小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〝最少の手間で最高の生活の質〟を実現!2023年に売れた大ヒット生活家電9選

2023.11.29PR

家事負担を軽減するタイパ家電が伸長!

共働き世帯が増えた影響か、家事負担軽減と、家時間を大切にしたいというマインドの両立が叫ばれている。そこで家電ジャンルでは、〝手間は減らしても生活クオリティーは下げない〟製品の需要が高まっている。パナソニック『ビストロ NF-AC1000』など、〝最少の手間で高い生活の質〟を目指せる家電が人気だ。

〝一人暮らし用〟の新発想で発売1か月半で何と計画比3倍の売れ行き

パナソニック『パーソナル食器洗い乾燥機 SOLOTA(ソロタ)NP-TML1』パナソニック『パーソナル食器洗い乾燥機 SOLOTA(ソロタ)NP-TML1』

オープン価格(実勢価格約3万7000円)

パナソニック『パーソナル食器洗い乾燥機 SOLOTA(ソロタ)NP-TML1』単身世帯のニーズに応えるパーソナルサイズの食洗機。ほぼA4ファイルサイズのスペースに収まる、業界最小サイズかつ高温水と強力水流で、一度に食器6点(+カトラリー)を洗うことができる。「ストリーム除菌洗浄」を搭載するほか、手洗いの約1/8の水で洗えるので、節水にも貢献。

パナソニック『パーソナル食器洗い乾燥機 SOLOTA(ソロタ)NP-TML1』引き出し型着脱式の吸水タンクを採用。タンクが取り外せるので給水しやすく、手入れもラク。分岐水栓の工事が不要なのもうれしい。

〈EDITOR’S VOICE〉どうしてヒットした?編集部員が解説

「本気で購入を検討中です!」(DIME編集部 ハラグチ)

賃貸住宅向けに、狭い台所にも置けるサイズにした点と、圧迫感を軽減する前・背面クリア窓を採用したデザインで評価。キレイに洗えて、狭いキッチンにも置ける。月額1290円で使えるサブスクも、計画比10倍と好調!

発売後約半年で累計販売台数約5000台突破

三木森『小型衣類乾燥機 ESTILO』三木森『小型衣類乾燥機 ESTILO』

4万9800円

幅49×高さ63.1×奥行き41.8cmという小型のボディーが特徴の衣類乾燥機。最大容量は3kg。家族3人分の衣類、フェイスタオルなら20枚を乾燥できる。乾燥機能に特化したシンプル設計なので、面倒な排水設備は不要。使いたい場所に設置し、コンセントに差すだけで使用できる。

〈EDITOR’S VOICE〉どうしてヒットした?編集部員が解説

単身世帯でも取り入れやすい!(@DIME編集部 イノウエ)

静音・低振動のため、夜でも気にせず稼働できるほか、忙しい朝に突然乾燥が必要な事態に陥っても安心! 一人暮らし、共働き、赤ちゃんのいる家庭にもウケています。様々なライフスタイルにフィットして人気に。

発売3日で購入総額1億円突破

SwitchBot『SwitchBot ロボット掃除機 K10+』SwitchBot『SwitchBot ロボット掃除機 K10+』

6万8880円

直径30〜35cm程度が標準的なロボット掃除機の中で、本品は直径25cm未満。日本の住宅事情での使いやすさを追求した仕様で、小型設計と静音性の高さで注目を集めた。4Lのゴミ収集ステーションを搭載し、最大70日間ゴミ捨てが不要。排出作業を行なう時間も設定できる。

Makuake先行販売で購入総額3000万円突破!

カドー『ふとん乾燥機 FOEHN001』カドー『ふとん乾燥機 FOEHN001』

想定販売価格2万4200円

カドー『ふとん乾燥機 FOEHN001』独自の送風技術で、一瞬で風船が膨らむ高風圧、2m先まで届く高風速などパワフルな温風を実現しながら、消費電力量は業界最小クラスの420W! ふとん乾燥機史上初めてオゾン消臭運転を搭載し、気になるニオイを除去。ダニ対策まで行なえる。

発売2か月で計画比1.3倍!炒めまでできて仕上がりも納得

パナソニック『オートクッカー ビストロ NF-AC1000』パナソニック『オートクッカー ビストロ NF-AC1000』

オープン価格(実勢価格約8万8000円)

独自の「鍋底かきまぜ」を搭載した自動調理鍋。最大1285Wの高火力と業界最高クラスの圧力で、本格的な料理も思いのまま。鍋底の羽根が材料を底からさらうように回転、ムラなくかき混ぜることで、圧力調理から炒めものまで1台でこなす。

〈EDITOR’S VOICE〉どうしてヒットした?編集部員が解説

時短・省手間なのに抜群においしい!(DIME編集部 テラダ)

スマホと連携して操作するオートメニューは、何と100品以上! 出勤前にタイマーを仕込んでおけば帰宅してすぐに出来たての料理が楽しめます。時短&手間が省けるのに抜群においしい。共働き世帯の救世主でしょう!

