小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

乗ってわかった!走りと個性が際立つトヨタ「ヴェルファイア Z プレミア」の完成度

2023.12.16

「ヴェルファイア」はトヨタが高級ミニバン市場に向けて2002年に「アルファード」を発売し、人気車種になったことで、派生モデルとして2代目「アルファード」が発表された2008年に加わったモデル。発売当初から正統派の「アルファード」に対し、ちょいワルなプライベートユーザーに向けた高級ミニバンだった。そのため、販売台数も限られていた。

3代目「アルファード」と2代目「ヴェルファイア」が発売されて、5年目の2020年には「アルファード」が年間9万台で販売ランキング総合5位と絶好調の時でも「ヴェルファイア」は1万8000台で37位にとどまっていた。モデル末期の2022年でも「アルファード」は約6万台で10位だったが「ヴェルファイア」は50位にもランクインしていなかった。

そんな状況だったので、4代目「アルファード」の発表の時に「ヴェルファイア」は消滅するのでは?という声がささやかれていた。しかし「ヴェルファイア」は復活。一説によると中国市場向け、という話もあるが、今回、日本市場でも「ヴェルファイア」は全体の3割近くまで台数を売りたい、というのだ。3割売るということは、過去の販売実績だと2020年に37位1万8000台を販売した時でも「アルファード」の2割だったので、かなり売らなければならない。

そこで、今回の「ヴェルファイア」は「アルファード」のエムブレム違いではなく、性格を変えるためにハードも異なるものにしたのだ。もちろん、外観も黒を基調とした金属加飾でアグレッシブさを強調、サスペンションやボディーにチューニングを施し、ヘビーデューティ仕様に仕立てた。スポーティーであると同時に、中国市場の過酷な道路事情にも耐える仕様でもある。

バリエーションだが、パワーユニットは2.5Lの直4、ガソリン+交流同期モーター×2と、2.4L直4ガソリンターボ+8速AT。グレードはガソリンターボとハイブリッドは「Zプレミア」、ハイブリッドの「エグゼクティブラウンジ」。駆動方式は全モデルにFFと4WDが組み合わされている。車両本体価格は2.4LターボのFF車、653万円から、ハイブリッド・エグゼクティブラウンジ、E-Fourの892万円というラインナップだ。

サスペンションはフロントがストラット、リアはダブルウイッシュボーン。プラットフォームはTNGAの新プラットフォームを「ヴェルファイア」用に最適化している。それは、ロッカーストレート構造に床下Vブレースを追加したほか、骨格に2種類の構造用接着剤を塗布した。これによりボディーの変形を効率よく制御し、操安性の向上とシート振動の低減を実現している。さらに、ばね上制振制御では、エンジンのトルクをリアルタイムで制御することで、車体の上下運動、サスペンションではバネ上の初期の動き出しを止めている。

「ヴェルファイア」専用の足回りで注目したいのは、フロントのパフォーマンスブレース。これはラジエターサポートとサイドメンバーを結びつなぐ棒状の部品。フロントの応答性を向上させる役目を持つものだ。果たしてこのパーツが本当に、スポーティな足回りを実現しているのだろうか?

早速「ヴェルファイア Z プレミア」を走らせることにした。2.4Lガソリンターボを搭載するFFモデル(車両本体価格655万円)だ。運転席への乗り込みは、Aピラーにグリップがないので、小径、太めハンドル持ち、シートに座る。Dレンジ、ノーマルモードで走り出す。スタートからダッシュは小さい。

2.4Lエンジンは2500回転あたりから、エンジン音が大きくなる。メーターパネルのエンジン回転計は8000回転まで刻まれ、レッドゾーンは6200回転から。スタートでのダッシュは期待外れだったが、0→100km/hの加速を計測してみると、8秒台前半。2.5Lハイブリッドのエグゼクティブラウンジは、9秒台前半なので、約1秒Z プレミアのほうが速いことになる。

2.4Lターボ、279PS、430Nm、車重2180kg+8速ATのZ プレミアと、2.5Lハイブリッド、190PS、236Nm、車重2310kg、電気式無段の違いだ。8速ATのパドルで走ってみる。5000回転を目安に引っぱると、1速40、2速65、3速100、4速140まで伸びた。2500回転以上はエンジンのうなり音も大きくなる。ハンドリングは、全体に操舵力は重め、直進性も強い。

乗り心地は硬めで、路面のザラつきも伝わってくる。目地での突き上げも強い。足回りは固めすぎ?という感じすらした。タイヤはダンロップ「SPスポッツMAXX050」の225/55R19を装着していた。パドルシフトを操りながら、侵入してくるエンジン音、硬めのサスペンション、少し荒めの乗り心地は、かつてのGTカーに乗っていたホールドスポーツマンには、懐かしい乗り味かもしれない。

最新の「ヴェルファイア」は、古典的GTカーの要素を感じさせるフルサイズミニバンだ。かつてヤンチャだった、クルマ好きの大人にすすめたい。

■関連情報
https://toyota.jp/vellfire/

文/石川真禧照 撮影/萩原文博

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。