小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サイバーエージェントのメディア事業黒字化の立役者「WINTICKET」の業績が好調な理由

2023.12.29

サイバーエージェントのメディア事業が波に乗っています。2024年7-9月の売上高は、前年同期間比34.7%増の408億円と大幅に増加。6,000万円の営業損失と赤字だったものの、前年同期間の26億円と比較すると、赤字幅は圧縮されています。

藤田晋社長は決算説明会にてABEMA単体での黒字化は先になるものの、メディア事業単体の黒字化が見えたとコメントしています。

メディア事業の現状はこの言葉に詰まっています。黒字化の立役者となっているのが、公営競技のインターネット投票サービス「WINTICKET」です。

2023年に入っての四半期の赤字額は7億円程度まで縮小

2023年9月期のサイバーエージェント・メディア事業の売上高は前期比25.9%増の1,411億円、115億円の営業損失(前年同期間は124億円の営業損失)でした。通期で見ると、損失額はそれほど変わっていません。

前期に赤字が膨らんだ主要因は、FIFAワールドカップカタール2022大会の放映権を獲得し、全試合を無料中継したため。2022年10-12月は93億円もの営業損失を計上しています。

■メディア事業の営業損益推移

決算説明資料より

2023年に入ってからの損失額は、平均で7億円ほど。2桁億円のペースで赤字を出し続けていたメディア事業が明らかに変化しています。

売上構成を見ると、インターネットTVの根幹をなす広告や月額課金、有料コンテンツの課金であるPPVの比率は低く、「周辺事業」が大部分を占めているのがわかります。

■メディア事業売上構成

決算説明資料より

サイバーエージェントは2018年11月にWINTICKET事業を開始しました。周辺事業の大部分はWINTICKETが占めています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。