小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

便利なソーラー充電機能を搭載!GNSSマルチバンドに対応したGarminのハンディGPS「eTrex Solar」

2023.12.21

ガーミンジャパンは、ハンディGPS「eTrex」シリーズから、ソーラー充電機能を搭載した新モデル「eTrex Solar」を12月21日に発売する。価格は39,800円。

ソーラー充電で無制限のバッテリー寿命を実現!

「eTrex」シリーズは、道のない山岳や林間などでの、位置情報の確認に役立つ軽量・コンパクトなハンディGPS。GarminならではGPSテクノロジーにより、世界のあらゆる場所でも受信感度が高く、正確な位置情報を提供する機能性で、ハイカーや冒険家だけでなく、山岳・林業従事者、フィールドワークや学術調査などの分野でも広く活用されているロングセラーアイテムだ。

そんな「eTrex」シリーズから今回登場する新製品「eTrex Solar」は、長年支持を得てきた「eTrex 10J」の後継機。シリーズ初のソーラー充電機能を搭載している点が特徴で、晴天時75,000ルクスの環境下では、無制限のバッテリー寿命を実現。バッテリーをフル充電に保つだけでなく、バッテリー0%からでもソーラー充電が可能で、30分の充電で1時間のGPSモード分を充電することができるなど、「万が一」の状況においても短時間でリカバリーできる能力も備えている。

また、位置情報もGNSSマルチバンドに進化し、複数の衛星からの複数の周波数に同時アクセスすることで、より精密な位置情報を提供するだけでなく、岩盤の谷間や深い谷底など、これまで遮蔽物により途切れがちな場所においても安定したGPS受信が可能になった。

さらに、Bluetooth接続にも対応。データのクラウドバックアップ、アップデートなどをより簡単に行なえるだけでなく、スマートフォンとペアリングし、Garminのオリジナルアプリ「Garmin Explore」を活用することで、ルートの作成や行程の計画、現在の気温や天気予報の表示、通知機能も利用することができる。

このほか、静止状態でも正確な方位を提供する3軸電子コンパスを採用し、軌跡のデータを1ページに集約表示するトリップアドバイザー、ポイント間のナビゲーション、トラックバックにも対応。Geocaching Liveからの自動キャッシュ更新を取得する「ジオキャッシング」も搭載しており、「Garmin Explore」アプリに接続すると、更新情報は都度Geocaching.comプロフィールにアップロードされる。

主な仕様は、本体サイズが6.4×10.5×3.1cm、重量が141g。ディスプレイは2.16インチ半透過型モノクロ(TFT)で、解像度は240×320pixel。使用電池は内蔵リチウムイオン充電池で、バッテリー稼働時間はGPSモードで200時間、エクスペディションモードで約1,800時間(※75,000ルクスの条件下での使用では無制限)。防水性能はIPX7。メモリは28MB。標準付属品はUSB-Cケーブル、製品保証書。

製品情報
https://www.garmin.co.jp/products/outdoor/etrex-solar

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。