小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

仕事の効率がアップ!自分にプレゼントしたくなるごほうびアイテム9選

2023.11.30PR

オンオフ問わず使えるデジタル製品は、ごほうびに最適。最新のAIを搭載するものがある一方で、あえてアナログな機能を備えて使い勝手を向上させたモデルもあるので、選ぶのが楽しくなるはずだ。

議事録などの面倒な文字起こしはAIにおまかせ!

ソースネクスト『AutoMemo』ソースネクスト『AutoMemo』1万3860円

録音した音声を文字起こし、編集、共有までするAIを搭載したボイスレコーダー。OpenAI社の音声認識エンジン「Whisper」を一部採用することで、高い文字起こし精度を実現。一度充電するとバッテリーが1か月以上持続するのも◎。

ソースネクスト『AutoMemo』〈ごほうびPOINT〉クラウド上の音声データの文字起こし結果は、Webアプリ「オートメモHome」か、スマホアプリ「オートメモApp」で確認できる。

Alexa対応のスマートホーム製品を一括で管理できる!!

Amazon『Echo Hub』Amazon『Echo Hub』2万5980円

Zigbee、Thread、Bluetooth、Matterの規格に対応したスマートホームハブ。複数のカメラ、照明、ドアのロック、スマートプラグ、エアコン、テレビ、照明などをAlexaに話しかけるか、ディスプレイをタップするだけで操作できる。

Amazon『Echo Hub』

〈ごほうびPOINT〉ホームに表示するウィジェットはカスタマイズ可能。よく使う照明の調整、音楽の再生などをウィジェットに設定すると便利だ。

手の形や指の長さの違いを考慮!!

Mistel Keyboard『MD600Alpha BT RGB』Mistel Keyboard『MD600Alpha BT RGB』2万8000円

キーボードを左右に分離することで、ユーザーの肩幅に合わせた位置に設置できる。手の形、各指の長さの違いも考慮したキー配列〝Alice配列〟も採用。これらが相まって、より自然なフォームでのタイピングを可能にした。

Mistel Keyboard『MD600Alpha BT RGB』吸音シートを2枚組み込んだ。まず1枚目は、キーブラケットと基板(Pの間に挟まれており、2枚目は、ロアケース内部底面に敷かれている。

Mistel Keyboard『MD600Alpha BT RGB』〈ごほうびPOINT〉親機が〝左ユニット〟なので、PCゲーマーやクリエイターの左手キーボードとしても使える。オンオフで活躍してくれそうだ。

医薬品メーカーが手がけたスマートリングで健康管理!!

大正製薬『SOXAI RING 1』大正製薬『SOXAI RING 1』3万9800円〜

医薬品などを手がける、あの大正製薬が、高度なセンシング技術を誇るSOXAI社とタッグ。このリングを指に装着するだけで、さりげなく健康管理、身体データを測定・記録し、運動・健康・睡眠状態を毎日スコア化できる。

〈ごほうびPOINT〉シルバー、マットシルバー、マットブラック、ピンクゴールドを用意。ファッションアイテムでもあるので豊富なカラーはありがたい。

怒濤のアップデートで『Apple Watch』に肉薄した性能に!!

Google『Pixel Watch』Google『Pixel Watch』3万9800円〜 ※直販価格

ドーム状の風防と円形ディスプレイが特徴で、OSにはGoogleのWear OSを採用。同社が傘下に収めたヘルステックブランド「Fitbit」の健康管理機能を利用できる。Google Payにも対応しており、決済端末としても使える。

〈ごほうびPOINT〉歩数計測や心拍数測定、エクササイズの記録といったヘルスケア機能をカバー。血中酸素濃度の計測(非医療用)にも対応する。

好きな写真だけを選んでプリント!ライカのハイブリッドインスタントカメラ

ライカ『ライカ ゾフォート2』ライカ『ライカ ゾフォート2』ライカ『ライカ ゾフォート2』5万9400円

2016年に登場した『ライカ ゾフォート』が進化。最大のポイントは、カメラ部をデジタル化することで、画像をデジタルデータとして保存できるようにしたこと。これにより、撮影後に好きな写真を選んでプリント可能とした。

ライカ『ライカ ゾフォート2』〈ごほうびPOINT〉ライカ以外のデジタルカメラで撮影した画像やスマホに保存されている画像も、専用経由で取り込めば、同機でプリントできる。

リアルな紙に書くような感覚の〝凹む〟ディスプレイを搭載

Ratta『Supernote A5 X』Ratta『Supernote A5 X』6万2800円

紙のように柔らかい高解像度E Inkディスプレイ「FeelWrite自己回復フィルム」を表面に採用。ペンで書くと凹むのでリアルな紙に書くような感覚を実現。Android OS搭載なので、電子書籍としても使える。

Ratta『Supernote A5 X』〈ごほうびPOINT〉「クアッドコアPX30」のCPU、メモリーを「2GB」搭載することで、実際に紙に書いているように、筆跡が遅れることなく描けるようにした。

携行性に優れたアンダー249gの超小型高性能ドローンが登場!!

