小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

じっくり相手と向き合う大人の恋とは?ファン待望の「トラとミケ~うれしい日々~」最幸傑作が発売

2023.12.10

誰かを思って胸がときめく感覚は、誰にでも不意に訪れる。あたたかな気持ちになったり、切なくなったり、複雑に心が揺れる恋する感覚を蘇らせてくれる大傑作漫画が登場。「トラとミケ」の最新刊である。

「トラミケ史上、もっとも幸せな1冊」という評判の通り、ふたつのカップルの誕生をていねいに描いたのが最新刊、「トラとミケ5~うれしい日々~」(ねこまき・ミューズワーク著、小学館刊、定価1350円+税)だ。前4巻では、トラの旧友の死という、辛い出来事に胸が締め付けられたが、今回は胸が躍る、読者を幸せな気分にさせてくれる、素敵なふたつの恋の物語となっている。

人と人が出会い、恋に落ちる。そんな素敵な瞬間が、きっと誰にも平等にやってくる。そんな幸せで、うれしい気持ちにさせてくれる。

じっくり相手と向き合う大人の恋

トラとミケの同級生で写真館を営むシンちゃんは、妻のチヨさんを喪って10数年、シングルを満喫している、居酒屋「トラとミケ」の常連さんのひとり。夏の海水浴場の民宿近くを散歩中、偶然、同級生の石川さんと出会う。なつかしい同級生といっしょに旅行中だったのが、冬乃さんだった。亡き妻チヨさんに似た冬乃さんに、シンちゃんは、心を奪われる。

シンちゃんが熱い想いを抱く一方で、夫を亡くした冬乃さんは、苦しい喪失感から逃れられない。子どものいない夫婦だったせいか、強い絆で結ばれていた冬乃さん夫妻。二人で過ごした楽しい時間を思い出しては、涙を流す。

同じように伴侶を失くしたシンちゃんは、冬乃さんの気持ちが切ないほど理解できる。だからこそ、自分の気持ちを無理に押し付けたりしない。相手の負担にならないような日帰り旅行に誘うし、ゆっくり相手の気持ちに寄り添ってくれる。大人の恋は若い頃と同じようにグイグイ迫る、激しいやり方では成就しない。時間をかけてじっくり相手と向き合うのである。

悩むシンちゃんに、トラさんはアドバイスをする。「自分の心に正直にね、一度きりの人生なんだから」短い言葉だけれど、なんと心にしみる言葉だろう。トラさんは前4巻で、大好きだった同級生を失くしている。長く読み続けているファンは、トラさんの短い言葉に含まれた深い意味を感じて、さらにトラミケ沼にはまってしまうはず。

冬乃さんは、シンちゃんの優しさに触れて、人生に前向きになっていく。そして、「森下さん(シンちゃんの姓)、私ね、最近気づいたことがあるんです。今までは亡くした夫の話をする度に感じた、胸の痛みが少しずつ和らいでいるって・・・。決して忘れたわけじゃないんですよ。だけど・・・前に踏み出したんだって、思う」と言ってくれた。

シンちゃんの人生をかけた(?)プロポーズシーンがどんな具合で、二人の結婚生活の行方がどうなったかついては、ぜひ最新刊で確かめてみて欲しい。

さらに最新刊では、もうひとつの恋物語も登場する。ネイルサロンを経営するルミちゃんの恋だ。男運が無いのを嘆いていた彼女に、新しい恋が舞い降りる。1巻からのファンは「あの男性と結ばれるのでは?」と予想していた人も多いはず。どんなお相手と恋をするのかは、読んでのお楽しみに。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。