小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マクニカが眠気や注意散漫の初期兆候をAIで検出するドライバーモニタリングシステム「AIS」を発売

2023.12.30

マクニカは、Smart Eyeが開発した、車両へのアフターマーケット向けドライバーモニタリングシステム「AIS」(Applied AI System)の日本における代理店契約を締結し、販売開始することを発表した。

ドライバーの状態や行動を検知し、交通事故ゼロ社会へ貢献するSmart Eyeのモニタリングシステム

昨今、「交通事故ゼロ社会」実現に向けての取り組みが盛んになってきている。

国土交通省では、交通安全基本計画*1において、「1.世界一安全な道路交通の実現を目指し、令和7年までに24時間死者数を2,000人以下とする。2.令和7年までに重傷者数を22,000人以下にする」という目標を掲げており、「交通事故ゼロ社会」の取り組みが加速していくと考えられる。

また、交通事故が起きる原因の上位に、「脇見運転」「漫然運転」があり、高速道路での交通事故が起きる原因の第1位は「前方不注意」と言われている。

その中で、国土交通省は「ドライバーの居眠りや脇見を検知するドライバーモニタリングシステム」のガイドライン*2を策定した。

マクニカで取り扱いを開始するSmart Eyeのドライバーモニタリングシステム「AIS」は、AIベースのモニタリングソフトウェアを搭載した車内カメラで、ドライバーの視線、頭部動き、表情、疲労、注意力などの微妙な変化を分析。

それにより、眠気や注意散漫の初期兆候をリアルタイムで検出することで、迅速にドライバーに通知し、安全運転を促すことで、危険な状況を未然に防ぐことができる。

フェイスマスクやサングラスを着用している人など、あらゆる種類の顔を認識可能。ドライバーのビデオを録画または保存されないため、データのプライバシーも確保できる。既存のトラック、バス、自動車に簡単にインストールできる柔軟性の高いシステムだ。

なお、同システムに使用しているソフトウェアの出荷実績は、現在国内外で100万台を超えているとのこと。

「今回、マクニカと販売契約を締結できたことを嬉しく思います。危険な運転行為を防止するためのパートナーシップが日本で成功することを期待しています。

マクニカの最先端技術の販売、マーケティング、サポートに関する専門知識により、日本の既存のトラック、バス、自動車へのAISドライバー監視システムの導入を加速し、人命救助に貢献します」と、スマートアイのVice President兼Applied AI System事業ユニット長のMagnus Brunzellは述べている。

*1:国土交通省ホームページ 道路交通安全対策
*2:国土交通省ホームページ ドライバーモニタリングシステムの ガイドライン
※本文中に記載の社名及び製品名は、株式会社マクニカおよび各社の商標または登録商標。

関連情報
https://www.macnica.co.jp/business/semiconductor/manufacturers/smarteye/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。