小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Googleが高度な推論性能を備えたマルチモーダルAIモデル「Gemini」を発表、BardやPixel 8 Proに導入

2023.12.13

Googleは、マルチモーダルに対応した高性能AIモデル「Gemini」を発表した。

「Ultra」「Pro」「Nano」の3つのサイズを用意!

「Gemini」は、テキスト、画像、音声、動画など様々な種類の情報に対応できるマルチモーダルAIモデル。Geminiの最初のバージョンは「Gemini 1.0」となり、非常に複雑なタスクに対応する高性能な「Gemini Ultra」、幅広いタスクに対応する「Gemini Pro」、デバイス上のタスクに最も効率的な「Gemini Nano」の3つのサイズを用意する。

このうち、「Gemini Nano」を、「Google Pixel 8 Pro」に導入。レコーダーアプリの「Summarize」にて、録音された会話やインタビュー、プレゼンテーションなどの要約が可能となるほか、キーボードアプリ「Gboard」のスマートリプライ機能にも「Gemini Nano」が展開される。なお、どちらも、日本を含むグローバルで提供を開始するが、現時点での対応言語は英語のみとなる。

また、「Gemini Pro」を、GoogleのAIチャットボット「Bard」の英語版に導入。12月6日より、170以上の国と地域にて、テキストベースのプロンプトで「Bard with Gemini Pro」が利用可能となった。

そのほかのさまざまなマルチモーダルデータへの拡張は、今後順次提供予定。また、対応言語と地域についても、拡大していく予定としている。

「Gemini Ultra」については、信頼できる外部関係者によるレッドチームを含む広範な信頼性および安全性チェックを実施するとともに、展開前のファインチューンと人間のフィードバックによる強化学習 (RLHF) によってモデルのさらなる改良を行なっており、このプロセスの一環として、来年の開発者や企業への公開前に、初期実験とフィードバックを目的とし、一部の顧客、開発者、パートナー、安全責任専門家に「Gemini Ultra」を提供。

さらに、来年には、「Gemini Ultra」で動作する「Bard Advanced」もリリースする予定だ。

関連情報
https://deepmind.google/technologies/gemini/#introduction

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。