小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Gmailの送信取り消しは30秒以上経つとできなくなるって本当?

2023.11.25

ビジネスパーソンの必須業務ともいえるメールでのやり取りですが、時には、送信ボタンを押してから誤字に気が付いたり、添付予定のファイルを貼り忘れていることに気付くことはないでしょうか。

そこで本記事では、無料で使用できるメールサービス「Gmail」にフォーカスをあて、送信の取り消しを行う方法や、送信の取り消しができる条件について紹介していきます。

Gmailでメールを誤送信したときにメールを削除することはできる?

Gmailでメールを送信した場合、送信直後には下部に「メールを送信しました。」とポップアップが表示されます。

このポップアップ内にある「元に戻す」をクリック、もしくはタップすることで、メールの送信は取り消し可能。この操作は、スマートフォンアプリ版、PCブラウザ版のどちらでも共通となります。

【参照】Gmailヘルプ メールの送信または送信取り消し

Gmailで誤送信したメールが削除できるのはいつまで?

PCブラウザ版のGmailでは、右上に表示されている歯車アイコンから「すべての設定を表示」をクリックし、「送信取り消し」の項目から、取り消せる時間の設定が可能。最大で30秒まで選択できます。なお、設定の変更後は、下部にスクロールして、「変更を保存」をクリックするのを忘れないようにしましょう。

なお、執筆時点(2023年11月)では、iPhone、Androidスマートフォン向けに配信されているGmailアプリでは、送信取り消し時間の設定はできません。

Gmailの送信取り消しをしたらどうなる? メールは相手に届かない?

上述の通りGmailでは、設定した時間内に「元に戻す」ボタンを押すことで、メールの送信取り消しができます。

メールの送信を取り消した場合、該当メールの作成画面に戻ります。この際、メールは送信されていないものとして扱われるため、基本的には相手にメールが届いていません。

Gmailで送信済みのメールは相手が未読でも送信取り消しができない?

メールを受信した相手がまだメールを開いていない、未読のうちに送信の取り消しを行いたいと考える人もいるかもしれませんが、Gmailでは、相手にメールが届いてから送信の取り消しを行うことができません。

そのため、上述のように、メールの送信から最大30秒間設定できる、送信取り消しのタイミングを逃してしまうと、基本的にメールは相手に届きます。

Gmailで誤送信したメールの削除依頼を出すことはできる?

Gmailでは、相手に届いたメールの送信を取り消すことができないと紹介しました。同様に、送信済みのメールに対して、グーグルに削除依頼を送ることもできません。

誤ったメールを送信してしまい、送信取り消しも間に合わなかった場合は、メールを送った相手に対し、メールを破棄するように依頼をしたり、修正版のメールを速やかに送信するのが無難でしょう。

iPhone、Androidスマホ版Gmailアプリで30秒以上経ったメールの送信を取り消すことはできる? 方法は?

先にも触れた通り、iPhone向け、Androidスマートフォン向けに配信されているアプリ版のGmailでも、メールの送信取り消しができます。

スマートフォンアプリ版Gmailの場合、メールの送信後に、下部に「元に戻す」という項目が表示されます。これをタップすれば送信は取り消され、メールの編集画面が再度表示されます。ただし、こちらも時間が経つと表示が消えてしまうので注意が必要です。

スマホ版Gmalアプリでメールの送信取り消しは時間経過が肝

スマートフォンアプリ版のGmailでも、メールの送信後に表示される「元に戻す」をタップすれば、送信を取り消すことができます。ただし、スマートフォンアプリでは、「元に戻す」が表示される時間の変更はできません。

実際に試してみたところ、PCブラウザ版で、送信取り消しが表示される時間を最長の30秒に設定しても、スマートフォンアプリ版には反映されず、5秒~10秒程度で表示が消えてしまいます。

そのため、スマートフォンアプリ版のGmailを使用する場合は、PCブラウザ版以上に、送信取り消しまでの経過時間が大切になります。

スマホ版Gmailアプリで送信取り消しが簡単にできる時間を30秒以上に設定する方法はある?

スマートフォンアプリ版のGmailでは、送信取り消しの時間を設定できません。送信ボタンをタップしてから修正したい場合でも、数秒しか猶予はないと覚えておきましょう。

ただし、Androidスマートフォンアプリ版Gmailでは、左上の3本線アイコンをタップし、「設定」>「全般設定」に進むと、「送信前に確認する」という項目が用意されています。これにチェックを付ければ、送信ボタンをタップした後に、本当にメールを送るかを確認するポップアップが表示されるため、念のためオンにしておくのもありでしょう。

※データは2023年11月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/F.さとう

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。