小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アフターコロナの結婚式、費用や招待客人数はどう変わった?

2023.11.07

リクルートは同社が企画・制作する結婚情報サービス『ゼクシィ』と、同社が運営する『リクルートブライダル総研』から、それそれ「ゼクシィ結婚トレンド調査2023」「結婚総合意識調査2023」を発表した。

本稿ではアフターコロナの結婚式像や、ブライダルマーケット発展に必要な要素など、各調査の概要をお伝えしていく。

ゼクシィ結婚トレンド調査2023

1. 披露宴・ウエディングパーティー実施者が満足した割合は2009年調査以来最高

・披露宴・ウエディングパーティーについて「満足・計」は97.8%で、昨年調査から1.5ポイント増加し、全国推計を開始した2009年調査以来最高。内訳をみると、昨年調査から「非常に満足」が5.1ポイント増加、「まあ満足」が3.6ポイント減少。
・結婚式を通して、自分自身やこれまでの人生が好きになったと思う人(「そう思う・計」)は78.1%で、年々増加傾向。
・結婚式を通して、列席者から二人が応援されていると感じた人(「そう思う・計」)は95.4%で、年々増加傾向。

2. 披露宴・ウエディングパーティーを実施した理由、「自分たちが楽しむため」が唯一増加傾向

・披露宴・ウエディングパーティーを実施した理由は、「自分たちが楽しむため」が年々増加傾向にあり、2020年調査から2023年調査で4.1ポイント増加。

一方、「友人など親・親族以外の方に感謝の気持ちを伝えるため」「友人など親・親族以外の方に喜んでもらうため」は2021年調査で減少したものの、2022年調査以降2年連続して増加し、徐々に回復。

3. 担当プランナーとのコミュニケーションで最も多いのは「自分たちらしい結婚式になるような提案」

・会場決定後の担当プランナーとのコミュニケーションの内容は、「自分たちらしい結婚式になるような提案があった」が63.4%で最も高く、次いで「自分たちの要望や意図を理解してくれた」が54.4%、「疑問や不安などがないか親身になってくれた」が51.5%で続く。

4. コロナ禍による予算・金額面、招待・参加人数面への影響は引き続きみられる

・コロナ禍による挙式、披露宴・ウエディングパーティーへの予算・金額面での影響は、「影響があった・計」が20.4%で、昨年調査から19.1ポイント減少。
・コロナ禍による挙式、披露宴・ウエディングパーティーへの招待・参加人数面での影響は、「影響があった・計」が40.8%で、昨年調査から27.1ポイント減少。

5. 挙式、披露宴・ウエディングパーティー総額の平均は引き続き回復傾向

・挙式、披露宴・ウエディングパーティー総額の平均は327.1万円で、昨年調査から23.3万円回復。

6.招待客人数の平均は49.1人で、昨年調査から5.9人回復。招待基準が「親しくしていること」へ変化

・披露宴・ウエディングパーティーの招待客人数の平均は49.1人で、昨年調査から5.9人増。
・勤務先の上司・同僚の招待基準は、「親しくしていること」が75.6%で年々増加傾向、「招待しないと失礼にあたること」が36.6%で年々減少傾向。

調査概要
調査方法/郵送法
調査期間/2023年4月14日(金)~6月7日(水)
調査対象/全国(沖縄県を除く)の『ゼクシィ』読者およびネット会員のうち、2022年4月~2023年3月に挙式または披露宴・ウエディングパーティーを実施した人
※2022年4月~2023年3月に結婚・結婚予定があった『ゼクシィ』読者およびネット会員に対して、地域ごとにランダムサンプリングし、事前調査で許諾を頂いた方に対して調査票を郵送。調査票への記入は妻に依頼。
事前調査/調査票発送数:2万8220件 調査票回収数:5686件  回収率:20.1%
本調査/調査票発送数:5647件 調査票回収数:3809件  回収率:67.5%

結婚総合意識調査2023

1. 既婚編

(調査対象:2022年4月~2023年3月に結婚した20~49歳の男女)

ウエディングイベントの実施率は78.6%で2年連続増加

・コロナ影響による延期・キャンセル・非実施割合は4.7%。2020年調査(19年4月~20年3月)の水準に。
・何らかのウエディングイベントを実施した割合は78.6%で、昨年より2.9ポイント増加。2021年調査から年々増加。コロナ流行前の2019年調査と比べてみてもコロナ前水準近くまで回復(対2019年比97.4%)。また全てのウエディングイベントにおいて昨年よりも増加。
・ウエディングイベントの組み合わせの最多は「挙式、披露宴・ウエディングパーティー、親族中心の食事会、写真」の全てを実施した層で、コロナ流行前の2019年調査より増加。

結婚式の実施を決める前に“自分たちに合った結婚式が実現できる認識”が結婚式の実施率に関係

・「結婚が決まり、挙式、披露宴・ウエディングパーティーの実施が決まる前」に「自分に合った結婚式ができる」と思った層の方が、それ以外の層に比べて結婚式実施率が高い。

2. ゲスト編

(調査対象:2022年4月~2023年3月に結婚式にゲストとして出席した20歳以上の男女)

挙式、披露宴・ウエディングパーティーの参列意欲が高まり、コロナ影響による抵抗が減少

・2021年調査と比較し、参列意欲が9.5ポイント増加。出席時に「コロナが理由で参加を迷った」が15.0ポイント減少し、「参加を迷わなかった」が16.2ポイント増加。

直近3年間で結婚式参列の意味合いが多岐にわたり増加

・結婚式出席後のゲストの気持ちについて、21年調査と比較して変化した上位5項目は、「(出席して)自分の子どもにも『結婚してほしい』という気持ちが高まった」(10.3ポイント増)「(出席して)家族との関わり方を見つめ直す良い契機となった」 (7.8ポイント増) 「(出席して)新郎や新婦との関係が深まった」 (7.3ポイント増) 「(出席して)自分の人生に対して、より前向きに感じられるようになった」 (7.1ポイント増) 「(出席して)周囲の人・仲間の大事さを、あらためて感じた」 (6.0ポイント増)でいずれも2年連続増加。

参列で二人らしさやオリジナリティーを感じると満足度が高く、結婚式意欲に影響

・ゲストの気持ちにおいて、「良かった」「ポジティブな感想を出席後、周囲の人に伝えた」「将来結婚したら『挙式、披露宴・ウエディングパーティーを実施したい』という気持ちが高まった」の項目を見ると 「(出席して)結婚式を通じて二人らしさやオリジナリティーを感じた」層の方が感じなかった層に比べて高い。
・ゲストが参加してみたいと思う挙式、披露宴・ウエディングパーティーは、「新郎・新婦のことを理解できる」「形式にとらわれず、自由な」 といった内容が、コロナ流行前比で増加。

調査概要
調査方法/インターネットによるアンケート調査
<予備調査(スクリーニング調査)>
 調査期間/ 2023年4月3日(月)~2023年5月8日(月)
 調査対象/全国16~79歳の男女(株式会社マクロミル 登録モニター)
 有効サンプル数/25万4995人
<本調査>
 調査期間/ 2023年4月19日(水)~2023年5月8日(月)
 調査対象/ “結婚した時期”を「2022年4月~2023年3月」と回答した、20~49歳(調査時)の既婚者
 有効サンプル数/2542人
 集計サンプル数/1500人

関連情報
https://www.recruit.co.jp/newsroom/pressrelease/assets/20231025_marriage_01.pdf
https://www.recruit.co.jp/newsroom/pressrelease/assets/20231025_marriage_02.pdf

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。