小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホアプリ、PCブラウザでも使えるGoogle MeetのWeb会議、時間制限はある?

2023.11.22

「Google Meet」は、基本無料で利用できるビデオ通話サービス。近年増えているWeb会議にも使用できるため、多くの人が主にビジネスシーンで活用しているのではないでしょうか。

Google Meetのほかにもビデオ通話ができるサービスとして、ZOOMやMicrosoft Teamsといったアプリが配信されていますが、多くの場合、1回のビデオ通話に上限時間が設けられています。では、Google Meetでのビデオ通話に、時間制限は設けられているのでしょうか。詳細をチェックしていきましょう。

iPhone、Androidスマホ版Google Meetに時間制限はある?

まずは、スマートフォンアプリ版、PCブラウザ版のGoogle Meetで行うWeb会議にて、無料版、有料版の時間制限を確認していきましょう。

Google Meetは「2人」か「3人以上」かによって時間制限が変わる?

Google Meetのビデオ通話を使用するうえで重要なのが、ビデオ通話の参加人数です。

1対1のWeb会議の場合、上限時間は24時間。参加人数が3人以上の場合は、上限時間が1時間となります。これはスマートフォンアプリ、PCブラウザのどちらでも共通となっています。

ただし、一部のGoogle Workspaceエディションに加入した場合、Web会議の時間は延長されます。

【参照】Google Meet ヘルプ

Google Meetの時間制限を解除、延長する方法

無料版のGoogle Meetの会議時間は、1対1の場合は24時間、3人以上の場合は最大1時間と紹介しましたが、有料版の「Google Workspace」に加入することで、会議時間を延長することができます。

Google Meetの時間制限を延長するには有料版(Google ワークスペース)への課金が必要?

Google Meetを使って、3人以上のビデオ通話を1時間以上継続させたい場合、基本的には有料プランとなるGoogle Workspaceに加入することになります。Google Workspaceには多数のプランが用意されていますが、最も安価な「Business Starter」プランでも、3人以上(最大100人)のビデオ会議が、24時間利用できます。

そのほか、「Google for Education」に加入しても、Google Meetの会議時間を延長することができますが、こちらは教育市場向けのプランとなっているため、一般的なビジネスシーンでは活用できません。

【参照】Google Workspace

Google Meetの時間制限を延長できる有料プランの料金表をチェック

では、Google Meetの会議時間を延長できるGoogle Workspaceの料金プランをチェックしていきましょう。

誰でも契約できるGoogle Workspaceの料金プランは「Business Starter」「Business Standard」「Business Plus」の3プラン。それぞれ料金は、1人あたり680円/月、1360円/月、2040円/月となります。

Google Meetの機能でいえば、この3プラン共通で3人以上の会議時間も最大24時間へと延長が可能。また、最大参加人数は、Business Starterプランが最大100人、Business Standardプランが最大150人、Business Plusが最大500人となります。

Google Meetの基本的な使い方をおさらい

ここまで、Google Meetの参加人数上限や、有料プランであるGoogle Workspaceの月額料金について紹介してきました。

ここからは、スマートフォン版アプリにて、Google Meetの基本的な使い方について紹介していきます。

Google MeetのWeb会議の参加方法

スマートフォンアプリ版のGoogle Meetでビデオ会議に参加する場合、基本的には会議の開催を知らせるメールやURLが通知されるので、そちらをタップすればOKです。

自身で新規会議を開催する場合は、Google Meetアプリを開き、「新規」>「新しい会議を作成」の順にタップし、「会議に参加」に進めば完了します。

Google Meetで会議に表示される名前を変更できる?

Google MeetでのWeb会議に表示される名前は、基本的にGoogle アカウントに登録した名前がそのまま表示されます。そのため、ビデオ会議ごとに名前を変更することはできません。

そのため、Google Meet上に表示される名前を変更したい場合は、Google アカウントの名前ごと変更する必要があります。スマートフォンからの操作方法は、後述の通りとなります。

iPhoneでGoogle Meetに表示される名前を変更する方法

1.Google系アプリ(今回はGmail)を開き、右上のアカウントアイコンをタップ。「Google アカウントを管理」に進みます。

2.「個人情報」のタブを開き、「名前」をタップ。任意の名前に書き換えればOKです。

AndroidスマホでGoogle Meetに表示される名前を変更する方法

1.設定アプリを開き、「Google」>「Google アカウントの管理」へと進みます。

2.「個人情報」のタブを開き、「名前」をタップ。任意の名前に書き換えればOKです。

Google MeetでのWeb会議中に背景を変更する方法

スマートフォン版Google Meetで、自分が映っている画面の背景を変更する方法は下記の通りです。

1.Google Meetでのビデオ通話中に、自分が映っている画面に表示されている、星が3つ並んだアイコンをタップします。

2.エフェクトの一覧が表示されるので、下部タブから「背景」を選択し、任意の背景をタップします。

Google Meetを使って画面の共有はできる?

スマートフォン版のGoogle Meetアプリでも、画面の共有は可能。右下にある3点リーダー(縦)をタップし、「画面の共有」を選択。ポップアップが表示されるので、「続行」に進めばOKです。

Google Meetで行ったWeb会議は無料版でも録画できる?

無料版のGoogle Meetの場合、ビデオ会議の様子を録画しておくことはできません。会議の録画ができるのは、Google WorkspaceのBusiness Standardプラン、Business Plusプランとなります。

※データは2023年11月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/F.さとう

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。