小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一緒に食べると仲良くなったと感じる料理、3位寿司、2位焼肉、1位は?

2023.11.18

2人に1人が今後、鍋を通して相手と仲良くなりたいと思っていることが明らかに

さらに、相手と仲良くなるために鍋を食べた経験がない人に対して、「今後仲良くなるために鍋を食べてみたいか」と聞いたところ、「食べてみたい」と回答した人は49.4%と、約半数の人が仲良くなる手段として、興味をもっていることが判明した。

仲直りをしたい相手と「鍋」を食べ、実際に仲直りした経験があると回答した人は3人に1人!

仲直りをしたいと思っている相手と一緒に鍋を食べ、実際に「仲直り(関係性を修復)をした」もしくは「少し仲直り(関係性を修復)をした」と回答した人は34.8%となり、約3人に1人が実際に仲直りした経験があることがわかった。

さらに、仲直りのために鍋を一緒に食べたことはないが、今後食べてみたいと回答した人は45.1%と半数近い結果となり、鍋は相手と仲良くなるだけではなく、仲直りするためにも効果的であることがわかった。

鍋を一緒に食べると仲良く・仲直りできる(できそうな)理由の第1位は、「鍋を囲むことで会話が生まれた(生まれそうだ)から」

仲良くなれた(なれそうな)、あるいは仲直りできた(できそうな)理由について聞くと、共通して1番多かった回答が「鍋を囲むことで会話が生まれた(生まれそうだ)から」という結果に。みんなで1つの鍋を囲み、同じ鍋をつつくことで、自然と会話が弾み、コミュニケーションが生まれることから、相手との良好な関係構築に繋がっているようだ。

<調査概要>
・調査タイトル:「鍋による心理的効果に関する意識調査」
・調査対象:全国、20~60代の男女計1,000名
・調査方法:WEB調査
・調査期間:2023年8月31日(木)〜2023年9月1日(金)
・調査主体:株式会社Mizkan

出典元:ミツカン調べ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。