小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

格安プランか?使い放題か?大手通信キャリアで利用している人が一番多い料金プランは

2023.12.28

docomoの「irumo」「eximo」、auの「auマネ活プラン」、SoftBankの「ペイトク」、楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」といった今年開始された大手キャリアの新プランは、どれくらいのスマホユーザーに認知・利用されているのだろうか?

MMD研究所はこのほど、スマートフォンを所有している20歳~69歳の男女20,000人を対象に「MNO4キャリア9サービスの契約プラン内容の実態調査」を実施し、その結果を発表した。

メイン端末でMNO4キャリア9サービスの契約プラン加入状況は、既存プランが71.0%、新プランが12.8%、わからないが16.2%

スマートフォンを所有している20歳~69歳の男女20,000人のうち、メイン利用しているスマートフォンをMNOと契約している17,958人を対象に、サービスごとに契約しているプランを聞いたところ、docomo(n=5,490)は「ギガライト」、ahamo(n=1,184)は「ahamo 20GB」、au(n=3,194)は「使い放題MAX 5G」、povo(n=472)は「povo2.0」、SoftBank(n=2,187)は「メリハリ無制限」、LINEMO(n=242)は「ミニプラン 3GB」、楽天モバイル(n=1,603)は「Rakuten最強プラン」、Y!mobile(n=1,964)は「シンプル」、UQ mobile(n=1,622)は「くりこしプラン」がそれぞれトップとなった。

今年開始した大手4キャリアの新プランは、docomo(n=5,490)の「irumo」が6.3%、「eximo」が4.6%、au(n=3,194)の「auマネ活プラン」が3.1%、SoftBank(n=2,187)の「ペイトク」が2.3%、楽天モバイル(n=1,603)は「Rakuten最強プラン」が96.6%となった。

続いて、各サービスの既存プランと、今年開始した大手4キャリアの新プランの契約率をみると、「既存プラン」は71.0%、「新プラン」は12.8%、「わからない」は16.2%となった。

大手4キャリアの新プランの認知度は?

スマートフォンを所有している20歳~69歳の男女20,000人を対象に、今年開始した大手4キャリアの新プランについて全体と各自社サービス別に聞いた。

irumoの「すでに利用している」割合は、全体(n=20,000)が2.8%、docomo(n=5,490)が7.5%となり、「すでに利用している」~「聞いたことはあるがサービス内容は知らない」を合わせた認知の割合は、全体(n=20,000)が41.3%、docomo(n=5,490)が61.0%となった。

eximoの「すでに利用している」割合は、全体(n=20,000)が2.3%、docomo(n=5,490)が5.8%となり、「すでに利用している」~「聞いたことはあるがサービス内容は知らない」を合わせた認知の割合は、全体(n=20,000)が37.3%、docomo(n=5,490)が59.3%となった。

auマネ活プランの「すでに利用している」割合は、全体(n=20,000)が1.7%、au(n=3,194)が5.5%となり、「すでに利用している」~「聞いたことはあるがサービス内容は知らない」を合わせた認知の割合は、全体(n=20,000)が44.0%、au(n=3,194)が66.2%となった。

ペイトクの「すでに利用している」割合は、全体(n=20,000)が1.3%、SoftBank(n=2,187)が4.5%となり、「すでに利用している」~「聞いたことはあるがサービス内容は知らない」を合わせた認知の割合は、全体(n=20,000)が36.2%、SoftBank(n=2,187)が56.4%となった。

Rakuten最強プランの「すでに利用している」割合は、全体(n=20,000)が10.8%、楽天モバイル(n=1,603)が96.6%となり、「すでに利用している」~「聞いたことはあるがサービス内容は知らない」を合わせた認知の割合は、全体(n=20,000)が45.9%、楽天モバイル(n=1,603)が97.9%となった。

スマートフォンの通信費への節約を意識している割合はMVNOが多く、MNOは「楽天モバイル」「povo」「UQ mobile」

スマートフォンを所有している20歳~69歳の男女20,000人を対象に、スマートフォンの通信費への節約意識を聞いたところ、「とてもある」と「少しある」を合わせた節約を意識している割合を全体でみるとMVNO(n=2,042)が84.0%と最も多く、MNOでみると楽天モバイル(n=1,603)が83.1%、povo(n=472)が82.0%、UQ mobile(n=1,622)が81.5%となった。

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合がある。

<調査概要>
「MNO4キャリア9サービスの契約プラン内容の実態調査」
調査期間:2023年12月7日~12月11日
有効回答:20,000人 ※人口構成比に合わせて回収
調査方法:インターネット調査
調査対象:スマートフォンを所有している20歳~69歳の男女
設問数 :14問

出典元:MMD研究所

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。