小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

7年ぶりのフルモデルチェンジ!スズキがコンパクトカー「スイフト」の最新モデルを発売

2023.12.09

スズキは、小型乗用車の新型「スイフト」について、CVT車は2023年12月13日より、5MT車は2024年1月17日に発売することを発表した。

HYBRID MZ フロンティアブルーパールメタリック ブラック2トーンルーフ

安全装備や利便性の高い装備が充実

新型「スイフト」は、「エネルギッシュ×軽やか 日常の移動を遊びに変える洗練されたスマートコンパクト」をコンセプトに、歴代のスイフトで培ってきたデザイン性や走行性能に加え、安全装備や利便性の高い装備が充実したことで、スイフトの魅力であるデザインと走りに「クルマと日常を愉しめる」という新たな価値が加わり、進化した新型小型乗用車。

HYBRID MZ フロンティアブルーパールメタリック ブラック2トーンルーフ

HYBRID MZ インパネ

そのデザインは、一目見たら印象に残るデザインを目指して開発された。エクステリアでは、クルマ全体を包み込むラウンド形状が先進的なイメージを表現し、個性や走りを想起させるスタイリングを追求。インテリアでは、インパネとドアトリムをつなげたスタイリングにより、ドライバーとクルマの一体感を表現した。車体色は、新色「フロンティアブルーパールメタリック」、「クールイエローメタリック」を含む全9色、13パターンのラインアップ。

パワートレインは、新開発のZ12E型エンジンとCVTを採用し、燃費性能と走行性能の両立を実現した。空力性能はデザイン性を維持しながらバックドアサイドスポイラーの採用や、フロントストレイク、フロントバンパー、ホイール形状などを最適化したことにより、先代のスイフトより空気抵抗を約4.6%低減し、コンパクトカークラストップレベルの空力性能を実現した。また、ボディーの高張力鋼板使用範囲の拡大や構造用接着剤の採用により、剛性を高めたことで優れた操安性や乗り心地に貢献している。さらにバッフル材追加やボディー結合部へ減衰接着材の塗布などにより静粛性を高めている。

Z12E型エンジン

マイルドハイブリッド(イメージ)

安全装備は、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合せたデュアルセンサーブレーキサポートIIを採用。また、電動パーキングブレーキの採用により停止保持機能を追加したアダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能・停止保持機能付]やブレーキホールド、車線維持支援機能、アダプティブハイビームシステムなどの組み合わせにより、日常運転の負担を軽減。さらに、ドライバーの表情を認識し、眠気や脇見をカメラ検知してドライバーに注意を促すドライバーモニタリングシステムをスズキとして初採用した。

HYBRID MZ シート

パッケージングは、コンパクトで取り回しの良いボディーサイズを踏襲している。運転席周りではオーディオやスイッチ類をドライバーの使いやすさを考えた自然な姿勢で操作ができるレイアウトに設定した。

この新型「スイフト」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」に該当する。

【目標販売台数】

30,000台(年間)

【メーカー希望小売価格】(税込)

関連情報:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。