小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

外出する機会が増えて変化あり!?今年ヒットしたファッションアイテムを総まとめ

2023.11.24PR

初のゴルフシューズは3万足超を販売

Find-Out『スウィングトーション』Find-Out『スウィングトーション』

2900円

ゴルフYouTuberと開発し、ワークマンがPBで展開するゴルフウエアシリーズが好調だ。本品は、1足3000円という常識を覆す驚きの低価格と、初心者でも扱いやすいスパイクレス仕様が特徴。初のゴルフシューズは1か月間で平均約1万足を販売するヒット商品に。

外国人の需要拡大で発売2か月の売り上げ前モデルの4.7倍

プロテカ『スタリアCXRスーツケース(103L)』プロテカ『スタリアCXRスーツケース(103L)』

8万300円

美しい鏡面ボディーとリブデザインが特徴の高機能モデルシリーズ。ポリカーボネートとABS樹脂を独自配合したハードシェルタイプで、体感音量を大幅に軽減した「サイレントキャスター®」、キャスターストッパー機能などを搭載。ストレスのない走行を可能に。

〈EDITOR’S VOICE〉どうしてヒットした?編集部員が解説

インバウンド熱が再び!(DIME編集部 ワタナベ)

入国制限緩和や入国上限者数撤廃、そして円安効果で、日本に外国人旅行者が帰ってきた。長期海外旅行に適した大型サイズは品質の高さや手厚い保証が好評。インバウンドを中心に人気を集めた。

シリーズ累計10万枚を突破!

情熱価格『ドンキ・テクノロジー りらック』情熱価格『ドンキ・テクノロジー りらック』

各1098円

ドンキ・ホーテが2022年3月に展開を開始した、オリジナルインナーシリーズの新商品。男性特有の細かい悩みに特化した機能性が特徴で、本品は男性部をハンモックのように支える分離構造を採用。ベタつきやムレなどの不快を感じにくい。

EU圏で火がつきユニクロ史上最も売れたバッグに

ユニクロ『ラウンドミニショルダーバッグ』ユニクロ『ラウンドミニショルダーバッグ』

1500円

汚れが目立ちにくい撥水加工済みのナイロンで仕立てた、ショルダーバッグ。ブレークのきっかけはTikTokへ投稿された43秒の動画。優れた実用性と手頃な価格が口コミで広がり、英国ファッション関係者の間で〝ミレニアル・バーキン〟と呼ばれるなど大ヒットしている。

前年比5.5倍の売り上げを達成

洋服の青山『暖ONシリーズ』洋服の青山『暖ONシリーズ』

1万890円~

昨年冬から続く電気代の高騰が、家計に大きな打撃を与えている。少しでも電気代を抑えられる製品に注目が集まった。本品はカーボンナノチューブ素材を使用し、約20秒で暖かくなる。ビジネスシーンでの利用を想定したデザインが類似商品と一線を画し、売り上げアップに。

2023年より自転車乗車時のヘルメット着用が努力義務化

ハンズ渋谷の売れ筋BEST3を発表!

改正道路交通法の施行により、4月1日から自転車利用者のヘルメット着用が努力義務化。未着用でも安全に乗車していれば罰則はないが、改正法施行をきっかけにヘルメット需要が急増。スポーツタイプのほか、一見するとヘルメットに見えないオシャレなデザインも注目を集めている。

モンベル『サイクルヘルメット』モンベル『サイクルヘルメット』

7150円

日本人の頭部形状に合わせて設計された、ロードバイク用ヘルメット。多数のベンチレーションがあり、蒸れを軽減する。

bern『ヘンドリクス』bern『ヘンドリクス』

1万2650円

優れた通気性と弾力性を両立する素材を採用。頭部の形状に沿うように設計された、日本人向けのジャパンフィットを採用。

MET『オールロード』MET『オールロード』

1万2000円

サドルの上で時間を過ごすことを楽しむ人のために作られた多目的モデル。視認性を高めるセーフティーライトを標準装備。

※2023年6月時点のデータです

取材・文/編集部

2023年のヒット商品120点を総まとめ!DIME電子増刊号がdマガジン、楽天マガジン、Amazon Kindleなどで配信中

11月1日に配信がスタートしたDIME電子増刊号では「2023ヒット商品総まとめ」と題し、この一年のヒット商品を全11ジャンル、12o商品を大特集!

