小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一貫性は一切なし!迷える50代以上を明るい明日へ導く本

2023.11.19

寺田剛治寺田剛治
趣味系を担当しつつも、特集次第で何でもござれ! とページ作りに奔走するおっさん編集。手に取る本も同じく、何でもござれ! ビビビときたら、迷わず購入する派です。

同人誌発のBL小説を一般書化。三浦しをんによる解説も読みごたえあり!!

箱の中箱の中

著/木原音瀬
講談社 924円

某書評誌が「BL会の芥川賞作」と謳っていたので、気になり購入。美男同士の恋愛やくんずほつれる的なものを想像してはいけない。心の機微を丁寧に描き、真っすぐな純愛小説に仕上げているのだ。BLというジャンルでくくるにはあまりに文学的。私は泣いた。

世の中のアホに鉄拳制裁、巷に蔓延するカン違いを叱りまくる

B型陳情団B型陳情団

著/奥田英朗
講談社 1068円

数々の文学賞に輝く著者が、小説家としてデビューする前に出版された黒歴史的(?)な雑文集。若かりし頃の筆者が四面楚歌をものともせず、屁理屈をこねくり回し、アホをアホと言い切るのだ。コンプライアンスなんて言葉がない時代の作品なので痛快です(笑)。

伊豆山中に居を構えた〝アラ還〟漫画家のゆるすぎる暮らしにニヤリ

日々我人間(ヒビワレニンゲン)日々我人間(ヒビワレニンゲン)

作/桜 玉吉
文藝春秋 990円(全3巻)

『週刊文春』連載の散文的マンガ。伊豆の山奥に暮らす筆者の日常を描いているのだが、かなりの頻度でムカデが登場。次第に筆者が目視、カサッという音、しまいには気配だけで発見できるようになるなど、ムカデ限定でニュータイプ化していくのがオモロい。

ちり積もっていく小さなストレスで、主人公が〝キレる〟までの過程がリアルでヒリヒリする

ブラックボックスブラックボックス

著/砂川文次
講談社 1705円

前半は自転車便で生計を立てる主人公の日常、後半は刑務所という2部構成。急に場面が変わるので「なんで!?」と驚く。彼が起こしたのは暴力事件。自分も若い頃キレがちだったな、抑えるの大変だったな、大事に至らなくてよかったな……と感情移入してしまった。

無機質な裁判官のイメージが変わる!生々しい彼らの肉声を集めた語録集

裁判官の爆笑お言葉集裁判官の爆笑お言葉集

著/長嶺超輝
幻冬舎 792円

淡々と判決文を読み上げるイメージがある裁判官だが、本書には個性あふれる肉声を収録。一番刺さったのがコレ。「暴走族は、暴力団の少年部だ。犬のうんこですら肥料になるのに、君たちは何の役にも立たない産業廃棄物以下じゃないか」。ワードセンス半端ない!

文/編集部


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年11月16日(木) 発売

DIME最新号の大特集は「ポイント大再編時代の賢い稼ぎ方」「シン・家電ブランド大図鑑」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。