小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

国内でも急増中の「オールインクルーシブ」の宿に泊まるメリットと賢い使い方

2023.12.06

旅行の予定を立て、ホテルなどの宿泊施設を選んでいると「オールインクルーシブ」という言葉を目にする。オールインクルーシブを取り入れるホテルは、増加傾向にある。

なぜ、今オールインクルーシブの宿泊施設が増えているのか、高級ホテル・旅館の予約サイト「一休.com」のセールスリーダーに、オールインクルーシブの魅力と日本国内にあるおすすめのホテルを聞いた。

「オールインクルーシブ」とは

オールインクルーシブとは、一般的には、旅行代金にホテル施設内の食事やドリンク、プールなどのリラクゼーション施設やアクティビティなどの料金が含まれているサービスを提供する宿泊施設のことだ。「一休.com」のサイト内には、オールインクルーシブの宿を特集したページもあることから、人気が高まっているのがうかがえる。

サービスの提供内容は、宿泊施設によって異なるが、滞在期間中に金額を見て思案するシーンがほぼないというのは、リラックスしたい旅行にはうれしい仕様といえるだろう。

かなり前から海外旅行では見かけるサービスだったが、ここにきて国内でもオールインクルーシブを採用する宿泊施設が増えているのはなぜなのか聞いてみた。

「新型コロナウイルスの蔓延を契機に施設内で旅を完結させるニーズが急速に高まり、感染リスクが最小限なおこもり需要が加熱しました。

各種サービスを利用する都度、またはチェックアウト時の細かな精算が要らないオールインクルーシブは、旅行者だけでなく宿泊施設側にとってもメリットが大きく、行動制限が解除された今もなお増えています。」(一休.com 宿泊事業本部営業部旅館・リゾートホテルチーム チームリーダー西村達雄さん)

追加料金を気にせず過ごせる旅行者のみならず、サービスを提供する側にとってもメリットがあるわけだ。宿泊施設で、お酒やリラクゼーション施設などを何度も味わえるほか、予定外のアクティビティに参加したくなった場合も、気軽に追加することができる。

滞在中の過ごし方を、その日の気分で決めたり、変更したりできるのは、自由にバカンスを謳歌できそうだ。非現実を楽しみたくて出かけたときに、追加料金という現実を突き付けられることがないのが魅力だ。

国内のおすすめオールインクルーシブの宿3選

オールインクルーシブの魅力がわかったところで、国内で出かけたくなる宿を3つピックアップして紹介する。

■駿河湾や富士山が一望できる「焼津グランドホテル」


駿河湾から富士山までの開放感ある絶景を楽しめる「焼津グランドホテル」は、多様なアクティビティが揃い、カップルからファミリーまで人気のホテルだ。絶景を見ながら、ビールやカクテルなど、お気に入りのドリンクで至福のひとときが過ごせる。


客室は、和モダンツイン洋室テラス付きのほか、オーシャンビューの和洋室などから選ぶことができる。

食事以外にも、宿泊者専用ラウンジで定番アルコールやノンアルコールドリンクが飲め、焼津黒潮温泉の露天風呂やサウナもある。スポーツエリアもあり、パターゴルフやテニス、バスケット3×3という定番スポーツのほか、モルックというボーリングに似たスポーツやショートテニスなど、小さな子どもと一緒にできるスポーツが8種類もある。

また、インドア派には、ボードゲームのエリアや、卓球やテーブルサッカーができるエリアもあり、ホテル内でカラダを動かし、リフレッシュできる。週末には、お抹茶体験もあり、お作法のレクチャーも受けられる。

【焼津グランドホテル】
https://www.ikyu.com/00001730/
住所:静岡県焼津市浜当目1489
TEL:054-627-1121
料金:44,000円~(税込み・1泊2名料金)

■世界遺産で地元の食材に舌鼓を打つ「世界遺産リゾート熊野倶楽部」

太平洋に面した七里御浜から少し山間に入った場所に佇む「世界遺産リゾート熊野倶楽部」は、吉野の山々と空の表情の変化を感じながら滞在できる。山にかかっていた霧が天へと昇る光景は神秘的で、心身が浄化されるような感覚になれる地域だ。

離れ 露天風呂付ロイヤルスイートなど、全室がスイートだ。熊野杉の温かみにこだわったしつらえで、露天風呂やキッチンを備えた部屋や、離れなど個性的な空間から好みの部屋を選ぶことができる。


熊野の地元食材を使用した料理とお酒のペアリングなど、食事がおすすめ。伊勢海老や鯛などの海の幸、美熊野牛、熊野地鶏や伊賀米といった山の幸など、熊野には多彩な食の恵みがある。大自然の滋味が染み渡る熊野ならではの料理が楽しめる。

旬の食材との一期一会をと、ペアリングもアルコールのほか、ノンアルコールでも提案してくれ、一部有料メニュー以外はほぼすべて無料でいただける。

夜には、郷土料理の夜食とともに、地酒を味わえるラウンジもあり、世界遺産の熊野の夜をゆったり過ごすことができる。

【世界遺産リゾート 熊野倶楽部】

https://www.ikyu.com/00001891/
住所:三重県熊野市久生屋町1430
TEL:0597-88-2045
料金:50,800円~(税込み・1泊2名料金)

■高原リゾートでアクティビティを満喫する「THE KEY HIGHLAND NASU」


豊かな高原を満喫・自然との一体感・オールインクルーシブの3つの鍵をコンセプトにしたリゾートホテルが「THE KEY HIGHLAND NASU」だ。

客室から、緑豊かな自然が目に飛び込み、リフレッシュできそう。プライベート露天風呂やロフト付など6タイプの客室がある。

天候に恵まれれば、高原をサイクリングで散策に出かけるのもおすすめ。また、屋内の広々としたプールで、家族で過ごすことも可能だ。

食事は、地元那須高原の新鮮な食材を中心に、こだわりの高原料理をビュッフェスタイルで。2023年3月にオープンした「森のスパ」では、インフィニティ露天風呂で癒しタイムを満喫することもできる。

思い切り体を動かした後は、暖炉を囲み、お気に入りのドリンクを飲みながら家族や友人と団らんタイム。そんなときには、マシュマロ焼きもおすすめだそう。揺れる炎を見ながら、リラックスできそうだ。

【THE KEY HIGHLAND NASU】

https://www.ikyu.com/00002552/
住所:栃木県那須郡那須町高久丙3243-342
TEL:0287-77-7000
料金:44,000円~(税込み・1泊2名料金)

食事やアルコールドリンクが含まれているだけでなく、その地域ごとの特性を活かしたり、アクティビティも含まれていたりと、オールインクルーシブの宿とひと言でいっても、特徴がある宿泊施設が増加しているようだ。

追加料金を気にせず、やりたいことにトライでき、食べたいメニューを選んで過ごせるのは、利用者にとってうれしいサービスだ。子どもが小さく、好き嫌いがある場合や、その日の気分でやりたい事が変わるなどといったときも安心。

国内だけでも多くの宿がオールインクルーシブを採用しているため、旅を検討中ならチェックしてみてはいかが。

※料金は2023年11月27日時点での最安値。

取材協力:一休.com
https://www.ikyu.com/

取材・文/林ゆり

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。