小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

タイ、シンガポールから続々上陸!宿泊以外もとことん楽しめる注目のアジア系高級ホテル3選

2023.11.25

 昨年からアジア系高級ホテルの日本進出が相次いでいる。欧米ブランドのホテルは地方都市にも多く出店しているが、最近はアジア系が急増しているのが特徴だ。

 22年6月にはシンガポール企業のバンヤンツリー・ホールディングスが『ギャリア・二条城 京都』を、今年7月にはタイのセントラルグループが『センタラグランドホテル大阪』をオープン。11月には東南アジアを中心に高級ホテルを展開するアマンが手がける『ジャヌ東京』も開業する。いずれも日本初進出のブランドばかり。背景をホテル評論家の瀧澤信秋さんに聞いた。

「実は、海外ブランドのホテル進出は街の再開発と密接に関係しています。これは再開発を手がける企業が、新しい街に新しいブランドを誘致したいと考えるため。従来、欧米系が中心でしたが、有名ブランドはほぼ日本に進出済み。そこで、セレブの間で注目され始めたアジア系高級ホテルに白羽の矢が立ちました。アジア系ホテルは、独自性を押し出しやすいのが特徴です」

 その土地の文化を取り入れ融合させることで、オリジナルのサービスや体験を提供してくれるという。

「私は常々ラグジュアリーホテルは〝五感で楽しもう〟と伝えていますが、特にアジア系は五感を刺激してくれます。例えばにおい。控えめな欧米系と違い、フレグランスがしっかりたかれ、ホテルに入った途端にその国独特の雰囲気に包まれます。外観や空間づくり、客室のインテリアも独自デザインであることが多く、見るだけでも楽しめます」

 24年夏に開業予定の『バンヤンツリー・東山 京都』は、館内に能舞台を建設予定。アジア系高級ホテルに、宿泊だけでなく異国情緒を味わいに出かけてみてはどうだろう。

京都/2023年9月オープン デュシタニ京都

住所:京都府京都市下京区西洞院町466
客室:147客室
宿泊費: 6万3250円~125万2350円(※)

日本伝統文化とタイネスを融合

日本初進出の、タイのホテル大手によるラグジュアリーブランド。タイのアユタヤと京都の建築様式から発想されたデザインが美しい。レストランやスパはビジターも利用可。

デュシタニ京都タイ料理『Ayatana』は永らく途絶えていたタイ伝統料理を提供。

デュシタニ京都『Tea Salon』では京都のお茶をスイーツと楽しめる。

デュシタニ京都スタンダードな客室でも40平方メートルの広さ。優雅なタイネス(タイらしさ)と日本文化が融合。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。