小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「世界トップクラスの日本の食事に合うのはワインよりクラフトビールです」ブルックリン・ブルワリーの醸造長ギャレット・オリバー氏が語るビールの可能性

2023.11.25

アメリカ・ニューヨーク州ブルックリンの街に、1988年に生まれたブルックリン・ブルワリーは、今や世界で屈指のクラフトビールメーカーだ。創業35周年を記念して来日したヘッドブリュワーのギャレット・オリバー氏に日本のクラフトビールについて聞いた。

ブルックリン・ブルワリーのヘッドブリュワーであり、クラフトビール界ではカリスマ的存在のギャレット・オリバー氏。2023年11月20日、キリンビール主催のイベントにて

ますます広がるクラフトビールの多様性

ブルックリン・ブルワリーは日本では2017年からキリンビールと提携して事業を展開、2020年には世界で初となる旗艦店「B by the BROOKLYN BREWERY」を東京・日本橋兜町の、東京証券取引所のすぐ前にオープンしている。

日本橋兜町の「B by the BROOKLYN BREWERY」。「ブルックリンラガー」「ブルックリンソラチエース」などの定番に加え、ここでしか飲めないアメリカ直輸入ビールも(提供/ブルックリン・ブルワリー社)

場所柄、B by the BROOKLYN BREWERYはアーバンでスタイリッシュな雰囲気に包まれているが、本家ブルックリンも近年は「世界の訪れてみたい街」に選出される人気の街。ブルワリーはその観光名所のひとつに数えられている。ローカルに根ざしたビール造りを続けている点でも、ブルックリン・ブルワリーはクラフトビール界のお手本になっている。

ブルックリン・ブルワリーのフラッグシップ「ブルックリンラガー」(提供/ブルックリン・ブルワリー社)

そんなブルックリン・ブルワリーで、ギャレット・オリバー氏は1994年からヘッドブリュワーを務める。17年前の初来日以来、6~7回も訪れているという日本好きだ。

コロナ禍を挟んで5年ぶりになった今回の訪日。日本のクラフトビール市場に印象についてたずねると、まずアメリカと日本の土壌の違いについて話した。

「アメリカでも1970年代半ば、ビール会社は40社ほどしかありませんでした。しかし1970年代後半に自家醸造(ホームブリューイング)が合法化され、そこからアマチュアの醸造家がたくさん生まれました。いわばクラフトビールのつくり手です。この点、日本では自家醸造は許されていないので、つくり手の予備群がいないという違いがあります。ビール文化をていねいに説明できる人が少ないということです」

クラフトビールは2000年代に入ってから世界的に注目され、人気を博してきた。1980年代生まれのブルックリン・ブルワリーは、そのリーダー的ブルワリーのひとつだ。それから35年が経ち、世界のクラフトビールシーンも変化した。

「私たちの造るビールやスタイルが、世界でフォローされる時代もありました。しかし現代、SNSの普及によって情報はすぐに共有され、私たちと世界のブルワリーのギャップは縮まってきました。今は、特定のビールスタイルが世界で流行るというより、その国に根ざしたビールが生まれる飲まれる時代になってきました。ますます多様なビールが登場し、その流れの中で日本のクラフトビールも注目されるようになっています」

アメリカのマイクロブルワリーの数は、正確なところはわからないが1万軒近い。一方、日本でもこの数年激増し、700軒を超えている。ほぼラガー一色だった日本のビール市場は確実に変化している。日本のブリュワーたちが醸造技術をはじめ流通、品質管理などを学び、地道に蓄積してきた結果だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。