小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

LINEヤフーが「Yahoo!検索大賞2023」を発表、大谷翔平が「大賞」と「アスリート部門」1位のダブル受賞

2023.12.14

LINEヤフーから2023年に前年と比べ検索数が急上昇した人物や作品、商品をランキング形式などで発表する「Yahoo!検索大賞2023」が発表された。本稿ではその概要をお伝えしていく。

今回は2023年1月1日(日)~2023年10月15日(日)の集計データをもとに、最も検索数が急上昇した「今年の顔」となる”大賞”のほか、「人物カテゴリー(6部門)」(「俳優」「ミュージシャン」「アスリート」「お笑い芸人」「声優」「スペシャル」)、「作品カテゴリー(5部門)」(「アニメ」「映画」「ゲーム」「ドラマ」「楽曲」)を発表。

集計の結果、プロ野球選手の大谷翔平さんが「大賞」と「アスリート部門」1位とのダブル受賞となった。

また今後の活躍が期待できる人物、ヒットが予想される商品を「ネクストブレイクカテゴリー(2部門)」(「人物」「商品」)として発表している。

「Yahoo!検索大賞2023」の主な結果

■人物カテゴリー

大賞:大谷翔平
急上昇理由:MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属。二刀流として投打で活躍し、日本人初、アジア出身の選手としても初のホームラン王を獲得。また、WBCでは日本の優勝に貢献しMVPを獲得するなど、シーズンを通して検索された。

俳優部門1位:山田裕貴
急上昇理由:主演を務めた「ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と」のほか、「どうする家康」「女神の教室〜リーガル青春白書〜」など数多くのドラマに出演。また、映画「キングダム 運命の炎」では万極を演じるなど多くの話題作に出演し、検索数が上昇した。

俳優部門2位〜5位:
ドラマ「舞いあがれ!」「風間公親-教場0-」「こっち向いてよ向井くん」などに出演した赤楚衛二さん、「真夏のシンデレラ」で主演を務めバラエティー番組でも活躍した森七菜さん、映画「東京リベンジャーズ」シリーズで主演を務めた北村匠海さんなど、ドラマや映画に数多く出演した若手俳優がランクインした。

ミュージシャン部門1位:新しい学校のリーダーズ
急上昇理由:「オトナブルー」の首振りダンスがSNSで話題になると、4月に発売したEP「一時帰国」がiTunes総合アルバムランキング1位を獲得。青春日本代表を自称し、グループ初の海外ツアーも敢行した。また多くのテレビ番組でパフォーマンスを披露、中毒性のある楽曲とキャラクターが話題となり検索数が上昇した。

ュージシャン部門2位〜5位:
「私は最強」のセルフカバーを含むアルバム「ANTENNA」を7月にリリースし4年ぶりとなる全国アリーナツアーを行ったMrs. GREEN APPLE、「ETA」がiPhoneのCMに起用されたNewJeans、8月から行った日本4大ドームツアーのチケットが発売後5分で完売となったStray Kids、自身の冠番組がゴールデンに昇格しドームツアーも大盛況だったSnow Manと、日韓の若手グループの検索数が上昇した。

アスリート部門1位:大谷翔平
急上昇理由:(大賞を参照)

アスリート部門2位〜5位:
ペッパーミルパフォーマンスが話題となったラーズ・ヌートバー選手、準決勝のメキシコ戦で起死回生の3ランを放った吉田正尚選手、決勝のアメリカ戦で8回に登板し大谷翔平投手につないだダルビッシュ有投手など、WBCで話題になった選手が名を連ねた。また、ワールドカップバレー2023に出場し日本のパリ五輪出場権の獲得に貢献した髙橋藍選手が、野球選手以外で唯一のランクインとなった。

お笑い芸人部門1位:とにかく明るい安村
急上昇理由:イギリスの人気オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」で日本人初となる決勝に進出。帰国後、「踊る!さんま御殿!!」「マツコ会議」など数多くのテレビ番組に出演し検索数が上昇した。

お笑い芸人部門2位〜5位:
2022年年末のM-1グランプリで優勝し、テレビ出演が増加したウエストランド井口さん、メンバーが「相席食堂」で結婚を公表し、話題になったぱーてぃーちゃん、テレビ番組「千鳥の鬼レンチャン」の名曲のサビを一音たりとも外すことなく歌い切れるかに挑戦する「サビだけカラオケ」で話題になった、ほいけんたさんらがランクインした。

声優部門1位:宮野真守
急上昇理由:大ヒットを記録した映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」でマリオを担当。また、アニメ「『鬼滅の刃』刀鍛冶の里編」などでも声優を担当し、検索数が上昇。声優の活動以外にもドラマ「らんまん」への出演や、テレビ番組「ぐるナイ」の「ゴチになります!」で新メンバーに決定するなどマルチに活躍した。

声優部門2位〜5位:
ドラマ「VIVANT」でドラムの声として翻訳アプリの音声を担当した林原めぐみさん、映画「ドラえもん のび太と空の理想郷」でジャイアンを演じた木村昴さん、「プリキュア」シリーズ初の男子プリキュアの声優を担当する村瀬歩さんらがランクイン。

■作品カテゴリー

アニメ部門1位:【推しの子】
急上昇理由:「週刊ヤングジャンプ」で連載中のコミックを原作としたアニメ作品。第1話の衝撃的な展開が話題に。また、YOASOBIが手がけたオープニングテーマ「アイドル」のヒットも作品の人気を後押しし、検索数が上昇した。

