小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

排泄物処理を自動化&ゴミ捨ても月2回でOK!ジェンハイが全自動猫トイレ「Neakasa M1」の先行予約販売スタート

2023.11.29

各種のスマート家電を展開するGenHigh Tech(中国・深圳)のNeakasaブランドから、猫用全自動トイレ「Neakasa M1」が登場。応援購入サービスMakuakeにて先行販売プロジェクトを実施している。

期間は2024年1月30日(火)18時まで。11月25日時点で5万250円(税込)から購入できる。一般販売予定価格は7万5000円。

猫の排泄物を自動処理

Neakasa M1は、猫の出入りを感知する高精度センサーを4つ搭載しており、猫がトイレから出て5分後に自動的に清掃がスタート。

ボウル状の部分がゆっくりと4分の1回転ほど前後に動いて猫砂と排泄物を分別していく。

この機能により、汚れた物を迅速に片付けることができ、いつでも清潔なトイレを保つことが可能になったという。

■最大2週間ゴミ捨て不要

ゴミ箱は11.23Lと大容量ゆえ、ゴミ捨ては2週間に1回で済む(猫1匹が使用する目安)。

11.23リットルの大容量ゴミ箱を搭載。ゴミ捨ては2週間に1回、ビニール袋をつまんで捨てるだけ。短期旅行や突然の出張の際でも、愛猫は清潔なトイレを使うことができる。

■猫の安全を最優先する開放的なデザイン

安全性を最優先に考慮した、オープンタイプの設計を採用。さらに高精度の赤外線センサー5基と重量センサー5基を搭載しており、もし猫が中に入ってしまっても、物体感知センサーが作動。回転を停止させ、いたずらや誤作動による事故を防ぐ。

■完全密閉構造のゴミ箱

Neakasa M1は、ゴミ箱とトイレの空間を完全に分離した設計。猫砂のクリーニングが完了すると、ゴミ箱のドアが自動的に閉まり、臭いの漏れを根本的に防止する。

不快な臭いの心配が不要となり、猫と飼い主の双方にとって、快適な環境を提供していく。

Neakasa M1の主な仕様

製品名/Neakasa M1全自動猫トイレ
本体サイズ/幅591×奥行き525×高さ513mm
トイレサイズ/幅434×奥行き420×高さ400mm
接地面から出入り口までの高さ/352mm
本体重量/10.35Kg
トイレサイズ/591×525×513mm
トイレ容積/7.17L
ゴミ箱容量/11.23L
定格電圧/12V
動作音/±50dB
材料/PP&ABS&POM
対応システム/Andriod&iOS
カラー/ホワイト、ダークグレー

関連情報
https://www.makuake.com/project/neakasa_m1/

構成/清水眞希

DIME最新号の特集は「シン・家電ブランド大図鑑」

終わりの見えない値上げ、円安、増税…上がらない給料。そんな時代に家計を守るために、日々の買い物や固定品の支払いでも自己防衛が重要となります。DIME1月号では、そのカギとなる「ポイント」について大特集!ポイントは「もらえて得」ではなく「もらわなきゃ損」とも言える時代。LINEヤフーの合併を機に何が変わるのか? 最近よく聞くポイント経済圏は本当にお得なのか? 決済方法や利用する店・サービスを見直し、ポイントが貯まる「得する構造」さえ一度作ってしまえば、あとは日常生活を過ごすだけでガツガツ貯まるようになります。毎日の生活で賢く稼ぐヒントが満載です!
ほかにも、編集部が使ってわかった「シン・家電ブランド大図鑑」、アスリート監督に学ぶ「新時代のリーダー像」など、ビジネスマンのみならず生きづらい世の中を渡っていくためのライフハックが超凝縮!どの雑誌よりも読者のライフスタイルに寄り添う『DIME』の最新号、ぜひお買い求めください。

***********************
DIME2024年1月号
価格790円(税込)

◆Amazonでの購入はこちら

◆楽天ブックスでの購入はこちら
***********************
◆詳細情報はこちら

特集 1 「ポイント大再編時代の賢い稼ぎ方」

「LINEヤフー」の誕生でどう変わる?

スーパー、コンビニ、家電量販店、ホームセンター、フリマサイト、ECサイト、ファミレス、ファストフード、カフェ、デリバリー、銀行・証券、電気・ガス・水道、サブスク、ふるさと納税…
一番お得な支払い方を用途別に徹底解説!

特集 2 「シン・家電ブランド大図鑑」

Xiaomi、AINX、Aladdin X、ECOVACS、LiFERE、Radonna、
NoNothing Technology、Orbic、EPEIOS、Shark Beauty、TCL……
編集部が使ってわかった! 最近、家電量販店でよく見る〝あの〟メーカーの正体は?

特集 3 「アスリート監督に学ぶ 新時代のリーダー像」

トム・ホーバス、栗山英樹、森保一、フィリップ・ブラン、森林貴彦etc.
磨くべきは「フラットな関係」と「聞く力」だ!

***********************
DIME2024年1月号
価格790円(税込)

◆Amazonでの購入はこちら

◆楽天ブックスでの購入はこちら
***********************
◆詳細情報はこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。