小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大人気エッセイ「九十歳。何がめでたい」が実写映画化、90歳現役俳優の草笛光⼦さんが主演

2023.10.30

直⽊賞をはじめ数々の賞を受賞し、今年11⽉5⽇に100歳を迎える作家・佐藤愛⼦氏のベストセラーエッセイ集『九⼗歳。何がめでたい』の、実写映画化が決定。2024年6月21日より全国で公開される。

(C)2024『九十歳。何がめでたい』製作委員会 (C)佐藤愛子/小学館

原作はシリーズ累計167万部の⼈気エッセイ!草笛光子の90歳の誕⽣⽇に合わせて映画化発表

2016年5⽉まで1年に渡り『⼥性セブン』(⼩学館)に連載され、90歳を迎えヘトヘトになった作家⾃⾝の⽇々の暮らしと世の中への怒り、⼾惑いを綴った本作。

書籍化されるやその「⽼い」や「現代社会」に対する⻭に⾐着せぬ物⾔いと、独特のユーモアで、「⼈⽣百年時代」といわれる現代を⽣きる⽼若男⼥に多くの共感を得て、たちまち社会現象に。

(C)佐藤愛子/小学館

その後98歳を迎えますますヘトヘトになった⽇々の暮らしを綴った続編「九⼗⼋歳。戦いやまず⽇は暮れず」も刊⾏され、シリーズ累計発⾏部数は167万部の⼤ベストセラーとなった。

同じく、⽼後の諸問題をユーモアを交えながら描き、21年に公開され⼤ヒットとなった『⽼後の資⾦がありません』の前⽥哲監督が満を持して草笛光⼦さんを主演に迎え、映画『九⼗歳。何がめでたい』として、2024年6⽉21⽇に公開することが決定した。

(C)2024『九十歳。何がめでたい』製作委員会 (C)佐藤愛子/小学館

実在の主⼈公・作家佐藤愛⼦を演じるのは、この10⽉22⽇に“90歳”を迎え、益々活躍の幅を広げる草笛光⼦さん。役どころと同じく90歳を迎えた記念すべき誕⽣⽇に合わせて本作の映画化を発表した。

近年では映画『⽼後の資⾦がありません︕』で、主⼈公を悩ますチャーミングな浪費家の姑役、映画『次元⼤介』では、世界⼀の銃職⼈役と、幅広いキャラクターを演じているが、今作では“世の中を痛快に⼀⼑両断する90歳の作家”という役どころに挑む。

ちょうど本作のクランクインを迎えたばかりの草笛光⼦さんは撮影現場でスタッフ・キャストたちからの誕⽣⽇のお祝いセレモニーを受け、90歳を迎えた感想として、「毎⽇、⽼いと闘っていますが、90歳と闘ったら損。闘わないように受け⼊れて90歳を⼤事に⽣きてみようと思います」とコメント。

また、佐藤愛⼦を演じることについては、「いよいよクランクインを迎え、⼤変なことですが、私は私なりに正直に⼀⽣懸命やります。⼤事に演じ⼤事に⽣きます」と意気込みを語った。

⼀般のみならず、各界の著名⼈からもそんな⽣き⽅に憧れと尊敬を集める草笛光⼦が、共感を呼ぶ、等⾝⼤の佐藤愛⼦を演じる。

物語は、数々の⽂学賞を受賞してきた佐藤愛⼦が、作家⽣活を引退して来客もなくなり鬱々と過ごしていたところに、冴えない中年の編集者・橘⾼がエッセイの依頼を持ち込むところから始まる。

ヤケクソで始めた連載は、「いちいちうるせえ︕」と世の中への怒りを⾚裸々に書いたエッセイが意図せず⼤反響を呼び、愛⼦の⼈⽣は90歳にして⼤きく変わっていくのだが…といった内容。

100歳の現役作家と90歳の現役俳優の、めでたいふたりのタッグで、「⽣きづらい世の中」に悩むすべての⼈に贈る、現代社会を“⼀笑両断”する痛快コメディエンターテイメント映画が誕⽣する。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。