小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大谷翔平に学ぶ才能の磨き方

2023.12.31PR

日本人選手初のホームラン王獲得、WBC優勝、MVP受賞など先入観を覆し、不可能を可能にする大谷翔平選手の活躍はいつも我々に勇気を希望を与えてくれます。

私たちは、大谷選手が突然凄い才能を獲得したような錯覚を持ちます。しかし、事実はそうではありません。大谷選手はプロセスを徹底的に追求することの大切さを誰よりも理解しています。
「大きな夢は小さな目標の総量である」、つまり「結果」ではなく「プロセス」に意識を置いているのです。「小さな目標の実現」に果敢に取り組む。その小さな習慣こそが偉大な成果を上げる必須の要素ということだと思います。

昨日より今日、今日より明日。自分史上最高の自分にめぐり逢うための「ポジティブ思考」の神髄に迫る話題の書籍『「できない」を「できる」に変える大谷翔平の思考法』この記事では、本書より一部を抜粋・編集し、自分を成長させる大谷選手の思考法を解説していきます。

【大谷翔平選手の直感力が彼を偉大なメジャーリーガーに仕立てた】あなたにとって、「才能」とは何だろう?

2022年8月9日、大谷選手は、対アスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で出場。6回4安打無失点で自己最多10勝目をマーク。1918年のベーブ・ルース以来、104年ぶり2人目の「2桁勝利&2桁本塁打」を達成し、昨季も含めて通算7度目の挑戦で、歴史の扉をこじ開けました。

この日は投手で6回無失点、打者では7回にダメ押しの25号ソロ。そして、7月6日の今季10盗塁と合わせ、MLB 史上初の「トリプルダブル」も達成してみせたのです。試合後、大谷選手はこう語っています。

「単純に(今まで投打)2つやってる人がいなかったというだけかなと思う。それが当たり前になってくれば、普通の数字かもしれない」(スポニチアネックス2022・8・10付)

大谷選手のメジャーリーグにおける活躍は、彼の生まれ持った才能によって支えられていると多くの人々が考えています。しかし、本当にそうなのでしょうか?

ここで「才能とは何か?」について私の考え方を披露しましょう。才能はダイヤモンドの原石に似ています。ダイヤモンドは、原石のままでは商品にはなりません。たっぷり時間をかけてこの原石を研磨することにより、価値のある高価なダイヤモンドに変わるのです。あるとき、大谷選手はこう語っています。

「常にきっかけを求めて練習しているというのはあります。ひらめきというか、こういうふうに投げてみよう、こうやって打ってみようというのが、突然、出てきますからね。やってみて何も感じなかったらそれでいいし、継続した先にもっといいひらめきが出てくることもあります。常にそういうひらめきを追い求めているんです。自分が変わるときは一瞬で上達しますし、そういうきっかけを大事に考えて練習していますね」(『大谷翔平 野球翔年Ⅰ日本編2014 〜 2018』文藝春秋)

人は誰もが何かしらの才能を持っているものです。しかし、自分は何の原石なのか、まずはそれを見極めなければなりません。

「才能」という可能性を見極めて、そこに「鍛練」という行為を積み重ねて、初めて私たちはその分野で成功をつかみ取ることができるのです。

一口に才能と言っても、そこには多くの可能性が存在します。たとえば、スポーツ界では「その種目の才能がある」という先天的な要素が必須になります。一方、ビジネス分野においては才能というよりは、「着想」とか、「ひらめき」といった後天的な要素が生命線になるでしょう。

あなたは「流動性知能」と「結晶性知能」という2種類の知能を知っていますか?「流動性知能」の代表格は知識、計算、思考といった言語機能が主役になる知能です。学生時代のテストや受験勉強がその典型例です。

一方、「結晶性知能」は、キャリアを積むことによって得られる非言語のスキルのこと。大谷選手のバッティングやピッチングは結晶性知能の典型例でしょう。この2種類の知能と年齢との相関関係を図表12に示します。

図を見てもわかるように、結晶性知能は年齢と共に右肩上がりのラインを描きます。つまりこの知能を獲得するには長いキャリアが求められるのです。人間国宝と言われる特殊な才能を極限まで高めた人たちのスキルは結晶性知能であることは明白でしょう。

これからの時代で求められるのは、間違いなく「結晶性知能」です。もはや記憶力の優劣でその人間の優劣を判断するのは時代遅れです。

キーワードは「稀少価値」です。その仕事に社会的ニーズがあり、その分野で稀少価値のある人はますます引っ張り蛸になるでしょう。

大谷選手は打つことも投げることも一流ですが、投打で一流になるという着想は、これまでの野球選手の概念を根本的に変えてしまったと言えます。およそ100年前に活躍したベーブ・ルースと比較されることもありますが、置かれた時代がまるで違うのです。普段の心構えについて、大谷選手はこう語っています。

「オフに取り組んできたものが試合で出来た時はもちろん嬉しいですけど、練習の中でも『うまくなる瞬間』を感じるときがあります。そういうときは嬉しいですね」(『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』扶桑社)

メジャーリーグという習熟したプロ社会では、「投げる」「打つ」どちらかの才能が不可欠ですが、現代のスポーツ界では不可能であるとされた「打者」と「投手」の両面で頂点を目指すという大谷選手特有の着想が彼を希有なアスリートに仕立てたのです。

誰もが安価で手に入れることのできる情報の価値は近年著しく下落しています。自分の「売り」を「稀少価値」と「社会のニーズ」という二つの尺度で判断して、そのスキルを極限まで高めることに努めてください。

★ ★ ★

いかがでしょうか?

大谷選手を超一流のアスリートへ飛躍させた思考法にはビジネスパーソンも学ぶことも多いと思います。ぜひ日々の小さな目標の実現を目指して一歩一歩、「できない」を「できる」に変える努力をしてもらえればと思います。

さらに詳しい解説は児玉光雄さんの著書、『「できない」を「できる」に変える大谷翔平の思考法』をチェックしてみてください。

「できない」を「できる」に変える大谷翔平の思考法
著/児玉光雄/アスコム

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

児玉光雄
1947年兵庫県生まれ。追手門学院大学スポーツ研究センター特別顧問、元鹿屋体育大学教授。京都大学工学部卒。大学時代はテニスプレーヤーとして活躍し、全日本選手権にも出場。カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)大学院で工学修士号を取得。米国五輪委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として、米国五輪選手のデータ分析に従事。過去30年以上にわたり、臨床スポーツ心理学者として、ゴルフ、テニスを中心に数多くのアスリートのメンタルカウンセラーを務める。また、右脳活性プログラムのカリスマ・トレーナーとして、これまで数多くの受験雑誌や大手学習術に右脳活性トレーニングを提供。この分野の関連書は100冊以上、累計発行部数は150万部を越える。主な著書はベストセラーになった『この一言が人生を変えるイチロー思考』(知的生きかた文庫)をはじめ、『大谷翔平 勇気をくれるメッセージ80』(三笠書房)、『能力開発の専門家が作ったそうぞう力とさんすう力がみるみる育つこども脳トレドリル』『頭がよくなる!「両利き」のすすめ』(いずれもアスコム)など200冊以上。日本スポーツ心理学会会員、日本ゴルフ学会会員。
ホームページ
Facebook

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。