小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

寿命は10年前後!フリマサイトやリサイクルショップなどで売っている「中古のガスコンロ」は使って大丈夫なのか?

2023.12.10

ガスコンロは、フリマサイトやリサイクルショップなどでも購入可能。ですが、中古のガスコンロは使う時の安全面が気になりますよね。

そこで、中古のガスコンロを使う時の注意点などについて「一般社団法人日本ガス石油機器工業会」のホームページを参考にしてご説明します。

ガスコンロの寿命はどのくらい?

メーカーによって異なりますが、ガスコンロの寿命は約10年と言われています。長期間使っていると、劣化や摩擦などによって火災や怪我の原因になることも。そのため、早めに点検を受けるようにしましょう。

【参考】一般社団法人日本ガス石油機器工業会|ガスコンロ・ガス炊飯器の安全な使い方

中古のガスコンロを使うのは危険?

リサイクルショップやインターネットオークションなどで、中古のガスコンロを買うことができます。ですが、安全面はどうなのでしょうか。

「一般社団法人日本ガス石油機器工業会」では、中古のガスコンロを使用する前に、確認しておきたいポイントをいくつか説明していますので、ご紹介します。

中古のガスコンロを使う前に確認すること①メーカーなどによる点検を受ける

中古のガスコンロは、以下の原因から事故につながることも。なので、使用する前に、メーカーなどによる点検(有料)を受けるようにしましょう。

・リコール対象機器
リコール品なのかどうかは、「経済産業省|製品安全ガイド リコール情報」にて確認して下さい。
・改造されている。または、部品が取り外されている
・機器の寿命がきている
・ホコリや異物がたまっている
・ガス漏れや油汚れなどがある

中古のガスコンロを使う前に確認すること②取扱説明書で使用方法をチェックする

取扱説明書や本体表示は必ず確認します。もし、取扱説明書がなければ、メーカーのホームページなどから、確認をしましょう。

中古のガスコンロを使う前に確認すること③ガス機器がLPガスと都市ガスのどちらに合うのかチェックする

ガス機器には、LPガス用と都市ガス用があるので、購入する前にチェックしておきましょう。

ガスの種類が合わないと、不完全燃焼で一酸化中毒になったり、異常燃焼で大きくなった炎でやけど、機器が壊れてしまう可能性もあります。

中古のガスコンロを使う前に確認すること④「PSLPG・PSTGマーク」が表示されているかどうか

ガスコンロなどのガス機器には、「PSLPG・PSTGマーク」を表示することが法律で義務付けられています。このマークがついていない機器は、売買が禁止されているので注意しましょう。

ガスコンロを使っていて異常を感じたら問い合わせをしましょう

中古のガスコンロを使っていて、もし異常を感じたらまずは使用を中止して取扱説明書を読みます。正しい使い方を確認しましょう。

もし、修理や点検が必要になったら、「ガス機器・石油機器に関するお問い合わせ」から、今使っているガスコンロのメーカー先へ問い合わせるのをおすすめします。

【参考】一般社団法人日本ガス石油機器工業会|中古品の入手時の注意

※データは2023年11月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

文/山田ナナ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。