小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

デサントが発売した〝10万円超え〟のゴルフウェアはどれくらいスゴいのか?

2023.12.15

10万円のゴルフウェアはどんなスゴイ服なのか?

「PRO GOLF」カテゴリでリリースされたのは、ダウンジャケットとダウンパンツ、ニットの3型。ゴルフウェア以外も同様ですが、身体の自然な動きに合わせて、3D計測で部位ごとに伸び方や機能を変えて設計されています。まずはメインアイテムのダウンジャケットから見ていきましょう。

SCHEMATECH SKY GOLF DOWN JACKET 17万6000円(税込)

「ゴルフスイングの際に、肩や肩甲骨周りのストレッチ性が必要になります。そのためSchematech(R)技術を使い、この部分は生地が一番伸びるよう斜めに織り、さらにその幅を細かく変えることで伸び方を場所によって最適に調整しています」(片山さん)

「スイング時に、もたつきが気になる袖にはダウンを入れず、柔らかでストレッチ性のある起毛タイプのボンディング素材を使用することで、保温性を高め、スイングのしやすい設計としました。」(片山さん)

写真に見えるラインは飾りではなく、「ストリームライン」と呼ばれる技術。プレー中に雨が降ってきたときに、雨の雫をこのラインに沿って誘導し、手の甲に落ちてこないよう外に逃してくれます。この技術は「デサントオルテライン」のウェアにも多く採用されています。

身ごろのダウン部分は、隔壁部分にダンボールニット構造の立体的なテープで接着しているため、ダウンルーム間に空気の流れが発生。空気がこもらないことで、換気や保温性を促すことができます。

またテープ部分に見える白い穴はレーザーホール。ダウン内の空気をすばやく逃がし、身体の動きに追随しやすい設計となっています。

ここまでざっくりした説明でもどれだけ技術が投入されているんだ!という感じですが、まだあります。

脇の部分は、一般的なウェアは直線で縫製されていますが、ゴルフでは腕の動きが重要。脇部分を丸く曲線で縫製することで、脇を閉じたり広げたりする動きを妨げないようになっています。

そして背中と両胸、両脇にはファスナーを開けるとメッシュ生地が網戸のような役割を果たす、ベンチレーション構造を採用。これもプレー中の衣服内への風通しを調節し、蒸れを軽減する役割を果たしています。

見た目はスッキリしているのに、ありとあらゆる点に配慮した、デサントの技術が言葉通り詰め込まれたダウンジャケット。10万円超えも納得のこだわりが凝縮していました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。