小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

YouTuberが逮捕されて話題になった私人逮捕、弁護士が指摘するリスクと問題点

2023.12.24

YouTuberが動画の企画として行なっていたことで、いわゆる「私人逮捕」が話題となりました。

刑事訴訟法によって一定の要件下で認められている私人逮捕ですが、実際に行う際には大きなリスクを伴うことを理解しておきましょう。

本記事では私人逮捕について、刑事訴訟法上の要件や注意点などを解説します。

1. 私人逮捕とは

「私人逮捕」とは、現行犯人を検察官・検察事務官・司法警察職員(=警察官)以外の者が逮捕することです。

現行犯逮捕以外の方式の逮捕(=通常逮捕・緊急逮捕)は、検察官・検察事務官・司法警察職員のみが行うことができます。

これに対して、現行犯逮捕は誰でもできることになっているので(後述)、検察官・検察事務官・司法警察職員以外の者による「私人逮捕」が行われることがあり得ます。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。