小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

身の回りにある複雑な状況やまとめづらい状態を一言で伝える「ネーミングの法則」とは?

2024.01.26PR

あなたは人から「なにが言いたいのかわからない」と言われてしまったり、メールの文章が長すぎて肝心な要件が伝わっていなかったという経験はありませんか? ついいろいろ言いたくなってしまい、伝わらないモヤモヤを抱えていませんか?

実は、このような悩みは「ひと言でまとめる技術」の手にかかればすべて解決してしまいます。ポイントはたった2つ。「捨てる」それから「まとめる」。このコツさえつかめば、伝わり方が劇的に変わります!

言葉をまとめるプロが明かす、言語化と伝え方の究極のスキルをまとめた書籍『ひと言でまとめる技術 言語化力・伝達力・要約力がぜんぶ身につく31のコツ』の中から一部を抜粋・編集し、雑談でたくさんモヤモヤを解消するヒントをまとめました。

ひと言でまとめるために必要な「適切な物の考え方」とは?

[問題]伝え方がうまい人とは、どのような人のことでしょう?

1 多くの言葉を知っている人
2 ユーモアにあふれた人
3 表現力豊かな話し方をする人

どれも正解! と言いたいところですが、私はこう考えています。

それは「そのとき、その場所、その相手に対して適切な伝え方ができる人」です。

あなたは、お葬式の席で遊びに行く話をするでしょうか?

結婚式のスピーチで、人間の寿命の短さを語るでしょうか?

恋人と一緒にいるときに、昔の恋人の話を堂々と語るでしょうか?

たとえが極端かもしれませんが、多かれ少なかれ、人はついこのような「相手のことを考えない発言」をしてしまうものです。

たとえばあなたが5社競合のプレゼンに臨むとします。もちろん企画内容やチーム編成は大事ですが、チームリーダーがとくに気にするのは「発表の順番」です。というのも、1社1時間でも5社となると5時間。途中、休憩も入るでしょうから、プレゼンは1日がかりです。受ける側の負担も、それなりに大きくなります。

順番を自由に選べるなら、トップバッターか最後を取りたがります。

これは「一番手なら強い印象付けができる」「ラストなら記憶が新しいまま採点に入ってもらえる」といった理由からです。

逆に、もっとも避けたいのは「お昼休み直後の時間帯」です。いったん緊張が切れ、しかもランチ後で眠たくなる時間帯だからです。

もちろん、不利な時間帯だから必ずしも負けるわけではありません。

ですが、ここでポイントなのは「優秀なチームは、プレゼンの時間帯によって話す内容を変えている」ということです。朝イチとお昼直後とラストでは、当然聞き手の精神状態も違います。

話し始めたときに受け手が「あくびをしている」「退屈そう」「疲れている」といった様子が見受けられれば、優秀なプレゼンターは瞬時に言い方を変えたり、ユーモアを交えたり、内容を思い切って短くしてしまうこともあります。

これらはすべて、「伝えるとは自分の言いたいことを言うこと」ではなく、「その場において、適切な伝え方をすること」という大前提を知っているからです。

このことを理解していないと、飛びつきやすいテクニックに走った挙げ句、「なんかいろいろ言ってるけど、この人の言うことって頭に入ってこないな」といった印象を与えかねません。

その場において適切な伝え方をするためには、その場において適切な物の考え方をすることが大切です。

この章では、ひと言でまとめるために必要な、11の考え方と方法をお伝えします。

【ひと言でまとめるための思考と法則・その10】名前をつけて伝える─ネーミングの法則

■あなたがつけた名前で、物事はいきいき動き出す。

あなたの周りに名前がない方はいないですよね?

この世の中には、名前がないものは存在していません。

だから、映画『千と千尋の神隠し』では、主人公の千尋は名前を取り上げられて苦しみますし、名クラシック番組『題名のない音楽会』は、それ自体が「題名」です。

ときどき、意識の高いアーティストが自分の作品につける「無題」という名前も同じです。「無題」は真に「無題」ではなく、それがタイトルなのです。

コピーライターには、商品やサービス、企業の名前を考える「ネーミング」という仕事があります。

かつて私は「SUGOCA」というJR九州のICカードのネーミングに携わりました。新しく世の中に出ていくものにわかりやすく覚えやすい名前をつけるという、とてもやりがいのある言葉づくりの仕事です。

この「ネーミング」を応用したのが、「ネーミングの法則」です。

身の回りにある複雑な状況やまとめづらい状態を見つけたら、それに名前をつけてしまうのです。それによって理解が深まり、ときに解決策を生むことがあります。

たとえば私は10年ほど前に、放送、広告、出版、映画業界などの人たちがボーダレスに集う異業種交流会を立ち上げました。

その会の名前が、「放送、広告、出版、映画業界交流会」といったものだったらどうでしょう? 堅い印象もしますし、「どんな人が来るのかな?」とワクワクもしないと思います。

そこで、「この会は何かをつくっている人が集まる場にしよう」という結論にたどり着き、「つくる人の会」という名前にしました。

目的も明確になったことで、「つくる人の会」に参加しませんか? とフランクに誘うことができ、日本アカデミー賞や直木賞を受賞した方など、100名を超えるメンバーが集まってくれました。

もうひとつ例を挙げます。

私の会社では、会議や勉強会に名前をつけるのが上手な人がいます。

みんなが苦手な法律関係の会議には、「3時間であなたも新しい法律マスター会議」。あるいは他業界の方々を呼んで行うセミナーには、「着火会」と名前をつけていました。未来に明かりをともし、想像力やモチベーションに火をつけるという、なかなかうまいネーミングです。

さらには新しい名前をつけることによって、会議の目的や方向性も明確になります。

ちなみに警察ドラマによく出てくる、捜査本部の入り口に貼られた「◯×△連続殺人事件」といった事件名。あれは警察用語で「戒名」と言いますが、上層部の偉い人が考えてつけるそうです。戒名のなかに事件の概要や性質、捜査エリアなどが凝縮されて表現されることで、捜査員が明確に動けるようになるのです。

さっそくあなたも、身の回りのものや自分のアクションに、この本のなかの法則や技術を使いながら、わかりやすく端的な新しい名前をつけてみてください。

★ ★ ★

いかがだったでしょうか?

「ひと言でまとめる技術」はビジネスパーソンの悩みだけを解決する技術ではありません。話をしてもパートナーに言葉が届いていないと感じている方。自分は面白いと思ったのに、友人の反応はイマイチ。ちゃんと伝えたつもりなのに間違った料理を出されてしまった。こんな悩みも解決する伝え方のコツも満載です。

「伝え方」を追求し続けてきた著者が、すべての「伝え方」で悩む人たちに手にしてほしい技を是非、書店でチェックしてみてください。

『ひと言でまとめる技術
言語化力・伝達力・要約力がぜんぶ身につく31のコツ』
著/勝浦雅彦/アスコム

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

勝浦雅彦
(かつうら・まさひこ)
コピーライター。法政大学特別講師。宣伝会議講師。
千葉県出身。読売広告社に入社後、営業局を経てクリエーティブ局に配属。その後、電通九州、電通東日本を経て、現在、株式会社電通のコピーライター、クリエーティブディレクターとして活躍中。また、15年以上にわたり、大学や教育講座の講師を務め、広告の枠からはみ出したコミュニケーション技術の講義を数多く行ってきた。クリエイター・オブ・ザ・イヤーメダリスト、ADFEST FILM 最高賞、Cannes Lions など国内外の受賞歴多数。著書に『つながるための言葉』(光文社)がある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。