小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

5速MTでキビキビ走る!往年のラリーカーを彷彿とさせるアバルトの限定モデル「695 Tributo 131 Rally」

2023.12.17

1970~1980年代に「ボーイズレーサー」という言葉が流行った。コンパクトなボディーに強力なエンジンを搭載し、格上のスポーツカーやGTカーを走り負かす性能を持つ2BOXカーのことをこう呼んだのだ。このブームは日本だけでなく、ヨーロッパでも発生していた。日本ではコンパクトカーブームがおさまると同時に、ボーイズレーサーも次々と姿を消した。しかし、ヨーロッパでは根強くこの文化は残り、現在でもいくつかのメーカーはコンパクトなスポーツモデルを発表している。

今回のアバルトは「Tributo 131 Rally」

イタリアのフィアット傘下にあるアバルトは、こうしたチューニングコンパクトカーをつくらせたら世界でもトップクラスのメーカーだ。最近ではフィアット「500」をベースに、キビキビした走りのモデルを次々に発表し、限定車として日本市場に送りこんできている。

現行フィアット「500」といえば2007年に登場し、マイナーチェンジを受けながら、今でも生産されているコンパクトカー。アバルトは「500」をベースに2003年にデビューした。「595」と「695」のシリーズがある。高性能なのはアバルト「695」で、直4、1.4Lターボは180PS、230Nmガソリンエンジンをフロントに搭載し、5速MTが用意されている。

前置きが長くなったが、今回のアバルトは「Tributo 131 Rally」。アバルトは1970~1980年代にWRC(世界ラリー選手権)にもマシンを送りこんでいた。それがフィアット「131 Rally」。フィアットの4ドアセダンをベースにラリーチューンし、1978、1979、1980の3年間にわたりマニュファクチュアラーズチャンピオンを獲得した。そのマシンをトリビュートしている。その3年間から40周年を迎えたということで、当時の「131 Rally」のイメージをアバルト「695」に採り入れてたというのだ。

アバルトマニアにとっては、Tributoモデルも興味あるが、それよりもセンターパネルに設けられたサソリマークのスイッチの設定のほうに興味がいく。このスイッチはONで3000回転からのエンジンレスポンス、エキゾーストノートなどがスポーツモードになる。

パワーは変わらないが、トルクはノーマルが230Nm/2000rpmから250Nm/3000rpmをアップするのだ。3000回転以上のクォーンというサウンドをヒビカセながらの加速は、耳も気持ちも高ぶらせてくれる。さらに、ルーフ後端には12段に角度を調整できるアジャスタブルリアスポイラーが装着された。このスポイラーを立てると「ABARTH」の文字が後続車から見える、という演出もされている。

今回の「Tributo 131 Rally」モデルは5速MT車だけの設定。5速MTは踏力が重く、反発力の強いクラッチと、やや短めだが重めのシフトフィーリング。高さが固定されているSabelt製のRally専用スポーツシートは、やや低めのセッティング。リクライニングはダイヤル式だが、スポーツシートのサイズが大きいので、ダイヤルの調整は、ドアを開けなければ手が入らない。実用性よりスポーツ機能重視だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。