小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知ってる?洋服を購入する時によく見る言葉「身幅」の正しい意味と肩幅との違い

2023.12.09

洋服を購入する際に見聞きする「身幅」という言葉。しかし、正確な意味を知らない人も意外に少なくない。 そこで本記事では、「身幅」の正しい意味や特徴を詳しく解説する。最後に紹介する英語表現も、この機会にぜひチェックしておこう。 

身幅とは? 

まずは、「身幅」の読み方や意味、「肩幅」や「着丈」との違いを確認していこう。

■読み方と意味 

「身幅」の読み方は「みはば」。意味は以下の3つがある。 

1.洋服の両脇の付け根から直線に測った長さ 

2.他者に対する面目 

3.刀剣の横幅 

なお、洋服における身幅は、サイズを表す指標の一つ。漢字で「身巾」と表記される場合もある。洋服の横の長さを把握するのに役立ち、体格に合わせて仕立て直すことも可能だ。 

■「肩幅」や「着丈」との違い 

肩幅」は、両肩の付け根の部分を結んだ長さを指す。寸法は「ヌード寸法」と「製品寸法」の2種類で、ボトムスや下着などに用いられることが多い。

一方で「着丈」は、バックネックポイントから裾までの長さを指す。洋服の種類により着丈の長さは異なり、カットソーの場合は、リブ下から裾の先端までが着丈となる。 

■使用シーンと例文 

「身幅」は、洋服のサイズを表すほか、他者に対して面目が立たない状況下などで使われる。 

【洋服の着用感を説明する時】 

「このスポーツウェアは、身幅にゆとりがあるため動きやすい」 

「購入したセーターは少し身幅が狭いので、ダイエットしてから着ようと思う」 

【肩身が狭いと感じている時】 

「禁煙エリアが増えたため、喫煙者は身幅が狭い」 

「仕事で些細なミスがあり、上司を怒らせてしまった。今は社内で身幅が狭いと感じている」 

身幅のサイズ表記 

身幅は、洋服のデザインや生地の特性によって長さが異なる。ここでは例として、商品サイズ(仕上がり寸法)の一例を紹介する。身幅のサイズ表記は以下の通り。 

XS50cm 

S53cm 

M56cm 

L59cm 

XL63cm 

XXL67cm 

3XL71cm 

4XL75cm 

また、同じサイズ表記であっても、ビッグシルエットやオーバーサイズの洋服は身幅が広く作られている。ゆったりとした着用感を求める場合は、自分の肩幅+5cm以上を選ぶと良いだろう。 

身幅を英語で言うと? 

最後に、身幅と似た意味を持つ英語表現をいくつか紹介する。 

■body width 

body width”は、洋服における身幅を表す言葉。英単語の“width”は「織物などの単位となる幅」という意味を持つ形容詞だ。海外では一般的に、洋服のサイズを表記する際に用いることが多い。 

【例文】 

“Can you tailor the body width of this shirt?” 

(このワイシャツの身幅を調整してもらえますか?) 

“I bought a hoodie from an international shopping site. But I couldn’t wear it because of its narrow body width.” 

(海外の通販サイトでパーカーを購入した。しかし、身幅が狭いので着れなかった) 

“There is a difference in body width size between the U.S. and Japan.” 

(アメリカと日本では身幅のサイズに違いがある) 

■feel inferior 

日本語の身幅には「他者や世間に対する面目が立たない状況」という意味が含まれるが、英語には同様の意味を持つ慣用句やことわざが存在しない。そのため、他者に引け目を感じ肩身が狭い状況を表す際には、同様のニュアンスで使われる“feel inferior”を用いるのが良いだろう。 

【例文】 

“I went back to my parents’ house, but I always feel inferior to my brother because he always compares me to him.” 

(実家に帰省したが、いつも兄と比べられるので引け目を感じている) 

“I can’t help but feel inferior, but I still want to win over my competitors.” 

(引け目を感じても仕方ないが、それでもライバルに勝ちたい) 

“I feel inferior to my colleagues. Because he does his job perfectly.” 

(私は同僚に引け目を感じている。なぜなら、彼は仕事を完璧にこなすからだ) 

 

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。