小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ジャパンモビリティショー2023」が大盛況のうちに閉幕、来場者数は111万2000人に

2023.11.07

日本自動車工業会は、2023年10月26日(木)(一般公開は10月28日)から11月5日(日)まで、東京ビッグサイトを中心に開催した「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」が閉幕し、来場者数は1,112,000人となったと発表した。 

さらに、日本自動車工業会は、以下のようにコメントしている。

JAPAN MOBILITY SHOW 2023は、「乗りたい未来を、探しに行こう!」をテーマに、自動車業界の枠を超えて、他産業やスタートアップ、計475企業・団体にご参加いただきました。ジャパンモビリティショーにご来場の皆さま、出展者の皆さまをはじめ、関わっていただいた全ての皆さまに、心より御礼申し上げます。

オープニングスイッチオンセレモニー

会場の様子

モータースポーツ(屋外)

この国の自動車産業は550万人、モビリティ産業では850万人が働いています。これからのモビリティは「単なる移動手段」だけではなく、「ヒトを動かす、モノを動かす、ココロを動かす」ものであり続けたいと思います。様々な産業に関わる新しい仲間と一緒に、日本を動かす原動力となる所存です。

ジャパンモビリティショー大反省会

JAPAN MOBILITY SHOW 2023の成果

・Tokyo Future Tour(主催者プログラム):約50万人来場
・Startup Future Factory/Pitch Contest&Award(スタートアップ企業116社参加)結果
・グランプリ:株式会社NearMe(未来の感動部門)1000万円獲得
・準グランプリ:Global Mobility Service 株式会社(未来の暮らし部門)100万円獲得
・Zip Infrastructure 株式会社(未来の社会基盤部門)100万円獲得
・ブース出展やビジネスマッチングを経た商談の継続数430件以上
・Japan Future Session参加者/視聴者人数42,000人以上
・子供向け商業体験型施設「Out of KidZania in Japan Mobility Show 2023」参加者数13,000人以上
・公式アプリ「推しモビ図鑑」16万ダウンロード

関連情報:https://www.japan-mobility-show.com/

構成/土屋嘉久


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。