ソウルでヒョンデの最新EVに試乗した。車名は「KONA」(コナ)。ハワイの街の名から付けられたという。それだけワールドワイドに展開していくモデルでもあるということだろう。日本では馴染みのない車名だが、今回のモデルは2代目。全長4355mmのコンパクトSUVだ。

日本ではEVのみの販売

 本国では、EVのほかにハイブリッド(HEV)、ガソリンエンジン(ICE)と、スポーツモデルのNラインがあるが、日本へはEVのみの販売になるという。2代目「KONA」のボディーサイズは全長は4355mmだが全幅は1825mm、全高は1575mm、ホイールベースは2660mmなので、ミニクロスオーバーに近いサイズ。初代よりも大きくなっているそうだが、その理由は主に後席の居住性向上のためだそうだ。

 外観は5ドアのSUV。ドアウインドウはやや狭く、クーペ風の雰囲気を漂わせている。フロントマスクは、ボンネット幅に1本のホライゾンランプを配した最新のカーデザインを採り入れている。ヘッドライトは小型のLEDのタテ2灯式。充電口もフロント部にレイアウトされている。

 サイドは、タイヤハウスをオーバーフェンダー風にアレンジ。フロントドア下からリアにかけて一直線に伸びるプレスライトは、すでに日本で販売されている「IONIQ 5」と共通のアイデンティティーだ。テールランプも細いラインが全幅に配されている。

 前席のドアを開け、運転席に座る。今回は左ハンドルだが、日本向けはもちろん右ハンドル、ウィンカーも右側だ。目の前は12.3インチのデュアルパノラミックディスプレイが一枚の板状に立てられている。センターコンソールはカップホルダーが中央部を占める。シフトレバーは、ハンドルコラムに移された。

短い長方体のシフトレバーはD/N/Rとレバーの先端をプッシュしてPのポジション。DRIVE MODEはエコ/ノーマル/スポーツ/スノーの4ポジションをダイヤルで選択する。パドルレバーは回生の度合を設定する。スタートはノーマルモード。95%充電完了状態で、可能走行距離は445kmを表示している。資料によれば「KONA」には、「ロングレンジ」と「スタンダード」の2グレードあり、「ロングレンジ」は65.4kWhの電池で、218PS、255Nm。「スタンダード」は48.4kWhで156PS、255Nmと発表され、最大航続距離はロングレンジオプションで490km以上というので、試乗車の表示は妥当だろう。

 駆動は前輪。やや重めの操舵力で街中を走り抜け、高速道路に。街中での乗り心地はやや硬め。路面からのゴツゴツした動きは少ない。上下動も抑えられている。高速道路に入り、100~120km/hで巡航する。今回の試乗は高速走行が多く、その性能を実感できた。乗り心地のしなやかさも体感した。目地の乗り越えでの上下動やザラついた路面での動きがよい。タイヤはクムホ「マジェスティ9」の235/45R19を装着していたが、このサスペンションとの相性はよかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。