小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スティック掃除機を買うなら、軽量1kgモデルと水拭きもできる乾湿両用タイプどっち?

2023.12.03

スティック掃除機

気づいた時にさっと使えて、掃除が苦にならない軽量タイプのスティック掃除機が人気だ。中でも最近は、ロボット掃除機のような水拭き可能モデルも続々登場。そんな今、最もアツいスティック掃除機を紹介!

編集部・テラダ編集部・テラダ
頻繁に家電レビュー企画を担当。新居と愛犬にやさしそうな乾湿両用スティックにいち早く着目、導入を検討中。

編集部・テラダ@DIME・アンネン
@DIMEの紅一点。日々9kgの鉄板をリュックに仕込んで通勤するため、1kgスティックは指で持てそう。

アンネン 寺田さんは最近、新居を手に入れたとか。お掃除にも力が入りますね。

テラダ ロボット掃除機が活躍してくれているんですが、サブ機としてスティック掃除機、特に最近続々登場している水拭き機能付きモデルが気になっています。フローリングで愛犬もいるので。

アンネン 水拭きがスタンダードになってきたロボット掃除機の影響でしょうか。

テラダ そうですね。水拭きって一度使うと、掃除後の気持ちよさがクセになるんです。ヘッドを交換して使うダイソン、ロボット譲りの多機能さがウリのロボロック、モップ感覚で使えるアクアなど、各社それぞれ独自性を打ち出しているので、ユーザーも選びやすいと思いますよ。

アンネン 乾湿両用タイプは大きさと重さもネックになりそうなので、売り場で試してみるのがいいかもしれません。私は鍛えているので、多少重くても、機能を優先したいところですが。

テラダ 逆に掃除専用スティックは軽さ競争に。今回の3モデルはすべて標準質量が1kg以下。自走式も多く、負担なく軽快に掃除できます。

アンネン 高いところの掃除や、階段のある2階以上の家でも使いやすいし、ハンディー掃除機として使える汎用性もいいですね。

テラダ 清掃能力も年々進化しているので、一人暮らしやマメに掃除するならメイン機としても活躍しそう。

アンネン 部屋がキレイだとテレワークのモチベーションも上がりますしね。私も欲しくなってきました!

自走式モデルならさらにスイスイ【1kgスティック】

軽さを極めた1kg以下モデル

日立『すごかるスティック PV-BS1L』日立『すごかるスティック PV-BS1L』オープン価格(実勢価格約4万1580円)

同社スティッククリーナー最軽量の0.97kgを実現。吸引力にも磨きをかけ、高所や階段掃除もラクラク。回転ブラシをループ形状にした「からまんブラシ」で、髪の毛などがからまりにくく、手入れの手間も軽減している。

日立『すごかるスティック PV-BS1L』本体もコンパクト化し、ハンディーでの使用も快適。ソファやクルマのシート掃除に活躍する布用ブラッシングヘッドも付属。

日立『すごかるスティック PV-BS1L』ハンドル部につけたストラップは、フックなどに吊るして収納できるほか、家具などにちょいがけもできて、物を動かす際も便利。

〈 アンネンのイチオシ!〉1Lの牛乳パックより軽い0.97kg、自走式コンパクトヘッドで体感的にはさらに軽快な印象。技ありのストラップも高ポイント!

負担軽減・手間削減

日立『すごかるスティック PV-BS1L』

佇まいも美しいスマートスティック

シロカ『2way コードレススティッククリーナー かるピカパワー SV-SP371』シロカ『2way コードレススティッククリーナー かるピカパワー SV-SP371』
2万4800円

こちらも1kg切りの超軽量モデル。モーターでブラシを回転させるパワーブラシでパワフル吸引。手首をひねるだけで回転するヘッドはベッド下などの狭い場所も掃除しやすい。ハンディー使用も可能で、コスパの高さも魅力だ。

シロカ『2way コードレススティッククリーナー かるピカパワー SV-SP371』強力にゴミを絡め取る回転式ブラシを新搭載。カーペットや畳もしっかりお掃除、LEDライト付きで暗所のゴミも逃さない。

シロカ『2way コードレススティッククリーナー かるピカパワー SV-SP371』新製品では、本体を立てたまま収納できるスティックスタンドを新たに付属。同時充電に加え、付属品もまとめて収納できる。

負担軽減・手間削減

シロカ『2way コードレススティッククリーナー かるピカパワー SV-SP371』

軽さと高い吸引力を両立させた実力派

東芝『トルネオコードレスVC-CLW32』東芝『トルネオコードレスVC-CLW32』オープン価格(実勢価格約4万8000円)

標準質量はジャスト1kg。ゴミを2段階の遠心分離で吸引する「デュアルトルネードシステム」で吸引力が99%以上持続。強力気流でゴミを約1/3に圧縮、ゴミ捨ても簡単だ。掃除中、壁に一時がけできる滑り止めゴム付き。

東芝『トルネオコードレスVC-CLW32』自走式ヘッドの中には、特殊編み加工を施した「からみレスブラシ」を搭載。根元に髪の毛が入り込まず、からみにくい構造に。

東芝『トルネオコードレスVC-CLW32』充実の付属品もまとめて収納できるスタンドを付属。バッテリーは本体に装着したまま充電できるほか、取り外して単体での充電も可。

負担軽減・手間削減

東芝『トルネオコードレスVC-CLW32』

フローリングが多い家庭に【乾湿ハイブリッド】

水拭きもできる高コスパモデル

ダイソン『Dyson V12s Origin Submarine』ダイソン『Dyson V12s Origin Submarine』オープン価格(実勢価格約9万3500円)

