小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ランナーのパフォーマンスを左右する「ランニングエコノミー」とは何か?

2023.12.29

フルマラソンのような長距離を暑いなかでぶっ続けで速く走れるのは、人間だけだと知っていますか? なぜなら、ヒト以外の動物は、体温調節ができないから。

運動生理学とは、運動中に体内で起こる化学反応、現象、影響、状態を追求する研究です。その観点を一般実用書として初めてマラソンに持ち込み、ランナーたちの弱点や能力向上のヒントを探った、意欲的なランニング強化本が「ランナーのカラダのなか運動生理学が教える弱点克服のヒント」。走っている時にカラダのなかでなにが起こり、どう変化し、どう影響するのか? そして、それに対し、長距離を効率よく走りきるために、どのような対策をすべきなのか?

何度もマラソンを経験しているのになぜか記録が伸びない、ケガが絶えない、レース調整がうまくいかない、トレーニングメニューが自分に合っているのかわからない。そんな悩める市民ランナーの「もっと走りたい」情熱に寄り添える一冊です。

本記事では「ランナーのカラダのなか運動生理学が教える弱点克服のヒント」の中から運動生理学の観点から長距離ランナーの能力を紐解いていています。。

「ランナーのカラダのなか運動生理学が教える弱点克服のヒント」
著/藤井直人 小学館 1650円

※本稿は、藤井直人/著「ランナーのカラダのなか運動生理学が教える弱点克服のヒント」(小学館)の一部を再編集したものです

【基礎知識7】パフォーマンスを左右するランニングエコノミーってなに?

■パフォーマンスに影響する運動効率

 身体の総合的な有酸素能力を反映するのが、最大酸素摂取量です。しかし、最大酸素摂取量に優れたランナーが、一番マラソンのタイムが速いのかといえば、そうともいえません。トップアスリートにおけるマラソンのタイムと、最大酸素摂取量を比較したデータによると、総じて最大酸素摂取量は高い数値を示していましたが、最大酸素摂取量が高い順に、タイムが速いわけではありませんでした。このことは、「持久運動パフォーマンスは、最大酸素摂取量だけで決定されるものではない」ことを示しています。

 このようなランナーの持久運動パフォーマンスの差を埋めるものとして考えられるのが、「ランニングエコノミー」です。ランニングエコノミーとは、直訳すると「ランニングの経済性」となりますが、いわゆる運動効率のこと。では、効率がよい走り方とはどういうことなのでしょう?

 運動生理学の世界では、「最大下運動時のエネルギー消費量(酸素摂取量)が少ない」ほどエコノミーがよいことになります。つまり、「1km走るのにどれだけ酸素を使っているのか?」という場合に、「より少ない酸素量で走れる」ランナーが、「ランニングエコノミーの高い」ランナーであり、「運動効率がよい走り方をしている」ランナーと評価されます。

 酸素摂取量は体重(筋量など)の影響を受けやすいため、「1分間に体重1kg当たり何mlの酸素を使っているか(ml/kg/分)」で表現されたりします。

 最大酸素摂取量がほぼ同じであるふたりのランナーの10kmタイムは、ランニングエコノミーの高いランナーのほうがよかったそうです。

〈カラダのなか〉あるスピードにおいて、どれくらい酸素を使って走っているか?

ランニングエコノミーとは、運動効率のこと。運動生理学の世界では、それを最大下運動時の酸素摂取量で評価します。一定のスピードで走る場合、どれくらいの酸素を使っているのか?つまり、そのスピードを維持するために必要な酸素摂取量が低いほど、効率のよい走り方となります。

■走行に必要な酸素摂取量が低いほどよい

同じスピードで走ったとき、酸素の使用量が少ないほうが効率のよい走り方、「ランニングエコノミーが高い走り方」と評価されます。酸素を多く使うということは、体内のエネルギー代謝系への負担、グルコースをはじめとするエネルギー源の消費が多くなることを意味し、運動が長時間になるほど、パフォーマンスへの悪影響が大きくなります。

■最大酸素摂取量がすべてではない!

上の図は、最大酸素摂取量がほぼ同じAとBという2名のランナーの運動強度(走速度)ごとの酸素摂取量を比較したもの。10kmのタイムはAがBよりも1分速い記録を持っています。AとBの最大酸素摂取量はほぼ同じですが、最大下の強度ではAの酸素摂取量が低くなっています。これはランニングエコノミーの高さが記録に大きく影響することを示唆します。

Saunders et al., Sports Med, 2004

☆ ☆ ☆

運動生理学が初めて明かすランニングの正体はいかがでしたでしょうか?

「ランナーのカラダのなか運動生理学が教える弱点克服のヒント」を読むことでトレーニングの本質を再認識することができるはず、気になる方は読んでみてください。

「ランナーのカラダのなか運動生理学が教える弱点克服のヒント」
著/藤井直人 小学館 1650円

著者/藤井直人 FUJII NAOTO
筑波大学 体育系 助教。博士(学術)。専門分野は運動生理学。
1981年6月24日大阪府生まれ。筑波大学体育専門学群卒業。大学在学中は陸上競技部に所属。その経験を活かし、運動時の呼吸・循環・体温調節に関する運動生理学的研究を数多く行っている。さらに筑波大学体育系の特色を活かし、競技パフォーマンス向上のためのスポーツ科学研究も進めている。これまでの研究成果はThe Journal of Physiology やMedicine & Science in Sports & Exercise といった運動生理学・スポーツ科学分野の一流雑誌を含め、国際誌に170報以上掲載されている。アメリカとカナダでの海外留学の経験を活かし、複数の国の研究者と共同研究を精力的に進め、国際的な賞も複数受賞している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。