小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

BMWがオフロード性能と都会的な存在感を併せ持った新型SUV「X2」を発売

2023.11.02

ビー・エム・ダブリューは、プレミアム・スモール・コンパクト・セグメントにおけるSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)「X2」の新型モデル(全面改良)を発売。納車は、X2 xDrive20iは2024年第1四半期以降を、X2 M35i xDriveおよびiX2 xDrive30は2024年第2四半期以降を、予定している。

オフロード性能と顧客の創造性を駆り立てる都会的な存在感を併せ持つSAC

iX2 xDrive30

このX2は、BMW Xモデルらしいオフロード性能と顧客の創造性を駆り立てる都会的な存在感を併せ持つSACである。スタイリッシュなクーペ・デザインを取り入れることにより、都会でも、郊外でも、あらゆる走行シーンに適したモデル。他のXモデル同様に、様々な特長を備えながら、特に、高いアイ・ポイントがドライブ時に安心感をもたらすセミ・コマンド・シート・ポジション、開放感のあるインテリア・スペース、多彩な収納機能、自由自在にアレンジ可能なリア・シートなど、アクティブなライフスタイルにも柔軟に対応する使い勝手の良さと、BMWならではの俊敏で爽快な走りを兼ね備えた、プレミアム・スモール・コンパクト・セグメント唯一のSACとなる。

iX2 xDrive30

X2は2018年に初代モデルが誕生し、誕生から第2世代目となる新型X2は、外装、内装共に、どの角度から見ても力強くもモダンで、シンプルながらも洗練された印象を与えている。BMWカーブド・ディスプレイの採用や、iDriveコントローラーの廃止など、ユーザー・インターフェースにおいても、大幅なデジタル化が行なわれている。さらに、第2世代X2においては、電気自動車iX2を、ラインアップする。

デザイン

X2 M35i xDrive

フロント・デザインは、力強くシャープな印象を与える大型なBMW特有のキドニー・グリル、BMWデザインの意匠の1つである環状のシグネチャーを2回繰り返すツイン・サーキュラーを進化させたアダプティブLEDヘッドライトが印象的である。

X2 M35i xDrive

リヤ・デザインにおいては、ワイドで力強さを強調する水平方向のキャラクター・ライン、立体的なLEDリア・コンビネーション・ライトが、特徴的である。サイドにおいては、ドア・ハンドルをドア・パネルと一体化させたフラッシュ・ハンドルの採用により空力特性に優れたスポーティかつエレガントな印象としている。

iX2 xDrive30

iX2 xDrive30

一方インテリアは、メーターパネルとコントロール・ディスプレイを一体化させ大型化し存在感を増しつつ、運転席側に傾けることで視認性を高め、タッチ操作による操作性を高めたBMWカーブド・ディスプレイを採用し、さらに、シフト・レバーを廃止し、センター・アームレストに操作系を全て納めることで、モダンな印象を高めている。また、センター・コンソールにQi対応機器(スマートフォン等)を置く事で、充電も可能となる等、利便性も高めている。

iX2 xDrive30

リアは、大人3名が座れる空間を確保すると共に、40:20:40分割可倒シートの採用により、ラゲッジ・スペースを有効活用することが可能である。例えば、X2 M35i xDriveのラゲッジ・スペースは、大人3名乗車時には560L、リア・シートを前方に全て倒すことで最大1,470Lにまで拡大することが可能である。

iX2 xDrive30

さらに新型X2には、BMWモデルとして初となるオペレーティング・システム9.0が搭載され、運転席側に機能アイコンを縦に並べた再設計されたホーム画面を備えている。「QuickSelect」機能により、サブ・メニューに切り替えることなく機能に直接アクセスできるため、メニュー構造が大幅に改良され、操作しやすくしている。

新しいBMW iDriveは、BMWカーブド・ディスプレイおよびBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントとも組み合わされ、一貫して、タッチ・ディスプレイと言語で操作できるように設計されている。また、好みのアプリをダウンロードすることが可能となり、スマートフォン同様に、BMWカーブド・ディスプレイ上で、操作することが可能である。

ドライビング・ダイナミクス

X2 M35i xDrive

高効率ガソリン・エンジン搭載モデルX2 xDrive20iは、最高出力150kW/5,000rpm、最大トルク300Nm/1,450-4,500rpmを発揮する高効率な2.0L直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンに、ダイナミックな走りを実現する7速ダブル・クラッチ・トランスミッション、快適性と操舵性を大幅に向上させるアダプティブMサスペンションを搭載している。

X2 M35i xDrive

同じく高効率ガソリン・エンジン搭載モデルX2 M35i xDriveは、BMW M社が開発する、本格的なサーキット走行で培われた技術を余すことなく取り入れ走行性能を高めたMパフォーマンス・モデル。最高出力233kW/5,750-6,500 rpm、最大トルク400Nm/2,000-4,500rpmを発揮する、2.0L直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンに、左のパドル・シフトを1秒間引くことで、すべてのパワートレインとシャシー・システムを最もスポーティな設定に切り替えられるMスポーツ・ブースト機能付き7速ダブル・クラッチ・トランスミッション、4輪駆動システムxDrive、フロント・アクセルに組み込まれた機械式リミテッド・スリップ・デファレンシャル、アダプティブMサスペンション等々を組み合わせることで、ダイナミックな走りと共に、Mパフォーマンス・モデルに相応しい駆けぬける歓びを提供する。

iX2 xDrive30

一方、電気自動車iX2 xDrive30は、最高出力190PS(140kW)、最大トルク247kWを発揮する電気モーターを前輪および後輪に持つ、4輪駆動モデルである。システム・トータルでの最高出力は200kW、最大トルクは494Nmで、0-100km/hを僅か5.6秒で駆けぬける。ボディ床下に収納されているリチウム・イオン電池のバッテリー容量は66.5kWhであり、一充電での走行可能距離は417-449kmとなる。

iX2 xDrive30

ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を搭載

BMW社が国内認可取得モデルとして初めて導入したハンズ・オフ機能が搭載されている。「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」とは、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システムである。この機能は、ドライバーが絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行が可能※となる。

※:SAE International(Society of Automotive Engineers)が定めるレベル2の段階であり、自動運転ではなく、前方注視が必要となるなど、ある一定の条件が必要。

【メーカー希望小売価格】

X2 xDrive20i M Sport 6,280,000円(税込)
X2 M35i xDrive 8,100,000円(税込)
iX2 xDrive30 M Sport 7,420,000円(税込)

【主要諸元】

■X2 xDrive20i

全長4,554mm、全幅1,845mm、全高1,575mm、ホイールベース2,692mm、車両重量1,690kg、排気量1,998cc、直列4気筒ガソリン・エンジン、最高出力150kW/5,000 rpm、最大トルク300Nm/1,450-4,500rpm

■X2 M35i xDrive

全長4,567mm、全幅1,845mm、全高1,575mm、ホイールベース2,692mm、車両重量1,770kg、排気量1,998cc、直列4気筒ガソリン・エンジン、最高出力233kW/5,750-6,500 rpm、最大トルク400Nm/2,000-4,500rpm

■iX2 xDrive30

全長4,554mm、全幅1,845mm、全高1,560mm、ホイールベース2,690mm、車両重量2,095kg、最高出力200kW、最大トルク494Nm、リチウム・イオン・バッテリー容量232.0Ah/64.7kWh、一充電走行距離417-449km

関連情報:https://www.bmw.co.jp/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。