小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【JAPAN MOBILITY SHOW 2023】ダイハツが「me:MO」「OSANPO」「VISION COPEN」「UNIFORM Truck」「UNIFORM Cargo」などのコンセプトカーを公開

2023.10.25

ダイハツは、10月26日(木)から11月5日(日)まで、東京ビッグサイトで開催される第1回「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」に歴代のクルマとコンセプトカーを出展することを発表した。

第1回開催となる「JAPAN MOBILITY SHOW」出展にあたり、創業以来持ち続けてきた「お客様に寄り添い、暮らしを豊かにする」という現在のビジョンに込められた思いを出展テーマにした。ユーザーに寄り添い、進化し続けてきたダイハツの歴史を象徴する車両と、その先にある未来を描いたコンセプトカーを展示。

今までも、そしてこれからも、少子高齢化をはじめとした社会課題に真摯に向きあい、環境に優しく、サステナブルな存在である“小さなクルマ”を通じて、すべての人に豊かなモビリティライフを提供し続けていきたいという思いを、ブース全体で表現する。

今回出展するコンセプトカーは、未来のモビリティ社会における人や暮らしに寄り添う姿を、5つのカタチにして表現したもの。ライフステージに合わせ、スタイルや楽しみ方を変えることができるサステナブルな軽自動車「me:MO」。

使いやすさなど働くクルマの原点を追求し、多様な働き方や用途に対応する未来の軽商用車「UNIFORM Truck」「UNIFORM Cargo」。オープンエアの心地よさを散歩に出かけるような手軽さで楽しめ、日常にスローな価値を生み出す「OSANPO」。さらに、コペンの気軽さはそのままに、走る喜び・楽しさを追求した「VISION COPEN」を展示する。

ダイハツは、今回の認証申請における不正行為により、迷惑・心配をかけたことを重く受け止めており、独立した第三者委員会により、問題の全容解明及び真因分析をすると共に、再発防止策を提言してもらうこととなる。

この調査に全面的に協力し、速やかな再発防止に取り組み、お客様をはじめとしたステークホルダーの皆様からの信頼回復に取り組んでいくとしている。

コンセプトカーすべてに通ずるクルマづくりの概念
~Purified Constructive Design~

スタイリングを優先するのではなくクルマを構成するすべての部位に対して、使い勝手・機能性・拡張性といった目線でゼロから向き合った。 そこから見えてきた一つひとつの要素を大事にし、建設的・構築的に積み上げた結果としてのデザインでユーザーの暮らしに寄り添うそれぞれのカタチとなっている。

ライフステージに合わせ、スタイルや楽しみ方を変えることができるサステナブルな軽乗用BEV「me:MO(ミーモ)」

あなたらしさに寄り添うカタチ

テーマは「クルマと人の関係の再定義」。クルマの作り方も楽しみ方もゼロから考えた新しいカタチ。ユーザーのライフステージに合わせ、スタイルや楽しみ方を変えることができる。

クルマをつくり方から変え、必要十分な機能で構築・モジュール化した内外装部品の構造により、意匠だけでなく車両形態の変更も可能にしたことで、ユーザーのライフステージや用途の変化に対応し、長く利用できるサステナブルなクルマを実現。

全長×全幅×全高:2,955mm×1,475mm×1,590mm ホイールベース:1,985mm

使いやすさなど働くクルマの原点を追求し、多様な働き方や用途に対応する未来の軽商用車
「UNIFORM Truck(ユニフォーム トラック)」「UNIFORM Cargo(ユニフォーム カーゴ)」

UNIFORM Truck

UNIFORM Cargo

働きやすさに寄り添うカタチ

働く人々に実直に寄り添う、働くクルマの原点を極めた一台。多様な働き方に応える無駄のないデザインは、働く人の誇りを高め、実用的な可能性を広げる。

移動店舗など活躍の場を広げるBEVならではの外部給電機能や「UNIFORM Truck」に積載する未来の「Nibako」、使いやすく、清掃しやすいフラットで凹凸の少ないキャビンや荷室、着脱可能な内外装パーツの採用により、多様な働き方に加え、多彩なプライベートシーンにも対応。

(トラック)全長×全幅×全高:3,395mm×1,475mm×1,885mm ホイールベース:1,900mm
(カーゴ)全長×全幅×全高:3,395mm×1,475mm×1,920mm ホイールベース:2,450mm

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。