小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

外国語のサイトを翻訳するのに簡単な方法は?情報を収集する時に便利な3つの対処法

2023.12.05

世界情勢から旅行・音楽などのエンターテイメントまで、海外のウェブサイトを参考にする機会は少なくないはず。一昔前までは言語の壁があった海外サイトだが、今は翻訳ツールが充実したことで、英語や中国語などのメジャーな言語だけではない、さまざまな外国語サイトで情報収集が可能となった。 

そこで本記事では、外国語のサイトを翻訳する方法を、利用者が多い「iPhone(Safari)」と「Google Chrome」、ブラウザを問わずに利用できる「グーグル翻訳」3パターンに分けて解説する。 

「iPhone」でサイトを翻訳する方法 

長らく日本国内でのシェアが高い、iPhone。機能性の高さやブランドイメージから、根強い人気がある。スマートフォンで情報収集をすることが多いiPhoneユーザーは、iPhoneのブラウザ「Safari」を使った翻訳方法を知っておくと便利だ。 

■iPhoneの標準ブラウザ「Safari」の翻訳機能を使う 

iPhoneの標準ウェブブラウザである「Safari」には、iOS15以降、閲覧したウェブサイトの翻訳機能が搭載されている。 

サイトを翻訳する方法は以下の通り。 

1)日本語に翻訳したいページを表示して、画面下部のタブバー左側にある「ぁあ」のマークをタップする。

2)表示されたメニューの中から「日本語に翻訳」をタップ。 

3)「翻訳を有効にしますか?」のメッセージが表示された場合は「翻訳を有効にする」をタップする。 

4)日本語に翻訳されたページが表示される。タブバー左側の表示が、翻訳ページであることを示すマークになっていることを確認しよう。 

■Safariの翻訳を解除する方法は? 

一度翻訳したページを元の言語のページに戻したい場合は、翻訳したページのタブバーにある「翻訳マーク」を同じようにタップし、表示されたメニューから「原文を表示」をタップすれば、元に戻る。 

「Chrome」でサイトを翻訳する方法 

Androidスマートフォンの標準ブラウザである「Google Chrome」も同じく翻訳機能を備えている。Androidユーザーはもちろん、iPhoneユーザーであっても日常的なウェブサイトの閲覧はChromeを使用する人も多いはず。ここからは、Chromeでの自動翻訳の方法を見ていこう。 

■「Chrome」の翻訳設定のやり方 

Google Chromeで外国語のサイトを翻訳する手順は以下の通り。 

1)外国語のサイトをChromeで表示し、上部バーの左端にある「翻訳マーク」をタップする。 

2)表示されたメニューから「翻訳」「◯◯語を常に翻訳」「◯◯語を翻訳しない」「このサイトは翻訳しない」のいずれかをタップ。 

3)「翻訳」をタップした場合は、ウェブページが日本語に翻訳され、翻訳された旨を告げるメッセージも表示される。 

■Chromeの翻訳を解除するには? 

翻訳したページを元に戻したい場合は、同じく上部バーの「翻訳マーク」をタップし、表示されたメニューの中から「原文のページを表示」をタップすれば良い。

■上部バーに「翻訳マーク」が表示されない場合の対処法 

上部のバーに「翻訳マーク」が表示されない場合は、画面右下の「…」マークをタップして、翻訳をリクエストしよう。 

なお、こちらの翻訳方法も、翻訳を解除したい場合は、再び「…」マークから翻訳を選択し、翻訳完了のメッセージから「原文のページを表示」を選択すると、元の言語のページに戻すことができる。 

「Google翻訳」でサイトを翻訳する方法 

「Google翻訳」は、Googleがインターネット上(またはスマートフォンアプリ等)で提供する翻訳サービスだ。ウェブ上で利用する場合は、ブラウザを問わず「Google翻訳」のページにアクセスして利用できる。 

■「Google翻訳」は翻訳媒体を選択可能 

Google翻訳は、ウェブサイトだけでなく、「テキスト」「画像」「ドキュメント」などから翻訳する媒体を選択できる。 

■「Google翻訳」を使ってサイトを翻訳する手順 

Google翻訳」で外国語のサイトを日本語に翻訳する方法は以下の通り。 

1)Google翻訳のページhttps://translate.google.com/)にアクセスし、上部のタブから「ウェブサイトを選択する。 

2)翻訳したい海外サイトのURLをボックスに入力する。 

3)検出言語と翻訳先言語を確認して調整する。デフォルトでは「自動検出」になっているため、翻訳前の言語(検出された言語)と翻訳後の言語を確認しよう。もしも言語が違っている場合は、言語のテキスト部分をクリックすることでプルダウンメニューが開き、目当ての言語を選択できる。 

 

※データは2023年11月下旬時点のもの。

※情報は万全を期していますが、正確性を保証するものではありません。

※製品およびサービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。