先行体験プログラムに定員の計画比約50倍の応募が殺到

パナソニック『自動計量IH炊飯器 SR-AX1』パナソニック『自動計量IH炊飯器 SR-AX1』

オープン価格(実勢価格約4万5540円)

独自の計量技術やIoT技術の搭載によって、米と水の計量・投入から炊飯まで全自動化を実現した業界初のIH炊飯器。専用アプリと連携することで外出先から炊飯の設定や変更ができ、米と水の計量を含む炊飯の手間を削減。突然の予定変更にも対応してくれる。

Makuakeにて購入総額が目標の3200%を突破

アラジン『アラジン コーヒーブリュワー』アラジン『アラジン コーヒーブリュワー』

オープン価格(実勢価格約3万3000円)

ブランド初のコーヒーメーカー。独自方式「バイパスドリップ」を採用することで、ドリップ前半のコーヒーのおいしい成分だけを濃い濃度で抽出し、後半の雑味が出る前に抽出をストップ。差し湯によって雑味のない1杯を実現した。

200媒体以上で掲載された超注目の掃除機

Shark『Shark EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE』Shark『Shark EVOPOWER SYSTEM iQ+ CS851JMVAE』

7万9750円

コードレススティッククリーナー市場で販売台数シェアを15倍にまで高めた、大人気シリーズ『EVOPOWER® SYSTEM』の最新モデル。強力な吸引力はそのままに、自動ゴミ収集ドックを追加。「ゴミ捨ての手間が省けてとてもラクになった」など高評価が相次ぐ。

発売から3か月間を計画比約115%で推移

象印マホービン『オーブンレンジ「EVERINO」』象印マホービン『オーブンレンジ「EVERINO」』

オープン価格(実勢価格約6万5780円)

同社が17年ぶりに発売したオーブンレンジで、総庫内容量23Lの少人数世帯向けモデル。「温めムラを感じる」「なかなか機能を使いこなせない」といった不満点を解決するため、独自の加熱方法を開発。レンジ機能からグリル機能への自動切り換えで調理時間の短縮や優れた調理性能を実現。

〈EDITOR’S VOICE〉どうしてヒットした?編集部員が解説

これぞ〝等身大〟のレンジです(@DIME編集部 アンネン)

食材を庫内で浮かせて調理する独自の発想によって、これまでユーザーから不満の多かった〝温めムラ〟を軽減。さらに調理時間を短縮し、調理性能を高めたことで、今や〝最も使いやすいレンジ〟と絶賛されるヒット商品へと躍り出ました!

取材・文/編集部

2023年のヒット商品120点を総まとめ!DIME電子増刊号がdマガジン、楽天マガジン、Amazon Kindleなどで配信中

11月1日に配信がスタートしたDIME電子増刊号では「2023ヒット商品総まとめ」と題し、この一年のヒット商品を全11ジャンル、12o商品を大特集!

生成系AI、chocoZAP、ポケモンスリープ、ソロ家電、生コッペパン、白湯、無糖ブーム、スマートバスマット、ビオレUVミスト、WBC売れ、ストリートファイター6など2023年を彩ったヒット商品を一挙紹介します。

ほかにも、忙しい年末に仕事の効率アップを目指す「AI仕事術」、働くストレスを軽減させるアイテムを集めた「ウェルビーイングなビジネスギア100」、なぜか毎回人気の「編集部員が選ぶオススメの本&マンガ」の企画も新メンバーが加入し、さらにカオスに。

年末に向けた今年の総決算となる電子増刊は各電子書店やdマガジンなどの雑誌の読み放題サービスで配信中。ぜひダウンロードしてみてください!

単号での販売もしております↓

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

DIME SPECIAL1 どこよりも早い!2023ヒ ット商品総まとめ

新型コロナの5類引き下げ決定で幕を開けた2023年。脱コロナのムードが高まる一方で、物価上昇が消費意欲に水を差した。今年を象徴するトレンドとは何か? 編集部員による分析とともにヒット商品を一挙紹介する。

DIME SPECIAL 2 ウエルビーイングなビジネスギア100

良き仕事のためには優秀なビジネスギアが不可欠。というわけで、DIME目線で選んだビジネスギアをデジタル関連から話題のヘッドホン、スマートウオッチ、さらにはマッサージ系までフォロー。さらに後半では、欲しいモノがすぐに購入できる通販企画も登場。ボーナスの使い道に迷っているなら、この機会にぜひ!

DIME SPECIAL 3 プロゲーマー&ガジェット通が厳選! DIME Gamingが選ぶ今買うべきゲーミングギア31

eスポーツ熱は冷めないどころか増していくばかりだ。それに比例してギアも巷にはあふれかえっている。そんな中でも特にオススメなギアを紹介するほか、DIME Gamingの最新動向についても報告する。

DIME SPECIAL4 ChatGPT、Bing、Bard 一番仕事に使えるのはどれ? 今日から使える! AI仕事術

 2022年11月にサービスが開始されたオープンAIの「ChatGPT」。リリースから2か月で1億人のユーザーが利用し、その有用性に世界中が驚いた。2023年2月にはマイクロソフトの「Bing」、
3月にはGoogleの「Bard」が相次いでリリースされた。私たちも仕事、プライベート問わず、生成AIをうまく使うコツを次第につかみ始めてきたのではないだろうか。特に欲しい回答を引き出すプロンプトを作るコツについては自分なりの法則を確立しているユーザーも多いハズだ。

 今回は3大生成AIである「ChatGPT」「Bing」「Bard」それぞれの特徴をふまえつつ、同じプロンプトに対する各AIの違いを比較。「いかにAIを使いこなすか」から「いかに使い分け、AIを使いこなすか」といった一歩先のステップに進む助けとなる質問と回答を編集部で厳選した。

DIME SPECIAL 5 DIME編集部員が〝偏愛〟で選ぶ! 年末年始に読みたいオススメ本&マンガ80選

2023年も残すところあと2か月。ということは、年末年始の休暇シーズンもやってくるということ。今回は、そんな日常の忙しさを離れた時にこそ読みたい本をDIME編集部員がピックアップ。ビジネス書あり、マンガあり、ウルトラニッチなジャンルありと、役に立つかはわかりませんが、編集部員の個性の爆発をお楽しみください。

単号での販売もしております↓

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。