小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と実践していない!PayPayをもっとお得に使うための5つの技

2023.11.18

PayPayの公式ガイドブックを発刊した坂井きょうこ(スマっ子)さんに、便利でおトクなPayPay生活を教えてもらおう。

初めての人からすでに使っている人まで、きっと役に立つ裏ワザ5つを厳選してご紹介。日常生活で便利に使いこなすコツを身に着け、もっと快適なPayPay生活をスタートさせよう。

もっとお得に使うための5つの技

キャッシュレス決済のメリットやお得に関する情報をYouTubeやブログ、Xで発信している坂井きょうこ(スマっ子)さんは、このほどPayPayの公式ガイドブックである「PayPayではじまる最高に便利でおトクな生活[PayPay公式ガイドブック]」(SBクリエイティブ、定価1430円)を発刊した。普通に生活するだけでポイントを獲得する方法などを詳しく紹介している。

今回は新刊書から厳選して、もっとお得に使うための5つの技を特別公開。便利に使うコツを教えてもらった。

その1:クーポンを便利に使う

PayPayでは対象店舗での支払い時にポイントが付与されるPayPayクーポンを配布している。このクーポンはPayPayアプリ内で獲得できるのでぜひ利用したい。

各クーポンには最低支払金額や付与条件などの適用条件があるため、お店を利用する前に詳細を確認しておく。

また、クーポンを利用して付与されるポイントとは別に、PayPayステップのポイント(0.5~2%)も合わせて付与される。PayPayステップの付与率が10%のユーザーが5%の付与率のクーポンを利用した場合、合計で6%のポイントが付与される。

6%ポイント付与の場合、1000円の支払いでは60円分のポイントを獲得できるので、家族で3~4000円の食事をしたら合計で160~240円分のポイントが獲得できる仕組みに。

ソフトバンクのユーザーは毎月「スーパーPayPayクーポン」をもらうことができるのでさらにお得。このクーポンは最大半額相当のPayPayポイントが戻ってくることがあるなど、通常のクーポンよりもかなりお得になっている。

その2:PayPayのさまざまなキャンペーンを使う

PayPayの大きな魅力の一つとして、短期間でたくさんのポイントを獲得できる付与率の高いキャンペーンがあげられる。誰でも参加しやすく、ポイントも貯まりやすいお薦めのキャンペーンを知っておこう。

特にお得なのが自治体キャンペーン。地元経済の活性化を目指したキャンペーンで、自治体によりサービスの内容はいろいろあるが、購入金額の20~30%のポイントが付く場合も。対象店舗には応援マークがついているので、ぜひ確かめてみて。

また、自治体以外にも期間中にPayPayポイントを使って支払うと、PayPayポイントの使用額に応じたポイントがもらえるキャンペーンや、ソフトバンクを利用しているユーザー限定でPayPayポイントをもらえる長期継続特典などもある。

その3:さらにお得な「超PayPay祭」を使う

超PayPay祭はPayPayが開催する大規模キャンペーンのこと。期間中にはお得なクーポンが発行されるなど、通常よりもお得に利用できる。

今年6~8月に目玉キャンペーンのひとつとして「PayPay本人確認ジャンボ」が行われた。これは抽選で一等が当たると、支払いが全額戻ってくるキャンペーンだった。

その4:キャンペーンの適用条件や注意点を知っておく

ポイントをたくさん獲得できるキャンペーンでは、参加条件があり、条件を満たさないとキャンペーンのポイントが受け取れない仕組みになっている。参加する場合はこの条件を把握しておく必要がある。

参加条件は店舗ポスターやPayPayアプリのホームにある「ポイント」アイコン内のおトク情報から確認できるので、ぜひ知っておこう。

特に多くのキャンペーンでクレジットカードやPayPay商品券で支払った場合にはポイント付与の対象外になる。また、多くのキャンペーンでは「一回の支払いにおける付与上限」「キャンペーン期間中における付与上限」が設定されているので、上限に達した場合は、それ以上、購入してもポイントは付与されない。

さらに自治体のキャンペーンは予算額が決められており、この予算に達した場合は予定期間より早くキャンペーンが終了することもある。参加したいと思ったら早めに参加した方が良い。

ドラッグストアなどのチェーン店がキャンペーン対象店舗の場合、必ずしもすべての店舗が対象とはならない場合もある。商業施設内や駅ナカの店舗など、対象外になる場合があるので、利用する時はその点も注意したい。

その5:スタンプカードを使う

PayPayではスタンプカードをスマートフォンの中に持つことができるのが便利。紙のスタンプカードは忘れたり、無くしたりすることが多いが、スマートフォンならばそうした不便が解消される。カードの出し忘れもなくなり、スタンプが貯めやすくなる。

貯まったスタンプの数に応じて、プレゼントチケットをもらうことができる。スタンプカードの加盟店でプレゼントと交換できる。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年11月16日(木) 発売

DIME最新号の大特集は「ポイント大再編時代の賢い稼ぎ方」「シン・家電ブランド大図鑑」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。