小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アマゾンが日本でサービスを開始したAlexaのビジネス・地方自治体向けサービス「Alexa Smart Properties」とは?

2023.12.08

Amazonは、Alexaのビジネス・地方自治体向けサービス「Alexa Smart Properties(アレクサ・スマート・プロパティーズ)」を日本で提供開始したことを発表した。

高齢者施設やホテルなどでAlexaの利用が可能に!

Alexa Smart Propertiesは、パーソナルAIアシスタントのAlexaを日本で初めてビジネス向けに提供するサービス。Alexaを「高齢者施設」や「ホテル」、「マンション」などのビジネスや、「地方自治体」などの公的サービスで利用することができる。

企業や地方自治体が、Amazonと契約するソリューションプロバイダを通じてAlexaのテクノロジーをその施設に大規模に一括して導入、管理、カスタマイズすることができるようになる、費用対効果の高いサービスで、企業や地方自治体は、Amazonが提供するAlexa Smart Properties専用のAPIや予め設定されたEchoデバイスを活用し、個々のビジネスのニーズに即して、Alexaを活用したソリューションやサービスを実装することができる。

また、利用者のプライバシーに配慮して設計されており、利用者は個人向けのAlexa音声サービスで利用されるEchoデバイスと同様に、デバイス上部にあるマイクオフボタンを押すことで、音声の聞き取り用のマイクをいつでもオフにすることが可能。

さらに、利用者はAlexa Smart Properties用に設定されたEchoデバイスを使用するため、自らまたは企業や地方自治体を通じてAmazonに個人情報を提供することなく、特定のAlexa音声サービスを利用することができる。

なお、Alexa Smart Propertiesの提供開始にあたり、Amazon.comのAlexa Smart Properties担当ディレクターであるブラム・ドゥカブナイ氏は「Amazonは、世界各地の様々な企業がAlexa Smart Propertiesを通じてお客様や従業員の方々により良いサービスが提供できるように支援してきました。日本においても、Alexa Smart Propertiesを通じて、高齢者の方々の暮らしがより快適になり地域社会とつながることができるようサポートしたり、ホテルのゲストがシームレスにサービスや情報によりアクセスするためのお手伝いをしたりすることが可能になります。Alexa Smart Propertiesを日本のビジネスや地方自治体に提供できることを嬉しく思います」と述べている。

Alexa Smart Propertiesサービス導入施設・自治体

・高齢者施設:ニチイケアパレス 「ニチイホーム南大井」

ニチイホーム南大井は、ニチイケアパレスが運営する介護付有料老人ホーム。同施設は、NTTデータをソリューションプロバイダに迎え、Alexa Smart Propertiesを導入した。

ニチイホーム南大井の居住者は、Alexa Smart Propertiesの導入により、Alexa搭載デバイスのEcho Show 8を通じて、遠く離れた家族とのビデオ通話や、体操動画などのコンテンツを通じた趣味や娯楽を楽しむことができる。

また、Alexaに話しかけて音声でスマートホーム家電を操作することができ、より快適な暮らしを送ることが可能になる。

施設スタッフは、居住者に1日のスケジュールやレクリエーションの連絡ができるほか、居住者の生活状況を記録してLINEで家族に知らせることができ、業務を軽減し効率化を促進することが可能となる。

・ホテル・リゾート:東急ホテルズ&リゾーツ「SAPPORO STREAM HOTEL」

SAPPORO STREAM HOTELは、東急ホテルズ&リゾーツが手掛ける新たなホテル。同社は、TradFitをソリューションプロバイダに迎え、SAPPORO STREAM HOTELのプレミアムカテゴリの客室にAlexa Smart Propertiesを採用する。

2024年1月16日にグランドオープンする同ホテルでは、客室のEcho Show 8をマルチリンガルモードで使用でき、外国から来たゲストは英語でAlexaに話しかけて必要な情報を得ることができる。

また、ゲストは、画面上で館内情報等を簡単に確認することができ、スタッフやコンシェルジュによる地域のお薦め情報なども、Alexaに話しかけるだけで楽しむことが可能だ。

ホテルの管理者やスタッフは、Alexa Smart Propertiesの導入を通じて、Alexaが宿泊客の一般的な質問に回答したり、外国語で情報を提供したりすることで、人手不足により限られた時間や人材を、より質の高いサービスの提供へ集約することができる。

さらに、Echo Show 8のディスプレイにレストランやスパなど施設のおすすめ情報を表示することで、ゲストの施設利用率を向上させ、顧客エンゲージメントの向上を図ることが可能になる。

・マンション:インヴァランス「CREVISTA 品川西大井Ⅲ」

大東建託グループにて投資用マンション事業を手掛けるインヴァランスは、同社の管理賃貸マンションである「CREVISTA 品川西大井Ⅲ(クレヴィスタ シナガワニシオオイⅢ)」に、Alexa Smart Propertiesを採用。

同マンションにはEcho Show 15が各部屋に設置されており、居住者は入居と同時に、スマートホームを始めとするAlexaの様々な機能を利用でき、賃貸管理会社と手軽にコミュニケーションをとることもできる。

また、賃貸管理会社は、Alexa Smart Propertiesを導入することで、契約や施設などに関する情報を各居住者に随時知らせることができ、マンションに暮らす居住者とのエンゲージメントを向上させることができる。

さらに、将来は、内見などの際もAlexaを通して施設やスマートホームなどの紹介ができるようになり、賃貸管理スタッフの業務を軽減し効率化を促進できるようになる予定だという。なお、CREVISTA 品川西大井ⅢへのAlexa Smart Propertiesの導入は、アクセルラボが実装した。

・マンション(実験集合住宅):大阪ガス「NEXT21」

大阪ガスは、同社が管理し、主にその社員と家族が居住する実験集合住宅「NEXT21」の一部住戸において、Alexa Smart Propertiesを採用。

居住者は各居室に設置されたEcho Show 8を通じてAlexaの様々な機能を利用できるだけでなく、Echo Show 8に実装されたAlexaスキルの「エネルギーダッシュボード」を利用して、電力の使用状況などの情報を得ることができる。

また、真夏や真冬などに電力需給がひっ迫した際には、エネルギーダッシュボードを通じて同社から居住者に通知を送り、節電を促すこともできる。

なお、エネルギーダッシュボードは、ソリューションプロバイダとして本施設にAlexa Smart Propertiesを導入したmui Labが、同社が管理するmuiプラットフォームで得られた知見を活用して本施設向けに提供する。

・地方自治体:熊本市

熊本市は、より便利で暮らしやすい街づくりを目的として、企業と地域の共創によるAlexa Smart Propertiesの高齢者世帯宅や地域包括支援センターへの導入し、その有効性の検証に協力する。

同市の協力を通じて、高齢者宅や地域包括支援センター「ささえりあ」、民生委員の自宅にEcho Show 8を設置し、Alexaによる対面でのビデオ通話や地域路線バスの運行情報の提供、イベントやレクリエーションなどのお知らせの配信などの各種機能が、高齢者のQOL向上に有効であるかを検証する。

この取り組みにより、地域包括支援センターや民生委員は、悪天候時や人手不足などにより困難であった高齢者宅への訪問を、Alexaを通してビデオ通話で行なうことができるようになり、業務の負担を軽減することが可能になる。

なお、熊本市は本検証結果に基づき、将来的には子育て世帯など、多くの住民の皆様の暮らしを支える技術の可能性を検討していく予定だ。

関連情報
https://developer.amazon.com/ja-JP/alexa/alexa-smart-properties

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。