小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一度は行きたい世界の有名カジノ10選

2023.11.23

【短期集中連載 Vol.⑩】 カジノ&ギャンブル カジノゲーミンクの中のアレコレ『欧州とアジアのカジノ10選』

ナマステ、かじのみみです。シリーズ最後の記事です。筆者が初めて体験したカジノはモーリシャス島で12歳のとき。子供はカジノ施設に入れないので、スタッフにお願いし、さっと外から覗かせてもらう程度でしたが、ワクワクの感情が心に残りました。本記事では、施設滞在時に、ポジティブな感情がともなった欧州とアジアのカジノ&IR施設を10軒、選んでみました。

世界には魅力的なカジノがたくさん

モナコ、ロンドン、ベニス……ヨーロッパのカジノ5選

まずは欧州から5軒のカジノ施設を紹介したい。選出のキーワードは「ワクワクや癒しがあるか」「上質な空間であるか」「大人向けであるか」である。

第5位 カジノ・ド・モンテカルロ(モナコ公国)

(2006年撮影)

ルーレットのゲーム間隔がラスベガスと比べるとゆったりしていた。ヨーロピアン・ルーレットテーブルの面は広いため、立ち位置によってはクルーピエ(欧州のディーラー呼称)にお願いしないと賭けたい数字に届かない。ルーレットクルーピエは「レイク(長い棒)」を使ってチップを集め、配当を出したりする。施設内は格調高い雰囲気につつまれていた。

第4位 ザ・リッツ・クラブ (イギリス・ロンドン)

(2016年撮影)

同カジノ施設でひとときを過ごしたとき、カードシャッフルをする女性ディーラーの所作の美しさに見入ってしまった。あれほど見事なシャッフルはいまだかつて見たことがない。「シャッフルマシン」を使用していなかった点も高級感を増していた。カードを積み上げた高さから、8デッキ使用の「ブラックジャック」であったと思われる。

第3位 カジノ・バーデンバーデン (ドイツ・バーデンバーデン) 

(2013年撮影)

バーデンバーデン市には200年以上のギャンブルの歴史がある。カジノ・バーデンバーデンの外観はシンプルだが、シャンデリア、調度品など内装はゴージャス。ドストエフスキーのギャンブル物語や作曲家シューマンのコンサートなど過去著名人の逸話も残されている。併設レストランの紫キャベツのコールスローは美味であった。

第2位 グラン・カジノ・ルツェルン(スイス・ルツェルン)

画像提供:Grand Casino Lucerne, Switzerland(2013年撮影)

130年の歴史があるスイス最高峰のカジノ。2002~2012年の間で、スイス・ビジネス・マガジンから「カジノ・オブ・ザ・イヤー」を4回受賞した。同施設のバカラを体験した際、バンカーの6回くらいのツラ(バンカーばかりが勝つ出目)に続けて賭け、3万円ほど勝った経験がある。施設内レストラン「オリーヴォ」は、魚料理がすばらしかった。

第1位 カジノ・ディ・ヴェネツィア (イタリア・ベニス)

(2006年撮影)

1638年、世界で初の政府公認カジノとして誕生し名をはせている。同カジノ施設を訪れた当時、筆者はゴンドラに乗って運河側からカジノエントランスへ。出口は道路側であった。施設内のプントバンコ(バカラのようなゲーム)は地元客で満席であった。約390年前、「この施設でどんなことがあったのだろう……?」と想像するだけで心が踊った。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。