小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

成長はいつかは止まるもの!雑談力を一生もののスキルに育てる方法

2024.02.06PR

初対面の人や苦手な人といっしょにいる時、一瞬の沈黙が妙に長く感じられることはありませんか? 何か会話をしたいけど、何を話していいかわからない。せっかく話しかけてもらっても、うまい返しができなくてすぐに話が切れてしまった。そんな経験がある人は多いと思います。

そのたびに、「あ~、なんて自分はダメなんだ」と自分を責めてきませんでしたか。仕事でも、プライベートでも、世の中は雑談をする機会にあふれています。だから、「雑談が苦手だ」というマインドを持っていると、思いのほか、ストレスを感じることが多くなります。でも、そうした負の感情であなたの心を満たすのは、
今日でおしまいにしましょう。

ペラペラと饒舌にしゃべることだけが雑談ではありません。あなたは、あなたにできそうなことをやりつつ、ちょっとずつ雑談の技術を身につければよいのです。そんな雑談のテクニックがまとまった書籍雑談が上手い人が話す前にやっていることの中から一部を抜粋・編集し、雑談でたくさんモヤモヤを解消するヒントをまとめました。

【雑談力を一生もののスキルに育てるコツ】雑談力の成長は右肩上がりには起こらない

英語を教えている人に、こんな話を聞いたことがあります。

「英語って、ある日突然しゃべれるようになったりするんです」

そんなことがあるのかと思い、詳しく聞いてみると、こういうことだそうです。

「英語の習得は、右肩上がりにできるようになるわけではなく、勉強しても、定期的に階段の踊り場みたいに、成長が止まったように感じる時期があるんです。でも、あきらめずにそこでも努力をしていると、そのあと一気に英語の力が上がったりするんです」

この話を聞いたときに、英語の学習にも成長の法則性が関係していることを知りました。

この、何かしらの努力を続けているにもかかわらず、成果が現れない時期を「プラトー現象」と言います。

特に、スポーツの世界でよく語られる上達のプロセスです。

サッカーでも野球でも、やりはじめたころはぐんぐん上手くなります。この時期は、やればやるほど成長が感じられ、面白くて仕方ないことでしょう。

しかし、ある日突然、成長が止まります。

こうなると、何をやっても上手くできない。どんなに努力をしても、目に見えた効果が現れません。

この、壁にぶち当たった状態を「プラトー」と言います。

「プラトー」とは「高原」のこと。

ずっと右肩上がりで成長してきたのに、突然、横ばいになる。それが、高原のように、果てしなく平らに続いているように思えるのです。

ここで挫折をしてしまう人が多くいます。

やってもやっても成長の実感がないので、つらくなってしまうわけです。

雑談力を向上させる場合も、このプラトー現象が当てはまります。

この本で紹介してきたさまざまな方法を実践してみると、最初のうちは目に見える成果があるかと思いますが、じきに、それ以上の成果が見えにくくなることもあると思います。

そうなってしまうと、そこで、「もう、がんばるのはやめよう」と思うかもしれません。

「もう、努力してもムダだ。誰も私の話にふり向いてくれない。話の輪に入るの、ちっとも楽しくない! 雑談、やっぱりしんどい!」

と、弱音を吐きたくなるかもしれません。

でも、そこであきらめないでください。

この「プラトー」の状態は、「スランプ」とは違います。

「スランプ」は、できたことができなくなることです。

一方で、「プラトー」は、次のことができるようになるための準備期間です。

何かを成し遂げようとするには、一定量の時間と経験を費やさなければなりません。

より飛躍するために、「今は力をためている状態」なのです!

プラトーの間は、どうしてもつらい気持ちが先行し、何度もあきらめたくなったりします。

これは、どんな人にも来るそうです。きっと、大リーガーの大谷翔平選手でも、何度もプラトーを経験しながらも、あきらめずにがんばり続けたからこそ、今の活躍があるはずです。

ここで、がんばりを投げ捨てないことです。「自分はダメだ」とあきらめないことです。

不思議なもので、ある時期を過ぎると、「プラトー」が消えて、その代わりに急激な、右肩上がりの成長の時期が来るのです。

昨日までの絶不調がウソのように、急成長する。

ただ、続けていくと、その後も再び「プラトーな状態」がやってきます。

総じて言うと、勉強でも、スポーツでも、雑談力を身につけることも、何かを達成しようとしたいならば、伸びている時期とプラトーの時期が交互にやってくるのです。

なので、プラトーの存在を知っておくだけで、取り組む意識は大きく変わると思います。

「あ、いまの自分はプラトーなのかもしれない。ここであきらめずに続けていれば、どこかで急成長するはずだ」

そう思えれば、挫折を避けることができますよ。

〈ポイント〉
雑談で上手くいかないことがあってもあきらめない。続けていけば、できるようになるときがきっと来る。

★ ★ ★

いかがでしたでしょうか? 

初対面でも、苦手な人でも、もう怖くない会話が得意じゃない人でも大丈夫! 本書を読めば苦手な雑談がたのしくなる秘けつを学べるはずです。

以下のような「雑談コンプレックス」を持つ方は是非、書店でチェックしてみてください。
●まずもって、何から話したらいいのかわからない人
●「これを話したらどう思われるだろう?」など、相手の気持ちを考え過ぎて話せない人
●「雑談が上手い人は、話が上手い人」(だから、自分は無理)と思っている人
●雑談で失敗した経験が忘れられず、「自分は話ベタ」と苦手意識を抱えている人
●本やYouTubeで話し方を勉強しているが、なかなかうまくいかない人
●社会人になってから、友人以外と雑談することに苦痛を感じている人
●リモートが増えて人との対話・雑談に苦手意識が増した人、もともと苦手な人
●親しくない人と話すとき、チャットはできても、顔を合わせての会話に自信がない人
●天気の話すらできない、対面だと「最初の一言」を話すのが怖い人
●「傾聴力が大事」と言われ過ぎて、つかれている人
●目的のない会話の仕方がわからなくて、苦手を感じている人

「雑談が上手い人が話す前にやっていること」
著/ひきたよしあき/アスコム

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

ひきたよしあき
コミュニケーション コンサルタント。
スピーチライター。
大阪芸術大学芸術学部放送学科 客員教授。
早稲田大学法学部卒業。博報堂に入社後、クリエイティブディレクターとして数々のCMを手がける。
政治、行政、大手企業などのスピーチライターとしても活動し、幅広い業種・世代の価値観、世代間のギャップ、言葉遣いの違いなどを分析し、コミュニケーション能力が高まる方法を伝授する。
また、大阪芸術大学、明治大学、慶應MCCなどで教え、「はじめて『わかった!』と心の底から思えた講義」「一生ものの考える力が身につく」と学生や社会人から支持を集める。
教育WEB「Schoo」では毎回事前予約が約20,000人、朝日学生新聞社「みんなをつなぐ新聞WEB」では、毎回1,200人近い子どもと保護者が参加する人気。
著書に『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』(大和出版)、『大勢の中のあなたへ』(朝日学生新聞社)、『トイレでハッピーになる366の言葉』(主婦の友社)など。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。