小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

NISAやiDeCoに対応するサービスも!5大共通ポイントの「ポイント投資」を徹底比較

2023.11.26PR

投資にはリスクがつきものだが、ポイント投資はそうではない。仮に目減りしても、買い物などでもらったポイントなら、自分の懐は痛まない。もし余っているポイントがあるなら、今すぐ投資・運用を始めよう。

ポイントで投資できる手軽さが魅力!ポイントを使った少額の投資を始めよう

 ポイントを使って投資する方法には2種類ある。ひとつが「ポイント運用」で、もうひとつが「ポイント投資」だ。いずれも実際の投資信託や株式などの値動きを反映しているものの、ポイント運用は指定の運用会社にポイントを預けて運用してもらうもの。投資を疑似体験することができるのがメリットだ。

 一方、ポイント投資は運用会社がポイントを現金化し、実際の投資信託や株式を買い付けるので、〝投資そのもの〟を行なうことになる。証券口座を作る必要はあるが、分配や配当が得られ、中にはNISAやiDeCoに対応するサービスもある。

 このような実際の投資を自身の資産を減らすことなく行なえるのが最大の魅力だろう。利益が出た場合は現金化して引き出せるのも使い勝手がいい。余っているポイントがあれば効率的に活用しよう。

***********************
DIME2024年1月号
価格790円(税込)

◆Amazonでの購入はこちら
◆楽天ブックスでの購入はこちら
***********************
◆詳細情報はこちら

ポイント運用とポイント投資の違い

ポイント運用とポイント投資の違い

au PAYポイント運用『au PAYポイント運用』では導入編、実践編、応用編のミッションをひとつひとつクリアしながら、ポイント運用の基礎が学べる。すべてのミッションをクリアしたら本格的なポイント投資に挑戦しよう。

au PAYポイント運用『au PAYポイント運用』でポイントを運用中のライター・綿谷の運用成果。運用利益が大きくなるにつれて興味がわき、値動きをチェックするように。株式ニュースなどこまめな情報もチェックするようになった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。