小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

雑談が苦手でも30秒で打ち解ける!話すのが苦手な人は積極的に「聞く人」になればいい

2024.01.12

【雑談力ゼロでもすぐにできる5つのこと】雑談に「観覧者」として参加する

「雑談=相手と話をすること」

これは、実は間違っています。無理して話さなくてもいい雑談もあるのです。

雑談は、話すだけではないのです。

雑談に臨むとき、たいていの場合は「ちゃんと発言しなくちゃ」「うまくコメントしなきゃ」と思いがちです。

でも、考えてみてください。

Aさん・Bさん・Cさん・Dさんがいたとします。

もしも4人ともが話好きで、それぞれ思い思いにしゃべり出したとしたら……

想像するだけでカオスです(ときどきそういう場に出くわします)。

「話す人」がいれば、それを受けとめる「聞く人」も必要。聞く人がいないと雑談は成り立ちません。

雑談には、「話す」という役割の人と、「聞く」という役割の人とがいます。

つまり、「聞く」も雑談のうちなのです。

だから、話すのが苦手な人は、積極的に「聞く人」になればいい。

そう考えると、「うまく話せない」という、しんどい気持ちから解放されるんじゃないでしょうか。

さらに、雑談には「聞く」以外の役割もあります。それが、「観覧者」という役割です。

3人組の漫才やコントを思い出してください。

2人組ではなく、なぜ3人組なのでしょうか。2人のほうが、ボケとつっこみがリズムよく進みそうなのに、なぜもう1人いるのでしょう。

実は、残りの1人は「観覧者」の役割をしています。

2人のやりとりを見て、同意したり、少し離れた立場からツッコんだり。

「話す人」「その話を聞く人」の他に、「そのやりとりを楽しむ人」という観覧者がいてこそ、さらに話が盛り上がっていくのです。

テレビのバラエティ番組に観覧者を入れることがありますが、あれは観覧者がいるほうが、場が盛り上がるからです。

同じように、場をにぎやかせるための「ガヤ」と呼ばれる人たちがいます。これも、番組を盛り上げているわけです。

雑談は、会議やプレゼンと違い、話をするときに、なんらかのリアクションがあったほうが、人は話しやすく感じます。

話すことがしんどい人は、「聞く役割」「観覧者として楽しむ役割」になればいいのです。

しゃべらなくてもいい。

うなずいたり、笑ったり、みんなの会話を一緒になって楽しんでいる。

そんな聞き手や観覧者がいることで、気持ちよく話せる人がいる。

これも、雑談には必要な、立派な役割です。

■みんな、自分の話を聞いてほしい

そもそも、自分の話を聞いてほしい人はたくさんいます。

世の中は、自分の話をしたい人であふれている。

これは、大事な真実なので二度言います。

多くの人の心の中には、「聞いて、聞いて!」という思いがあるのです。大の大人であっても!

聞いてくれる人がいると、普段恥ずかしがっているような人も雄弁になります。多くの人は、話す人より、聞いてくれる人を求めているのです。

だから、がんばって話をしようと努めるのではなく、少し考え方を変えてください。饒舌にしゃべれるようにはならなくていいのです。

「ちゃんと、あなたの話を聞いてるよ」という姿勢を見せるように心がける。

まずは、この一点さえできれば、それでOKです!

私の教え子で、アニメのプロデューサーの業務に就いている女性がいます。主な仕事は、多くのアニメーターと話をすること。

彼女から「聞き専」という言葉を教えてもらいました。

もとの意味は、リモート会議などで、マイクをミュート状態にして、人の話を聞くだけの人をさします。そこから派生して、「人の話を聞く専門の人」をさすようになったそうです。

彼女は、アニメーターや制作関係者と打ち合わせをするとき、まずは自分が「聞き専」になって、黙って話を聞くようです。

すると、「この人は、私の話を聞いてくれる!」と思った相手が、本音や日頃の不満を話し出すとか。

その話から、「聞き専」という一見受動的に見える態度が、人間関係には求められていると教えられました。

自分からうまく話せないことに、落ち込む必要はありません。

むしろ、「聞くプロ」「観覧者のプロ」を目指すくらいの気持ちで、まずは雑談に参加してみましょう。「聞き専」から雑談をはじめようじゃないですか!

相手が気持ちよく話せるような「聞き方」ができれば、それは立派な雑談上手と言えます。

〈ポイント〉
まずは、話を聞く。「聞き専」として雑談に加わる。

★ ★ ★

雑談が上手い人が話す前にやっていること
著/ひきたよしあき/アスコム

ひきたよしあき
コミュニケーション コンサルタント。
スピーチライター。
大阪芸術大学芸術学部放送学科 客員教授。
早稲田大学法学部卒業。博報堂に入社後、クリエイティブディレクターとして数々のCMを手がける。
政治、行政、大手企業などのスピーチライターとしても活動し、幅広い業種・世代の価値観、世代間のギャップ、言葉遣いの違いなどを分析し、コミュニケーション能力が高まる方法を伝授する。
また、大阪芸術大学、明治大学、慶應MCCなどで教え、「はじめて『わかった!』と心の底から思えた講義」「一生ものの考える力が身につく」と学生や社会人から支持を集める。
教育WEB「Schoo」では毎回事前予約が約20,000人、朝日学生新聞社「みんなをつなぐ新聞WEB」では、毎回1,200人近い子どもと保護者が参加する人気。
著書に『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』(大和出版)、『大勢の中のあなたへ』(朝日学生新聞社)、『トイレでハッピーになる366の言葉』(主婦の友社)など。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。