生成系AI、chocoZAP、ポケモンスリープ、ソロ家電、生コッペパン、白湯、無糖ブーム、スマートバスマット、ビオレUVミスト、WBC売れ、ストリートファイター6など2023年を彩ったヒット商品を一挙紹介します。

ほかにも、忙しい年末に仕事の効率アップを目指す「AI仕事術」、働くストレスを軽減させるアイテムを集めた「ウェルビーイングなビジネスギア100」、なぜか毎回人気の「編集部員が選ぶオススメの本&マンガ」の企画も新メンバーが加入し、さらにカオスに。

年末に向けた今年の総決算となる電子増刊は各電子書店やdマガジンなどの雑誌の読み放題サービスで配信中。ぜひダウンロードしてみてください!

単号での販売もしております↓

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

DIME SPECIAL1 どこよりも早い!2023ヒ ット商品総まとめ

新型コロナの5類引き下げ決定で幕を開けた2023年。脱コロナのムードが高まる一方で、物価上昇が消費意欲に水を差した。今年を象徴するトレンドとは何か? 編集部員による分析とともにヒット商品を一挙紹介する。

DIME SPECIAL 2 ウエルビーイングなビジネスギア100

良き仕事のためには優秀なビジネスギアが不可欠。というわけで、DIME目線で選んだビジネスギアをデジタル関連から話題のヘッドホン、スマートウオッチ、さらにはマッサージ系までフォロー。さらに後半では、欲しいモノがすぐに購入できる通販企画も登場。ボーナスの使い道に迷っているなら、この機会にぜひ!

DIME SPECIAL 3 プロゲーマー&ガジェット通が厳選! DIME Gamingが選ぶ今買うべきゲーミングギア31

eスポーツ熱は冷めないどころか増していくばかりだ。それに比例してギアも巷にはあふれかえっている。そんな中でも特にオススメなギアを紹介するほか、DIME Gamingの最新動向についても報告する。

DIME SPECIAL4 ChatGPT、Bing、Bard 一番仕事に使えるのはどれ? 今日から使える! AI仕事術

 2022年11月にサービスが開始されたオープンAIの「ChatGPT」。リリースから2か月で1億人のユーザーが利用し、その有用性に世界中が驚いた。2023年2月にはマイクロソフトの「Bing」、
3月にはGoogleの「Bard」が相次いでリリースされた。私たちも仕事、プライベート問わず、生成AIをうまく使うコツを次第につかみ始めてきたのではないだろうか。特に欲しい回答を引き出すプロンプトを作るコツについては自分なりの法則を確立しているユーザーも多いハズだ。

 今回は3大生成AIである「ChatGPT」「Bing」「Bard」それぞれの特徴をふまえつつ、同じプロンプトに対する各AIの違いを比較。「いかにAIを使いこなすか」から「いかに使い分け、AIを使いこなすか」といった一歩先のステップに進む助けとなる質問と回答を編集部で厳選した。

DIME SPECIAL 5 DIME編集部員が〝偏愛〟で選ぶ! 年末年始に読みたいオススメ本&マンガ80選

2023年も残すところあと2か月。ということは、年末年始の休暇シーズンもやってくるということ。今回は、そんな日常の忙しさを離れた時にこそ読みたい本をDIME編集部員がピックアップ。ビジネス書あり、マンガあり、ウルトラニッチなジャンルありと、役に立つかはわかりませんが、編集部員の個性の爆発をお楽しみください。

単号での販売もしております↓

アマゾンでの購入はこちらから

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。