小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

クラフトビール醸造所をオープン!銭湯の新たな可能性に挑む「黄金湯」の次の一手

2023.11.28

2023年11月26日(いい風呂の日)に、銭湯とサウナに“合う”クラフトビールの醸造がスタートする。その醸造所の名は「BATHE YOTSUME BREWERY」(ベイズヨツメブルワリー)。東京都墨田区の老舗銭湯「さくら湯」から徒歩20秒というロケーションだ。

目指すのは地域と温浴文化の活性化

この醸造所を運営するのは、さくら湯のほかにも錦糸町の「黄金湯」、押上の「大黒湯」などサウナーに支持される温浴施設を経営する有限会社金沢浴場。

「BATHE YOTSUME BREWERY」は醸造するだけではない。12月16日に醸造所内にビアバーをオープン。さくら湯でひとっぷろ浴びた後、醸造したてのクラフトビールが楽しめるのだ。

異業種参入の背景を、黄金湯店主・新保朋子さんに聞いた。

かつて、菓子製造施設だった物件が、クラフトビール醸造所として再スタートした。

「BATHE(ベイズ)は英語で“浴びる”という意味があります。湯を浴びる、蒸気を浴びる……2012年に私たちが銭湯を継いでから、最も多く使う言葉のひとつが“浴びる”でした。クラフトビールを浴びるように飲むことはないかもしれませんが(笑)、このBATHEという言葉を店名に名付けました」(新保朋子さん・以下「」同)

今、日本国内でクラフトビール市場は活況している。その背景には、2020年10月から2026年10月にかけて、ビール類の酒税が改正されることもある。2023年11月現在350mlあたり約63円だが、最終的には約54円に統一される。これが追い風にもなっている。

参考:財務省・国税庁(2020年2023年

これを受けて、ビールの製造者数は増えている。国税庁の「酒類製造業及び酒類卸売業の概況」を見ると、2020年のビールの製造者数は201(うち大企業6、中小企業177、個人事業主18)だったが、2023年の製造者数は379(うち大企業15、中小企業、232、個人事業主16)と約1.8倍になっている。

まさに、今が参入しどきだが、多額な設備投資が必要なビールの醸造に踏み切るのは、並大抵のことではない。「数年前から構想していた」という新保さんに、その背景を聞いた。

「黄金湯でクラフトビールを提供しながら、ビールの作り手の思いや地元への愛を感じ続けていました。そんなビールが私たちにも作れるのではないか、と思ったことが出発点です。それからは、醸造所の方に醸造過程、原料調達、技術などのお話を聞くうちに、私たちもできると確信しBATHE YOTSUME BREWERYは誕生しました。これは、私たちの街のビールであり、お風呂を愛する人のビールでもあります。銭湯やビアバーから、地域と温浴文化の活性化を目指しています」(新保さん)

BATHE YOTSUME BREWERYでどんなビールが飲めるのか?

BATHE YOTSUME BREWERYで醸造されるビールは以下3種類。醸造所店内、黄金湯のビアバー、大黒湯とさくら湯と金沢浴場(新宿区)では瓶ビールとして販売される。順に紹介していこう。

■「FOREST」(フォレスト) Style:Weizen ABV 3.7% IBU 9.3

小麦のまろやかさとバナナを感じさせる甘い味わい。ヴァイツェンとしては、比較的強めなホッピーでトロピカルな香り。低めなアルコール度数 3.7%とアフターサウナにもいい。醸造過程でヴィヒタ(※)を投入し、森林浴を感じさせる木々の香りを演出。

※ヴィヒタとはサウナで使用する白樺の枝葉を束ねたもの。

■「SUNRISE」(サンライズ)Style:Pale Ale ABV 5% IBU 20

控えめながらもしっかりと甘みを感じさせるモルトのコクが特徴。ふんわりと香る柑橘系のホップ、程よい苦みが湯上りには最適。軽やかで華やかゆえに、浴びるように何杯でも飲みたくなる。

SHOWER(シャワー)Style:IPA ABV 7% IBU 45

多量のシトラス系のホップによる鮮烈な香りが、シャワーを浴びるように降り注ぎ、キリっとしていて後味の良い奥行きある苦味が訪れる。湯上りにも飲みやすく、やや高めなアルコール度数を感じさせない。ゆっくりと味わって香りの変化を楽しみたくなるウエストコースト IPA。

左から、FOREST、SUNRISE、SHOWER。全体的に軽やかでキレがよく、入浴後に合う。価格帯は検討中で、中グラス600円~だという。ロゴを担当しているのは、黄金湯のブランディング、ロゴ、グッズなどを手がけるアーティスト・高橋理子さん。

ビアバーの内部。インテリアデザインは、JCD(日本商環境デザイン協会)DESIGN AWARD大賞ほか、多くの賞を受賞しているデザイナー・林洋介さん。「𠮷田カバン」の各店舗、「中川正七商店」ほか、東京都渋谷区「KOFFEE MAMEYA」など地元からも愛される店舗デザインを得意とする。

スタイリッシュな空間で、出来立てのクラフトビールを飲む。湯を浴びて火照った体に、華やかな香りとクリアな旨味が、優しい刺激とともに染み込んでいく。

窓の外を見れば、東京の下町ならではの、普段着の商店街。湯上りでほどけた心身をビールがさらにほぐしてくれる。この至福はここだけのものだ。多くの人を魅了し、賑わいを創出し、銭湯のように人々の交流の場になることだろう。

<店舗詳細>
BATHE YOTSUME BREWERY(ベイズヨツメブルワリー)
住所 :墨田区業平4−11−3
(さくら湯から徒歩20秒、黄金湯から徒歩7分、大黒湯から徒歩4分)
HP
Instagram :@bathe_yotsume_brewery
X:@batheyotsume

とにかく次世代につなぎたい!大胆な改築でサウナーたちの注目を集める錦糸町の公衆浴場「黄金湯」

DJブース横にある番台バーのタップから勢いよく注がれるペールエールの「黄金湯ビール」。これが飲みたいから足を運ぶのか、サウナに入りたいから足繁く通うのか。どちら...

取材・文/前川亜紀

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。