小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ライカから撮影者や撮影日などの情報を添付できるデジタルレンジファインダーカメラ「M11-P」が登場

2023.11.02

ライカカメラ社は、デジタルレンジファインダーカメラ「ライカM11-P」を発売した。価格は1,474,000円。カラーはブラックペイントとシルバークロームの2色を用意する。

webサイトなどで画像の真正性をいつでも確認できる!

「ライカM11-P」は、「コンテンツクレデンシャル機能」を搭載した世界初のカメラ。同機能は、Adobeが率いる「コンテンツ認証イニシアチブ(CAI)」の規格に基づいて暗号化したメタデータを付与する機能で、これにより、画像データの生成と編集の透明性をさらに高め、画像データの来歴情報の認識が可能となる。

コンテンツクレデンシャル機能を有効にすると、写真が撮影された時点でカメラの機種などの情報に加え、誰が、いつ、どのように撮影したかなどのコンテンツ固有の情報(クレデンシャル)が暗号署名とともに記録。撮影された画像にはそれぞれデジタル署名が添付されるため、webサイト「Verify」または「Leica FOTOSアプリ」で、画像の真正性を確認することができるというわけだ。

そのほかの仕様は、その名のとおり、「ライカM11」をベースにしており、撮影素子には約6,030万画素の裏面照射型CMOSセンサー、画像処理エンジンには「Leica Maestro III」を採用。なお、コンテンツクレデンシャル機能の搭載のほか、内蔵メモリーを256GBに増量し、傷のつきにくいサファイアガラスの液晶モニターを採用、さらに、トップカバーのライカの赤いロゴマークを省き、代わりに上面に筆記体の「Leica」を刻印した点が「ライカM11」からの変更点となる。

製品情報
https://leica-camera.com/ja-JP/photography/cameras/m/m11-p-black

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。