DJI『Mini 4 Pro』DJI『Mini 4 Pro』10万6700円

パワフルなイメージング性能、全方向障害物検知機能、新たにトレースモードに対応したActiveTrack 360°、最大20kmのフルHD映像伝送システムなどを搭載。プロ、ビギナーを問わず、気軽に空中からの撮影を楽しめる。

DJI『Mini 4 Pro』DJI『Mini 4 Pro』〈ごほうびPOINT〉折りたたむと長さ148×幅94×高さ64mmのコンパクトサイズに。持ち運びがラクなので、旅の新たな相棒にしたい。

メタバースや企業トレーニング、シミュレーションに最適!!

レノボ『ThinkReality VRX』レノボ『ThinkReality VRX』20万9000円

前面に付く2つのRGBカメラからの映像をグラス内で表示。現実の空間に仮想の3D空間やオブジェクトをオーバーレイさせるので、デバイスで目を覆っている状態でもAR/MRを体感することができる。

レノボ『ThinkReality VRX』〈ごほうびPOINT〉メタバース上での臨場感あるインタラクティブなミーティング、場所や時間の制約を受けずに行なえる業務トレーニングにも最適だ。

構成/編集部

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2023年10月31日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

2023年のヒット商品120点を総まとめ!DIME電子増刊号がdマガジン、楽天マガジン、Amazon Kindleなどで配信中

11月1日に配信がスタートしたDIME電子増刊号では「2023ヒット商品総まとめ」と題し、この一年のヒット商品を全11ジャンル、12o商品を大特集!

生成系AI、chocoZAP、ポケモンスリープ、ソロ家電、生コッペパン、白湯、無糖ブーム、スマートバスマット、ビオレUVミスト、WBC売れ、ストリートファイター6など2023年を彩ったヒット商品を一挙紹介します。

ほかにも、忙しい年末に仕事の効率アップを目指す「AI仕事術」、働くストレスを軽減させるアイテムを集めた「ウェルビーイングなビジネスギア100」、なぜか毎回人気の「編集部員が選ぶオススメの本&マンガ」の企画も新メンバーが加入し、さらにカオスに。

年末に向けた今年の総決算となる電子増刊は各電子書店やdマガジンなどの雑誌の読み放題サービスで配信中。ぜひダウンロードしてみてください!

単号での販売もしております↓

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

DIME SPECIAL1 どこよりも早い!2023ヒ ット商品総まとめ

新型コロナの5類引き下げ決定で幕を開けた2023年。脱コロナのムードが高まる一方で、物価上昇が消費意欲に水を差した。今年を象徴するトレンドとは何か? 編集部員による分析とともにヒット商品を一挙紹介する。

DIME SPECIAL 2 ウエルビーイングなビジネスギア100

良き仕事のためには優秀なビジネスギアが不可欠。というわけで、DIME目線で選んだビジネスギアをデジタル関連から話題のヘッドホン、スマートウオッチ、さらにはマッサージ系までフォロー。さらに後半では、欲しいモノがすぐに購入できる通販企画も登場。ボーナスの使い道に迷っているなら、この機会にぜひ!

DIME SPECIAL 3 プロゲーマー&ガジェット通が厳選! DIME Gamingが選ぶ今買うべきゲーミングギア31

eスポーツ熱は冷めないどころか増していくばかりだ。それに比例してギアも巷にはあふれかえっている。そんな中でも特にオススメなギアを紹介するほか、DIME Gamingの最新動向についても報告する。

DIME SPECIAL4 ChatGPT、Bing、Bard 一番仕事に使えるのはどれ? 今日から使える! AI仕事術

 2022年11月にサービスが開始されたオープンAIの「ChatGPT」。リリースから2か月で1億人のユーザーが利用し、その有用性に世界中が驚いた。2023年2月にはマイクロソフトの「Bing」、
3月にはGoogleの「Bard」が相次いでリリースされた。私たちも仕事、プライベート問わず、生成AIをうまく使うコツを次第につかみ始めてきたのではないだろうか。特に欲しい回答を引き出すプロンプトを作るコツについては自分なりの法則を確立しているユーザーも多いハズだ。

 今回は3大生成AIである「ChatGPT」「Bing」「Bard」それぞれの特徴をふまえつつ、同じプロンプトに対する各AIの違いを比較。「いかにAIを使いこなすか」から「いかに使い分け、AIを使いこなすか」といった一歩先のステップに進む助けとなる質問と回答を編集部で厳選した。

DIME SPECIAL 5 DIME編集部員が〝偏愛〟で選ぶ! 年末年始に読みたいオススメ本&マンガ80選

2023年も残すところあと2か月。ということは、年末年始の休暇シーズンもやってくるということ。今回は、そんな日常の忙しさを離れた時にこそ読みたい本をDIME編集部員がピックアップ。ビジネス書あり、マンガあり、ウルトラニッチなジャンルありと、役に立つかはわかりませんが、編集部員の個性の爆発をお楽しみください。

単号での販売もしております↓

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。