小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本発祥の新感覚スポーツが爆誕!ごみ拾い×スポーツの世界大会「スポGOMI ワールドカップ」

2023.12.24

スポGOMI ワールドカップ

 ごみ拾いの世界大会「スポGOMI ワールドカップ」が、11月22日、東京都内にて開催された。世界21か国の代表チームが集結し、ごみ拾いの世界一を競う。日本財団が企画・支援・統括し、一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブが主催・運営する。そもそも、なぜ「ごみ拾い」と「スポーツ」を組み合わせたのか。

「日課にしていた朝のランニング中、落ちているごみが気になり始め、走りながら拾い始めたのがきっかけです。スピードを落とさないよう拾うなどしているうちに、汚いと感じていたごみが“ターゲット”になり、スポーツ化を閃きました」(一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブ代表・馬見塚氏)

 そうして誕生した「スポGOMI」は2008年から活動をスタート。自治体や企業、各種団体、小中高の授業で開催されるようになる。2019年からは高校生のスポGOMI日本一を決める「スポGOMI甲子園」を開催。そして15年目を迎えた今年、世界規模で開催されるワールドカップへと発展した。分別の概念がない東南アジア、分けると料金が安くなるドイツなど、出場国のごみに対する意識は様々。だが、各国でも実施したいという声が多く集っているそうだ。

 競技としてのおもしろさだけでなく、参加することで環境に対する意識も変わるという。「スポGOMI」が日本発祥の新スポーツとして世界に認められる日を期待したい。

スポGOMI ワールドカップ

先頭と最後尾のメンバーの間隔は10m以内、移動は徒歩、ごみ箱などからの取得は禁止、交通ルール厳守など、細かなルールがある。

取材・文/小口 覺

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。