水拭き対応モデルのパフォーマンスを担保しつつ、機能や付属ツールをシンプルにしたベーシックタイプが新登場。高い吸引力で掃除機がけをこなしつつ、ハンディーや隙間掃除、水拭きもできる1台4役で、家中、常にキレイ。

ダイソン『Dyson V12s Origin Submarine』水拭き時はSubmarineウェットローラーヘッドを装着。液体などの汚れはローラーが回転するたびに水拭きしつつ、かき取る。

ダイソン『Dyson V12s Origin Submarine』カーボンファイバーとナイロンフェルトを組み合わせたブラシバーを搭載するSlim Fluffyクリーナーヘッド。髪の毛もからみにくい。

〈 テラダのイチオシ!〉水拭きしたい時は専用ヘッドに交換。水の吸引はできないものの、ハイレベルの清掃能力は言わずもがな。やっぱり頼りになります。

時間短縮・手間軽減

ダイソン『Dyson V12s Origin Submarine』

吸引も水拭きも超高次元でこなす

ロボロック『Dyad Pro』ロボロック『Dyad Pro』オープン価格(実勢価格約6万2800円)

ロボット掃除機で培った技術やノウハウを投入した、多機能スティック。パワフル吸引と水拭きを両立しつつ、液体の混ざった食べこぼし汚れにも対応。やや大きいが自走式で小回りも効き、操作性も良好。自立するのも◎。

ロボロック『Dyad Pro』バッテリー残量や掃除モードは視認性の高いカラーLEDパネルに表示。音声案内でのお知らせやアプリからの操作にも対応する。

ロボロック『Dyad Pro』掃除を終えてドックに戻すと、ローラーブラシを自動で洗浄。乾燥も自動で行なうため、雑菌の繁殖を防げる。ともに強さや時間の設定も可能。

時間短縮・手間軽減ロボロック『Dyad Pro』

掃除機とモップの一体構造がキモ

アクア『WIPEL AQC-WX1P』アクア『WIPEL AQC-WX1P』オープン価格(実勢価格約3万9600円)

本体前面の給水カップから回転ブラシに水を供給、濡れたブラシで汚れを吹き上げると同時に、ゴミを強い力で吸引。汚れと液体を背面カップへ回収する仕組みだ。3.4kgの軽量コンパクト設計で取り回しもラク。

アクア『WIPEL AQC-WX1P』子供の食べこぼしや花粉・ハウスダストもまとめて吸引、水拭き。専用洗剤と60℃以下のお湯も使え、膝つきの床掃除からも解放される。

アクア『WIPEL AQC-WX1P』本体を充電台にセットして上部のボタンを押せば、自動でブラシを洗浄。洗浄後のブラシは立てて乾かせるので、常に清潔に保てる。

時間短縮・手間軽減

アクア『WIPEL AQC-WX1P』

構成・文/編集部

※サイズは、本体+延長パイプ+フロアブラシの使用時サイズ、標準質量は本体・延長パイプ・ヘッド・電池の合計質量です。
※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2023年9月30日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

DIME最新号の特集は「シン・家電ブランド大図鑑」

終わりの見えない値上げ、円安、増税…上がらない給料。そんな時代に家計を守るために、日々の買い物や固定品の支払いでも自己防衛が重要となります。DIME1月号では、そのカギとなる「ポイント」について大特集!ポイントは「もらえて得」ではなく「もらわなきゃ損」とも言える時代。LINEヤフーの合併を機に何が変わるのか? 最近よく聞くポイント経済圏は本当にお得なのか? 決済方法や利用する店・サービスを見直し、ポイントが貯まる「得する構造」さえ一度作ってしまえば、あとは日常生活を過ごすだけでガツガツ貯まるようになります。毎日の生活で賢く稼ぐヒントが満載です!
ほかにも、編集部が使ってわかった「シン・家電ブランド大図鑑」、アスリート監督に学ぶ「新時代のリーダー像」など、ビジネスマンのみならず生きづらい世の中を渡っていくためのライフハックが超凝縮!どの雑誌よりも読者のライフスタイルに寄り添う『DIME』の最新号、ぜひお買い求めください。

***********************
DIME2024年1月号
価格790円(税込)

◆Amazonでの購入はこちら
◆楽天ブックスでの購入はこちら
***********************
◆詳細情報はこちら

特集 1 「ポイント大再編時代の賢い稼ぎ方」

「LINEヤフー」の誕生でどう変わる?

スーパー、コンビニ、家電量販店、ホームセンター、フリマサイト、ECサイト、ファミレス、ファストフード、カフェ、デリバリー、銀行・証券、電気・ガス・水道、サブスク、ふるさと納税…
一番お得な支払い方を用途別に徹底解説!

特集 2 「シン・家電ブランド大図鑑」

Xiaomi、AINX、Aladdin X、ECOVACS、LiFERE、Radonna、
NoNothing Technology、Orbic、EPEIOS、Shark Beauty、TCL……
編集部が使ってわかった! 最近、家電量販店でよく見る〝あの〟メーカーの正体は?

特集 3 「アスリート監督に学ぶ 新時代のリーダー像」

トム・ホーバス、栗山英樹、森保一、フィリップ・ブラン、森林貴彦etc.
磨くべきは「フラットな関係」と「聞く力」だ!

***********************
DIME2024年1月号
価格790円(税込)

◆Amazonでの購入はこちら
◆楽天ブックスでの購入はこちら
***********************
◆詳細情報はこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。