小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ5類移行後初の冬ボーナス、大きく使いたい人は3割

2023.12.10

コロナ5類移行後、はじめて迎える冬のボーナスの時期とクリスマス。 物価上昇で生活の不安が高まる状況ではあるものの、どれくらい人々がお金を使うことについて前向きになっているのだろうか?

BIGLOBEはこのほど、昨今の物価上昇に関連し「2023年冬の生活とお金に関する意識調査」を実施し、その結果を発表した。

本調査は、全国の20代から50代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施。調査日は2023年11月16日~11月17日、調査方法はインターネット調査だ。

物価上昇で「生活に不安」7割強

全国の20代から50代の男女1,000人に「昨今の(円安や)物価上昇にともない生活に不安を感じるか」と質問したところ、7割強の人が「生活に不安を感じている」という結果に。

「今までは感じなかったが、最近(ここ数ヶ月前から)不安を感じるようになった」(12.1%)、「1年以上前から感じていて、最近(ここ数ヶ月)より不安を感じている」(19.1%)をあわせ、最近(ここ数ヶ月)不安が高まった人が31.2%にのぼっていることがわかった。

■昨今の物価上昇にともない生活に不安を感じるか

今年(2023年)、「物価上昇を上回る賃金の増加はなかった」7割強

全国の20代から50代の男女1,000人のうち、有職者の男女733人に「物価上昇が続いているが、今年(2023年)、賃金(月給、手当、ボーナスなど総合的に)は上がったか」と質問したところ、「上がった(物価上昇を上回って上がったと感じる)」と回答した人は26.3%という結果に。

一方、「上がった(上がったが、物価上昇には追い付かないと感じる)」(15.1%)、「変わらない」(47.9%)、「下がった」(10.6%)と回答した人をあわせ、「物価上昇を上回る賃金の増加はなかった」という人は7割強だった。

■今年(2023年)賃金は上がったか

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。