小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ「SXSW」初の公式スピンアウト開催地がシドニーになったのか?

2023.10.28

音楽、映画、テクノロジーをテーマにした複合的国際フェスティバル「SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト/サウスバイサウスウエスト)は、本拠地の米国オースティン以外では初の公式スピンアウトとなる「SXSW Sydney(以下SXSWシドニー)」をオーストラリアのシドニーで開催した。

オースティン以外では初の公式開催となる「SXSWシドニー」が開催された。

南半球に初夏が訪れる10月15日から22日の約1週間にわたって開催されたSXSWシドニーは、ビジネス街やショッピングエリアが集まるシドニー中心業務地区をフィールドに、メイン会場となるシドニー国際会議場(ICC)から徒歩25分圏内にある公園やレストラン、ライブハウス、映画館、さらに美術館に大学を舞台に1,100を超えるプログラムが繰り広げられた。

メイン会場のシドニー国際会議場(ICC)を中心に徒歩25分圏内に会場が広がる。

SXSWスタイルをそのままシドニー風にアレンジ

フェスティバルのカテゴリは「TECH&INNOVATION」「MUSIC」「SCREEN」「GAMES」の4つがあり、それぞれをテーマにしたカンファレンス、ワークショップ、ライブイベントなどが開催される。バッジの種類によって入場できるプログラムが決められているが、全プログラムに参加できるPLATINUMバッジも用意されている。

SXSWシドニーでは4つのカテゴリが一つのイベントとして開催された。

また、18日から21日の4日間は全カテゴリを集めた「EXPO(展示会)」が開かれ、スタートアップが集まる「Startup Village(スタートアップ・ビレッジ)」にXRコンテンツが体験できる「XR Showcase(XRショーケース)」といった、オースティンでもおなじみのコーナーが設けられていた。

4つのカテゴリが全て集まるEXPO会場。

スタートアップのデモを集めたエリアは連日盛況だった。

クリエイティビティ性の高いバーチャルコンテンツが体験できるXRショーケース。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。