アニメ部門2位〜5位:
作品名とともに人気のキャラクター名も検索された「ブルーロック」、アニメ初回の4話2時間一挙放送が話題になった「葬送のフリーレン」、江戸末期や大正時代など昔の日本を舞台とした「地獄楽」「『鬼滅の刃』刀鍛冶の里編」がランクインした。

映画部門1位:君たちはどう生きるか
急上昇理由:スタジオジブリの宮﨑駿監督、10年ぶりの長編新作アニメ映画。プロモーションを一切せず公開したことや、米津玄師さんによる主題歌、菅田将暉さん、柴咲コウさん、あいみょんさん、木村拓哉さんなど豪華な声優陣が話題になった。

映画部門2位〜5位:
総動員数が980万人を突破(2023年10月時点)した「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」、顎木あくみさんによる小説を原作としたラブストーリー「わたしの幸せな結婚」、庵野秀明さん脚本・監督の「シン」シリーズ4作目となる「シン・仮面ライダー」、木村拓哉さんと綾瀬はるかさんが共演し織田信長とその正室・濃姫の激動の30年を描いた「レジェンド&バタフライ」がランクインした。

ゲーム部門1位:ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム
急上昇理由:発売後3日間で世界累計1000万本突破という記録を打ち立て、「最も早く売れた任天堂ゲーム」のギネス記録を更新。また、今作から実装された新能力「ウルトラハンド」で作成したオリジナルのクラフトがSNSに投稿されるなど自由度の高い遊び方も話題になった。

ゲーム部門2位〜5位:
「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」「ピクミン4」などNintendo Switch用のゲームソフトが上位にランクイン。また、睡眠ゲームアプリ「Pokémon Sleep」や、人気ゲーム「原神」を手がけたHoYoverseによる新作RPG「崩壊:スターレイル」も話題になった。

ドラマ部門1位:VIVANT
急上昇理由:これまでのドラマにない壮大なスケールと豪華なキャストが話題になり検索数が上昇した。また、キャスト以外の情報は事前に明かされず、謎が謎を呼ぶストーリーが展開。感想や考察がSNSで盛り上がった。

ドラマ部門2位〜5位:
新たな視点から天下人・徳川家康の生涯を描いたNHK大河ドラマ「どうする家康」、ギャラクシー賞9月度月間賞を受賞したNHK朝の連続テレビ小説「らんまん」、サスペンス学園ドラマ「最高の教師1年後、私は生徒に■された」、夫婦のセックスレスがテーマの「あなたがしてくれなくても」がランクインした。

楽曲部門1位:アイドル
急上昇理由:アニメ「【推しの子】」の主題歌として配信された音楽ユニットYOASOBIの楽曲。YouTube総再生数は3.5億回を超え(2023年10月時点)、米Billboardのグローバルチャート「Global Excl. U.S.」では、日本語楽曲初の1位を記録した。

楽曲部門2位〜5位:
チャレンジ動画をきっかけに検索数が上昇した「オトナブルー」「可愛くてごめん」や、2022年NHK紅白歌合戦でのパフォーマンスが話題になった「怪獣の花唄」がランクイン。また、「美しい鰭」は、鰭(ひれ)の読み方も検索された。

スペシャル部門(五十音順)

・岡田彰布
急上昇理由:阪神タイガースを18年ぶり6度目のリーグ優勝に導き検索数が上昇。「優勝」を指す表現「アレ」や、阪神の指揮官として通算400勝達成、38年ぶりの日本一に導いたことも話題になった。

・栗山英樹
急上昇理由:WBC侍ジャパンの監督。3大会ぶり3度目の優勝に導き検索数が上昇した。ダルビッシュ有選手に出場を打診するためアメリカまで行ったエピソードや、「すべて選手に救われた」と語った退任会見も話題に。

・藤井聡太
急上昇理由:6月に史上最年少で名人を獲得。10月には将棋界で史上初となる八冠を達成し検索数が上昇した。

■ネクストブレイクカテゴリー〜人物部門(五十音順)

#KTちゃん
急上昇理由:数々の大規模なフリースタイルラップバトル大会に出場している女子大生ラッパー。昨年、高校生RAP選手権でデビューしたのち、呂布カルマさんやDOTAMAさん、漢 a.k.a. GAMIさんなど大物ラッパーとバトル、動画サイトで拡散されるなど検索数が上昇している。

シクフォニ
急上昇理由:オーディションで選ばれた「歌い手」6人による2.5次元アーティストグループ。2022年8月に結成され、個性的で独特なオリジナル曲、カバー曲やゲーム企画などがTikTokやYouTubeで話題になり検索数が上昇している。

林祐衣
急上昇理由:ダンサーとして舞台を中心に様々な作品に出演。キレのあるダンスがSNSで話題になり検索数が上昇している。

■ネクストブレイクカテゴリー〜商品部門(五十音順)

赤ちゃんスクイーズ
急上昇理由:やわらかく、伸び縮みする素材でできた赤ちゃんの人形。表情や握った際の感触が特徴的で、TikTokなどのSNSで話題になり、検索数が上昇している。

ぬいポーチ
急上昇理由:推しのアイドルやキャラクターのぬいぐるみ「推しぬい」を入れる透明なポーチ。100円ショップや通販などで、さまざまな種類のものが販売されています。汚さずに「推しぬい」を持ち歩きたいという、推し活を楽しむ人から注目を集め、検索数が上昇している。

ビヨット
急上昇理由:シリアルやクランチボールなどのトッピングが一緒に入っている韓国のヨーグルト。「シリアルは牛乳と一緒に食べるもの」という固定観念を覆す新しい商品として人気に。近年、日本でも注目され、検索数が上昇している。

関連情報
https://yahoo.jp/zyzancP 

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。