小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ゲーミングPCユーザーのPC入手方法TOP3、3位パーツから組み上げ、2位既製品購入、1位は?

2023.12.30

GfK Japanはゲーミングパソコンを所有するユーザーを対象に購入や使用実態に関するインターネット調査を実施。その結果の一部を公開した。

カスタム購入のBTOゲーミングPCが4割と多く、購入価格も高めの傾向

1年以内にゲーミングパソコンでSteamなどダウンロードするタイプのゲームで遊んだユーザーに対して、所有しているパソコンの入手方法を聞いたところ、「既製品の購入」が27%、「カスタムして購入(BTO)」が40%、「パーツからの組み上げ」が25%となった(図1)。

購入価格(パーツから組み上げた場合はその総額)と予算との比較では、ユーザー全体の75%が予算並みで購入しているものの、BTOのゲーミングパソコンやパーツからの組み上げは、予算より上での購入になった割合が全体より高かった(図2)。

求めるスペックを実現するためパーツをカスタマイズしている分、高額になったとみられる。特にBTOパソコンは購入価格が高く、20万円以上での購入が半数を占めた。

■半数がゲーミングマウスを所有、直近のパソコン購入者ほど周辺機器を買い揃える傾向

ゲーミングパソコンの周辺機器の所有状況では、「ゲーミングマウス」が最も所有率が高く、過半数のユーザーが持っていることがわかった(図3)。

次いで「ゲーミングモニター」「ゲーミングキーボード」も多く、半数近くのユーザーが所有している状態となっている。

また、2023年にゲーミングパソコンを購入したユーザーと2019年以前に購入したユーザーを比較すると、いずれの周辺機器においても2023年購入者のほうが10%ポイント以上所有率が高い。直近の購入者は周辺機器も含めて快適にゲームを楽しむ環境を整える傾向にあると言えるだろう。

■専門情報サイトやブランドHPに加え、YouTubeの専門チャンネルも情報源

2023年の購入者において、普段ゲーミングパソコンやパーツに関する情報を得る場所として最も多かったのは「パソコン情報サイト(50%)」、次いで「ブランド公式ホームページ(34%)」だった(図4)。

これらは2019年以前の購入者の結果と比較して大きな変動はなかったが、3番目、4番目に回答が多かった「YouTubeのテックチャンネル/ゲームチャンネル」は、2019年以前の結果から10%ポイント以上増加している。

「SNSでの口コミ」も同8%ポイント増加しており、従来の専門情報サイトやブランドHPだけではなく、YouTubeなどの動画共有サービスやSNSといった多くの情報源を活用し情報を得ている様子が推察できる。

TOP10以下の中では、特に「プロゲーマーの紹介・利用・協賛など」の回答率が大幅に上昇した(2019年以前購入者5%→2023年購入者16%)。

この1年の間に「オンラインゲーム大会を観戦した」ユーザーは2割に上っており、ゲームの大会やイベント、eスポーツの世界大会などもユーザーにとっての重要な情報源になっているようだ。

調査概要
調査対象/ゲーミングパソコンを購入、あるいはパーツからの組み上げを行ない、併せて
(1)1年以内にパソコンでゲーム(プリインストールゲーム、ブラウザゲームを除く)をしたユーザー1860名
(2)デザインや動画編集などゲーム用途以外を主目的としているユーザー245名
調査期間/2023年11月22日~11月27日
調査方法/インターネット調査
回答者属性/性、年代、居住都道府県、他
調査内容/ゲーミングPCのブランド、主要スペック、購入価格、タッチポイント、重視点、購入店舗、ゲーミング用周辺機器の所有状況、よく遊ぶゲームの種類、ゲーム時間、大会への参加状況ほか

関連情報
http://www.gfk.com/jp

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。