小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大谷翔平に学ぶスキルを身につける上で必要な「一意専心」の覚悟

2023.12.11PR

日本人選手初のホームラン王獲得、WBC優勝、MVP受賞など先入観を覆し、不可能を可能にする大谷翔平選手の活躍はいつも我々に勇気を希望を与えてくれます。

私たちは、大谷選手が突然凄い才能を獲得したような錯覚を持ちます。しかし、事実はそうではありません。大谷選手はプロセスを徹底的に追求することの大切さを誰よりも理解しています。
「大きな夢は小さな目標の総量である」、つまり「結果」ではなく「プロセス」に意識を置いているのです。「小さな目標の実現」に果敢に取り組む。その小さな習慣こそが偉大な成果を上げる必須の要素ということだと思います。

昨日より今日、今日より明日。自分史上最高の自分にめぐり逢うための「ポジティブ思考」の神髄に迫る話題の書籍『「できない」を「できる」に変える大谷翔平の思考法』この記事では、本書より一部を抜粋・編集し、自分を成長させる大谷選手の思考法を解説していきます。

【大谷翔平選手のような一握りの超一流の人たちの共通点】スキルを身につけるための習得時間を惜しまない

情報化社会の急速な進化によって、「効率」や「省略」が優先されます。しかし、大谷選手のような卓越したスキルを身につけるには、「効率」や「省略」といった呪縛からは逃れるべきです。

すぐに習得できるものは、それなりの価値しか持ちません。素晴らしいスキルを身につけたかったら、「一意専心」の覚悟を持って、じっくり時間をかけて楽しみながら鍛練すること。大谷選手は、「練習に取り組む姿勢」について、こう語っています。

「その瞬間が、今日来るかもしれないし、明日来るかもしれない。もしかしたら、ある日突然に何かを摑む瞬間が現れるかもしれない。だから毎日練習をしたくなるんです。毎日毎日バットを振るときもそう、投げるときもそうです。もしかして、その瞬間が来るかもしれないと思って、いつもワクワクしながら練習に行くんです」(『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』扶桑社)

「好きなこと」や「楽しいこと」はそれに打ち込んでいる瞬間が楽しいから、理屈抜きで長続きします。それが凄いスキルを身につける原動力になるのです。効率の悪いものや省略できないものがあなたにとっての武器になります。

「石の上にも3年」は短過ぎるのです。あなたの人生を支えるスキルは最低でも5年、7年、10年かけて、やっと物になるのです。

大谷選手が、本格的に野球を始めたのは小学2年生のとき。そして、それが仕事として認められたのは日本ハムファイターズのルーキーイヤーになるでしょう。つまり、10年間にわたって人生の時間のほとんどを野球の鍛練に費やしたから、大谷選手はプロとして通用するスキルを身につけることができたのです。

残念ながら、ほとんどの人は目に見える上達がないと、簡単に鍛練することを止めてしまいます。しかし、大谷選手のような一流のアスリートは、上達が目に見えなくても黙々と相変わらず同じペースで鍛練を積み重ねることができるのです。

スキルを身につける現象は、火山の噴火によく似ています。表向き変化のない火山はある日突然爆発します。外からは同じように見えても、火山の内部ではエネルギーが着実に溜め込まれています。そしてある臨界点を超えたときに突然火山は爆発するのです。

才能も火山のマグマと同じように、ある日突然爆発します。たとえ目立った成果が日々表れなくても、潜在的なエネルギーを増やすことが一流になるためには求められるのです。ある時、大谷選手はこんなことを語っています。

「僕にとっては、好きなことを仕事にしている楽しさが一番です。だから、自分が意識高く野球に取り組んでいるとはあまり思っていません。でも、取り組んでいる時間、考えている時間をなるべく長くしたいとは思っています。他の人が1日24時間のうちどれぐらいを野球と向き合えているかは分からないのですが、それに負けないように自分自身がやりたいことに向けられる時間を長く取るようにはしています」 (www.salesforce.com)

習得に時間をかけることから逃げないのが、一握りの一流の人たちの共通点。それを可能にしているのは、大谷選手の心の底から湧き上がる、異常なほど強烈な好奇心なのです。

★ ★ ★

いかがでしょうか?

大谷選手を超一流のアスリートへ飛躍させた思考法にはビジネスパーソンも学ぶことも多いと思います。ぜひ日々の小さな目標の実現を目指して一歩一歩、「できない」を「できる」に変える努力をしてもらえればと思います。

さらに詳しい解説は児玉光雄さんの著書、『「できない」を「できる」に変える大谷翔平の思考法』をチェックしてみてください。

「できない」を「できる」に変える大谷翔平の思考法
著/児玉光雄/アスコム

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

児玉光雄
1947年兵庫県生まれ。追手門学院大学スポーツ研究センター特別顧問、元鹿屋体育大学教授。京都大学工学部卒。大学時代はテニスプレーヤーとして活躍し、全日本選手権にも出場。カリフォルニア大学ロサンジェルス校(UCLA)大学院で工学修士号を取得。米国五輪委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員として、米国五輪選手のデータ分析に従事。過去30年以上にわたり、臨床スポーツ心理学者として、ゴルフ、テニスを中心に数多くのアスリートのメンタルカウンセラーを務める。また、右脳活性プログラムのカリスマ・トレーナーとして、これまで数多くの受験雑誌や大手学習術に右脳活性トレーニングを提供。この分野の関連書は100冊以上、累計発行部数は150万部を越える。主な著書はベストセラーになった『この一言が人生を変えるイチロー思考』(知的生きかた文庫)をはじめ、『大谷翔平 勇気をくれるメッセージ80』(三笠書房)、『能力開発の専門家が作ったそうぞう力とさんすう力がみるみる育つこども脳トレドリル』『頭がよくなる!「両利き」のすすめ』(いずれもアスコム)など200冊以上。日本スポーツ心理学会会員、日本ゴルフ学会会員。
ホームページ
Facebook

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。